ベッドのサイズ一覧!クイーン、キングの大きさは?

みなさんは、ベッドのサイズについて疑問を持ったことはありませんか?

ホテルでダブルの部屋にあるベッドは大きく感じるのに、家具屋で見るダブルベッドは小さく感じる…

そう思ったことはありませんか?

そもそも、クイーンやキングとはどういう大きさなのでしょうか?

今回は、ベッドのサイズについて調べてみました。一覧も作成したので、選び方の参考になれば嬉しいです。

【スポンサードリンク】

ベッドの大きさ

ベッドのサイズは、正確にいうとマットレスの大きさ+5~10㎝です。

しかしそれでは分かりづらいので、ここでは使用するマットレスの大きさで名称をわけていきます。

作っている会社によって少々のばらつきはありますが、まず長さはどれもおよそ195㎝です。

それより長いものは「ロング」と呼ばれることが多いようです。

ご存じだとは思いますが、「シングル」や「ダブル」などといった呼び方は、で決まります。

つまり、大きさの違いは幅の違いなのです。

ベッドのサイズ一覧

ベッドのサイズ一覧
名称 幅(㎝)
シングル 90~100
セミダブル 120
ダブル 140
クイーン 160~170
キング 180

幅も作っている会社によって多少のばらつきはありますが、±5㎝ほどでおさまる範囲内のようです。

(会社によっては、シングルよりさらに小さなセミシングル、ダブルより少し大きめのワイドダブルなどのサイズもありますが、

あまり一般的ではないので省いています。)

意外に思われるかもしれませんが、シングル×2でダブルとはならないんです。

ホテルの「ダブル」は、ダブルベッドとは限らない

ホテルの部屋の名称には、シングル、ダブル、ツインなどとありますが、

この場合のダブルは、ダブルサイズのベッドが使用されているとは限りません。

シングルは1人用のベッドが1台、ダブルは2人用のベッドが1台、ツインは1人用のベッドが2台ある部屋、という意味になります。

よって、高級ホテルで使われている2人用のベッドは、クイーンサイズやキングサイズだという場合も多々あります。

体格の大きな方が、1人で利用するのにダブルの部屋を取るというのも割とある事例のようです。

また、一般的にはツインよりダブルの部屋の方が安い傾向がありますが、

お友達同士だから部屋はダブルでいいや、と思っても、そのベッドがダブルサイズだった場合、

シングルベッド×2の大きさとはならないのです。それだと想像以上に窮屈かもしれませんので、注意しましょう。

【スポンサードリンク】

ベッドの大きさの選び方

ベッドに必要なサイズは、一般的には体の幅+30㎝と言われています。

よって、体の幅が60~70㎝であれば、1人で寝るのにはシングルサイズ(幅100㎝前後)で十分ですが、

2人で寝る場合、ダブルサイズ(幅140㎝前後)では余裕がなく、かなり窮屈な感じになってしまいます。

寝ころんでみて、お互いの体の隙間と、外側の手とベッドのはじまでの長さを確認してみましょう。

場合によっては、クイーン以上を考えた方がいいかもしれません。

また、クイーンやキングサイズになると、マットレスを2枚使用するタイプもありますので、

寝返りをうった際にその振動が相手に伝わりにくいなどの利点も生まれます。

お子様がいて一緒に寝るなどの場合は、シングルサイズのベッドを2枚並べるなどの方法もあります。

クイーンやキングの注意点

日本ではまだあまり需要が多いとはいえないクイーンやキングサイズのベッドは、

ベッドそのものはもちろん、シーツやベッドカバーといったリネン類や掛布団も選択肢が少ないようです。

購入の際は、フレームだけでなくマットレスやシーツなどをトータルで考えて判断をするといいでしょう。

最後に

ベッドのサイズの違い、お分かりいただけたでしょうか。

お部屋の大きさだけでなく、ご自身の体格を考えて、自分に合った大きさを選んでくださいね。

2人以上で使用する場合、複数のベッドを並べるというのも良い選択肢です。

上記のサイズ一覧を参考に、目的に合った組み合わせを考えていただければ幸いです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 2 =