ボーイスカウトとは?意味や費用をわかりやすく!習い事に良いの?

ボーイスカウトと聞いてその意味がわかりますか?
どんな活動をしているのでしょうか?
ボーイというからには少年・子供のイメージがあると思いますが、実際に活動しているのは子供だけなのでしょうか?

ボーイスカウトとは何か、意味や活動にかかる費用、そして、その活動は習い事に向いているのでしょうか?わかりやすく説明します!

【スポンサードリンク】

 

ボーイスカウトとはどんな意味?活動にかかる費用はどのくらい?わかりやすく説明!

 「ボーイ」とはそのまま「少年」を意味します。「スカウト」とは「先駆者」を意味します。そこで何の先駆者なのかというと「幸せな人生」と「社会の発展」です。
 「ボーイスカウト」には「自ら率先して幸福な人生を切り開き、社会の発展の先頭に立とうとする少年」という意味を持っていて、「健やかな子供を育成し、将来社会で役に立つ人間に成長させる」というのが活動の目的です。
 
 子供をボーイスカウトに参加させるのにどのくらい費用がかかるのでしょうか?出来る限り少ない負担で活動ができるようになっていますが、団によって金額が異なります。
  おおよその金額になりますが、入団費は初年度のみで3千円~5千円、年会費は年間で4千円~5千円、活動費として月に千円~2千円、キャンプ活動等の積立金で月に千円~2千円かかります。

  他に進級することにより制服が変わると制服代がかかります。制服と一言で言っても全部そろえるものは、シャツとパンツ、キャップ、ベルト、スカーフ、ストッキングとあり、全部で約1万円かかります。ただ、制服は団によって貸してもらえたり、先輩達からお古をもらえることもあるようです。
 

ボーイスカウトは習い事に向いているのか?

 ボーイスカウトの活動は団や隊によって様々ですが、アウトドアの活動を中心に行い、自然を学び、友情や協調の精神を育てる活動を行います。学校の勉強の妨げにならないよう主に、土曜日、日曜日、休日に行います。回数は月に2、3回で、活動時間は数時間になります。
 他にも、春休みや夏休みを利用してキャンプに行くことがあります。同年代のお子さん同士で交流を深めながら様々なスキルを楽しく学ぶのが目的です。
 具体的には、工作やゲーム、みんなで歌を歌ったり、演劇に挑戦したり、手旗やロープ結びの練習を行ったり、キャンプ生活の基本を学んだりします。高学年になると救急法、料理、スポーツ等を行います。

 またボーイスカウトでは年齢に応じて発達状態に応じた指導を行うため、年齢によって5つの隊に分かれています。
  小学校1年生、2年生は「ビーバースカウト」と言います。ビーバースカウトの中でも学年ごとに分かれていて、1年生はビーバー、2年生はビックビーバーと言います。
  小学校3年生、4年生、5年生は「カブスカウト」と言います。カブとはくま・ライオン・キツネなどの動物の子供を意味しています。
  小学校6年生から中学3年生までを「ボーイスカウト」と言います。
  高校1年生から高校3年生までを「ベンチャースカウト」と言い、大学生以降25歳までの成人を対象とした隊を「ローバースカウト」と言います。
 それぞれの隊によって遊ぶ内容や活動に違いがあるんです。

【スポンサードリンク】

 ボーイスカウトを習う事によって多くの子供の成長が見込まれます。アウトドア活動やボランティア活動で体や精神が鍛えられたり、キャンプの実践により野外活動の技術が身に着き、集団行動で活動することで、規律を守り、協調性も身に着くようになります。

 学力アップに直接は関係ありませんが、子供の才能をのびのびと伸ばし、社会貢献の精神を養うには最適の習い事と言えると思います。

まとめ

 ボーイスカウトの活動がお子さんに合うのかどうか体験入団、見学も可能ですので、お子さんの習い事の決める際に利用するのも良いかと思います。

 ただ、他の習い事と違い活動中に親が参加やお手伝いを頼まれることもありますので、そこだけは頭に入れておいた方がいいかもしれないですね。

 それぞれの団によって人数、費用、活動内容が異なりますので事前に問い合わせて確認することをおすすめします。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 2 =