あくびで唾が飛ぶのは何で?原因となぜうつるのかも解説!

眠くなると、ついつい出てしまうあくび。

あくびをしたら、なぜか唾が飛ぶほどいっぱい出てしまった……という経験がある方もいると思います。

この唾が大量に出る現象はどうして起こるのか、原因が気になりますね。

また、他人があくびをしているのを見て、自分にもあくびがうつってしまうこともありますよね。

あくびはなぜうつるのでしょうか。そのあたりも含めて、調べたことをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

あくびってどんな現象?

そもそも、あくびとはどういう現象なのか、皆さんは詳しくご存知でしょうか。

眠いときや疲れているとき、また退屈に感じているときなどに、思わず口が大きく開いて涙も出てしまうのがあくびです。

日本では人前であくびをすると失礼に当たります。授業中に大あくびをしてしまって先生に叱られる、といった経験もきっとあるでしょう。

しかし、残念ながら現代の科学をもってしても、なぜあくびが出るのか、またあくびが出るとどんな効果があるのかといった根本的な部分は解明されていません

なので意識的にあくびが出ないようにあらかじめ予防することは難しい、というのが現状です。

あくびの止め方というのも昔から考えられてきて、たとえば舌を使って前歯の裏側を押してみるという方法が、江戸時代の文献にも残されているほどです。

ところでイヌやネコたちも、大きな口を開けて気持ちよさそうにあくびをしていますよね。

実は私たち人間や彼らのような哺乳類だけではなく、爬虫類や鳥類までもがあくびをするということが分かっています。

つまりは遥か数千万年前の昔から、生物はあくびをしてきたというわけです。

そう聞くと、あくびが何やら神秘的なものであるかのように感じられてきますね。

あくびで唾が飛ぶ原因は?

あくびをしたときに、ただ口が開いて涙が出るだけではなく、なんと唾まで勢い良く出てきてしまったことがある方はいますか?

個人差はありますが、なかにはシャワーのように飛び出して、口の外にまで唾が飛び出してしまう人もいるそうです。

これはいったいあくびとどのような関係があるのか、気になる現象ですね。

私たちの下アゴには「顎下腺」と呼ばれる、唾液を作る働きをする部分が存在しています。

試しに舌の裏側を押してみると、唾液がジワッと出て来るのが分かるでしょう。

あくびをしたときには、アゴも大きく開くのでこの顎下腺が刺激されることになります。

するとそこに溜まっていた唾液が一気に溢れ出すのですが、唾液の分泌量が多い人の場合には勢い余って飛び出してくることがあるのです。

これは異常なのではないかと心配している方もいるようですが、特に病気ということではなく、むしろ唾の量が多い人の方がより健康であるとも言われているので安心してください。

【スポンサードリンク】

他人のあくびはなぜうつる?

あくびにまつわる古くからの謎の1つに、他の人があくびをしているのを見ると自分にもあくびがうつってしまう、というものがあります。

この「あくびがうつる」という現象も、なぜそれが起こるのか確かなことは分かっていないそうです。

ある科学者の説によると、人間は目の前の人の行動を無意識に真似してしまう性質があることや、あくびをしている人の気持ちに共感して一緒にあくびが出てしまうことなどが原因として挙げられています。

ちなみに、あくびがうつるというのも人間だけに限った話ではなく、たとえばイヌに向かってあくびの真似をしてみせると、イヌもつられてあくびをしてしまうそうですよ。

イヌを飼っている方は、興味があれば試してみると面白そうですね。愛犬のかわいいあくび顔に癒やされること間違い無しです。

おわりに

いかがでしたか。

普段なにげなくしているあくびにも、実は多くの謎が隠されていることが分かりました。

今回お伝えしたようなことを思い出しながらあくびをしてみると、また違った発見があるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =