アキレス腱のアキレスの意味は?由来はアキレウス?

アキレス腱は下腿、ふくらはぎとかかとを繋ぐ腱です。

スポーツで痛めることも少なくない腱で、運動の前にはアキレス腱を伸ばす準備運動も必要です。
実際にアキレス腱を負傷したことのある人も少なくないでしょう。

アキレス腱の名前の由来が、アキレウスというギリシャ神話の英雄であることはご存知でしょうか。
ギリシャ神話は神話として様々なエピソードがあり、ギリシャ神話に由来する言葉はたくさん存在します。

勝利の女神とされるニケはナイキの語源ですし、オリュンポス山という山はオリンピックの語源となりました。
今回は英雄アキレウスに由来するアキレス腱について、意味等を詳しく解説いたします。

【スポンサードリンク】

そもそもアキレス腱の意味は?

そもそもアキレス腱とは、人体に存在する腱の一つです。
腱とは筋肉と骨を繋ぎとめる結合組織であり、骨同士を繋ぎ留めている靭帯と比較する場合には靭帯より弱い組織です。靭帯は関節部に存在する結合組織で、腱と靭帯は筋肉のように意識的に動かすことは出来ません。
筋肉は骨同士を繋ぐように存在しますが、筋肉の両端は腱になっていると認識して間違いないでしょう。
アキレス腱は腱の一つで、ふくらはぎの筋肉と踵骨、かかとの骨を繋ぎ留めています。

筋肉全ての両端についている腱は人体にたくさん存在しますが、中でもアキレス腱は人体に存在する最大の腱です。
強靭で弾力性の強い腱ですが、柔軟体操などをしっかいと行わず硬いままの腱が運動などによって過度に伸ばされることによって損傷することがあり、アキレス腱が切れることになるのです。

【スポンサードリンク】

アキレス腱の由来になったアキレウスとは?

次にアキレス腱の由来となったアキレウスですが、彼はギリシャ神話に登場する英雄です。
ギリシャ神話におけるトロイア戦争で活躍した英雄で、彼はアカイア軍に所属しました。母親は女神テティスで、父親は人間のぺーレウス。神と人間が子をなすことはギリシャ神話において一般的ですが、彼ほど強く勇ましく記述される英雄は多くありません。

トロイア戦争で大活躍をするアキレウスの強さの秘密は、彼の幼少期にあります。
母親であるテティスは人間の父をもつアキレウスがいつかは死んでしまうことを悩み、冥界の川にアキレウスを浸しました。神と同じ不死の身体にしようとしたのです。
しかし、その時テティスが掴んでいた踵の部分だけは不死性を帯びず、弱点となってしまいました。

結果としてアキレウスはトロイア戦争末期、弱点である踵に弓を受け、その傷が元で死を迎えます。
多くの神々が参加したトロイア戦争において並ぶもののない強さを誇った彼の、唯一にして最大の弱点となり、死の原因となったのが踵です。

このエピソードがアキレス腱という名の由来となったと言われています。

このエピソードは、英語圏では二つの言葉の由来となっています。
ひとつは“Achilles’ tendon”で、腱を意味する“tendon”を用いる場合には人体のアキレス腱を指す言葉です。
もう一つは“Achilles’ heel”と表現します。踵という意味の“heel”を使う場合、こちらは日本語でいう所の「弁慶の泣き所」と同じ意味になります。

人体では向う脛を意味する「弁慶の泣き所」と、踵とふくらはぎを繋ぐアキレス腱が、同じように「強靭な者の唯一の弱点」として使われるのは日本語と英語の共通点として面白いですね。

【まとめ】アキレス腱は人体の弱点! 大切にしましょう

ギリシャ神話において増えすぎた人類を減らす事を一つの目的としたトロイア戦争。
多くの神や神の子、英雄が参加した戦争で大活躍を残した英雄アキレウス程の人物の弱点だったのがアキレス腱です。

ギリシャ神話において弱点となった理由は母親のうっかりですが、腱が露出していて負傷しやすく、走る際などにはふくらはぎの筋肉の使用と地面への着地などで負担をかけやすい部位である事に違いはありません。
筋肉と違ってコラーゲン繊維で作られるため、加齢によって柔軟性が失われやすいのも特徴です。

元々が筋肉より硬く、損傷しやすい部位でもあるということを忘れずに、準備運動をしっかりと行ってから運動しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 9 =