夜のビールだけダイエットの効果は?やり方や注意点を解説!

ビール好きの方で、辛い運動とかをせずに、どうしたらもう少し体重を減らすことができるのかと思っている人はいないでしょうか。

でも、実はそうした人にとって、朗報になるかもしれないことがあるのです。それは、夜、夕食時にビールだけ飲んでダイエットができるというビールダイエットの事です。

ビールのカロリーは1本(350ml)あたり、お茶碗半分程度のご飯のカロリーに相当するので確かにダイエット効果は期待できそうです。

でも、ビールダイエットの効果を実現するためには、やり方や注意点がいくつかあります。

そこでその詳しいやり方や、注意点などをじっくりと解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

夜の夕食時はビールだけにしよう

ビールダイエットをする場合、ビールを飲むのは夕食時だけにした方が良いそうです。なぜかというと、朝食、昼食時には、きちんと栄養を摂らないと体に悪影響が及ぶからです。

まず、朝食は栄養を考え、また、量的にもしっかりと食べましょう。主食はご飯が最適です。ご飯にすることによって、多少、昼食を遅めに摂っても、あまり空腹感を覚えなくなります。

昼食時にも、エネルギー源として重要な炭水化物を摂ることが大切です。パンやパスタもいいのですが、朝食と同様に、腹持ちのいいご飯を食べた方が良いでしょう。

そして、ビールダイエットの夕食時ですが、ビールをたくさん飲んでしまうとせっかくのダイエットが台無しになってしまいますので、350㍉1缶ぐらいにしておきましょう。

ビールを飲むほかにカロリーの低いおかずとして野菜やお腹にたまりやすいスルメ、昆布などが良く、朝や昼とは逆に、炭水化物を摂らないよう気をつけるのもまた大切なことです。

ビールダイエットの効果とは

適切なビールダイエットの方法を行えば、減量ができます。なぜなら、ビールに含まれているカロリーはエンプティーカロリーといって、体内で優先的に使用されるため、脂肪として蓄積されにくいのです。

ですから、ビールのカロリー自体で太るよりも、つまみを食べすぎて太る場合の方が多いようです。

また、ビールに含まれるビタミンB2には、脂肪を燃焼させる効果もあります。更にこの他にもビールにはいくつかの優れた効果があります。

ひとつは、糖を分解して血糖値を下げる効果のある、インスリンの分泌を促進する作用があり、また、ビールに含まれる炭酸にも、便秘を解消するなどの整腸作用があるのです。

こうやってビールダイエットを詳しく調べていくと、減量はもちろんのこと、その他多岐にわたって体に良い効果があることをうかがい知ることができますね。

【スポンサードリンク】

ビールダイエットのやり方と注意点について

ビールダイエットは、夕食の始めにビールを飲むことにより食事の量を抑えることができます。

なぜかと言うと、ビールには炭酸が含まれているので、食事の最初に摂ることである程度お腹が膨れて、満腹感を得やすくなるからです。

更には、ビールを適量に飲んだ後は、おかずをおつまみ代わりに食べると良いでしょう。

ビールダイエットではビールだけを飲むのではなく、カロリーの低いものであれば普通に食事してもかまいません。ただし、炭水化物(ご飯)は、摂らないように気をつけましょう。

なお、ビールを摂取する目安は350ml~500ml程度と言われています。ですからそれ以上飲むとかえって太ってしまうので、適量を飲むように心がけた方が良いそうです。

まとめ

ビールでダイエットをすることは結論から言うとできます。

ただし、朝食と昼食のおかずは栄養面を考えて摂り、主食は、パンや麺類をできるだけ食べず、三大栄養素の一つである炭水化物が豊富に含まれているご飯をしっかり食べる事が大切です。

そうすることによって、夜は、ビールとちょっとしたおかずなどで済ませられ、その結果、ビールダイエットが可能になるというわけです。

このダイエット方法で一番気をつけてもらいたいことは、ビールを飲む際におかずなどを多く摂らないことです。

ビールを飲むと、つい、知らず知らずのうちにおかずを摂る量が多くなってしまいますよね。その辺はぜひ、気をつけていただきたい所です。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + eight =