エアプとは?意味や使い方、語源を解説!モンストが由来?

エアプという言葉を聞いたことはありますか?

ゲームに関連したネット用語ですが、最近ではゲームアプリが流行って少しずつ認知度の上がった言葉かもしれません。モンストなんかをしていて聞いた方が多いんじゃないでしょうか。
しかしゲームをしない人には分からない単語ですし、見たことがあっても意味を知らない人もいるのでは?

文脈や流れから否定的な意味であることは分かっても誰かが解説してくれるわけでもない「エアプ」という言葉について。

エアプとはなんなんでしょうか。意味や使い方、語源を解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

エアプの意味と語源は?

エアプはエアプレイやエアプレイヤーを略した造語です。
エアギターのように、実際にはギターを弾いていないという意味でエアという言葉を用いて実際にはプレイしていないという意味で使われます。

基本的には否定的な意味で使われ、エアプなのに知ったかぶったコメントをしている際などに言われます。
また実際にはプレイしているにも関わらず、実情とは違ったコメントや発言をしている場合にはエアプと言われる場合もあります。

ネットではスラングとして使われているため、あまり気持ちの良い場面で扱われる言葉ではありません。
自身や誰かのコメントに対して「エアプ乙」「エアプ認定」「これはエアプ」などのコメントが返されるのは気持ちの良いものではありませんよね。

エアプという言葉の使い方

エアプは実際にはプレイしていないにも関わらずプレイしているかのような発言をしている場合に使われるコメントですが、最近ではそれ以外の場面でも使われています。

アプリやネットゲームなどでは運営に対して使われることがよくあります。
実際にはテストプレイも実施しているはずですが、プレイヤーから見て十分に調整がされずに実装された機能やアップデートがあった際に「運営エアプ」などのコメントが見られます。

モンストやパズドラなどでは新たに実装されるステージやダンジョンの難易度が極端に高い、新キャラの性能が低すぎる、高すぎるといった場合にTwitterやアプリストアのコメントで使われているようです。
課金しているユーザーを優遇しているなど、ゲームの運営として間違っていないケースでも反発したユーザーが運営はエアプだなどのコメントをしている場合もあるでしょう。

家庭用に販売されたゲームなどについてもエアプという言葉は使われます。
実際には購入・プレイをしていないユーザーがネットで批判的なコメントをしている場合などでは正しい使われ方をしているという事ができるかも知れません。
しかし特定のステージが難しい、特定のアイテムが弱い、もしくは強い等のコメントに対して、そうは考えていない別の人がその情報を誤りであると断じ、エアプだとする場合もあります。

最近ではゲームに限らず使われていることもあります。
新聞や雑誌などの情報媒体について、実際には読んでいないのにコメントしている場合などではエアプと言われる場合もあります。
テレビ番組を実際に見ていない、スポーツを実際にしたことはないなど、いわゆる「知ったかぶり」全体に対して使われる言葉になっていると言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

エアプはモンストが由来?

エアプの由来は何年もさかのぼり、初めて使われた内容を調べることは出来ませんでした。
元々ネットが発祥の言葉であり、少なくともモンストなどのゲームアプリが一般的になる前には利用されているはずです。

しかし一般的になったのはモンストやパズドラなどのゲームアプリがきっかけでしょう。
Twitterで運営とプレイヤーがやりとりをするような環境も整っていく中で、多くの人の目に触れるようになったと言えます。

実際にはプレイしていないのに批判する態度をとる人が増え、使われるようになった言葉です。
ネットという顔の言えない世界で批判的な意見が言い易いこと、そして実際に批判する人が多いことで使われるようになっていると言えるでしょう。

正しい意味を理解すれば、エアプと言われてしまうような発言は控えるべきだと感じたのではないでしょうか。
同時に、実際にはプレイしている人などをエアプであると非難してしまうこともないようにしたいですよね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − three =