ダイバーシティとは?簡単に解説!意味や語源、目的を解説!

ダイバーシティという文言は、ビジネスの働き方について
よく使用されている言葉です。

ただ、この言葉を知っていたとしても実はその意味を
よくわかっていない人の方が多いのではないでしょうか?

ビジネス用語や新しい表現は覚えることも
その意味を理解することをも結構大変なことです。

ダイバーシティとは簡単に説明をするとどんな意味なのか、
語源は何なのか、目的などをこれから解説していきましょう!

【スポンサードリンク】

ダイバーシティは誤解を生む?

最近よく耳にするようになったダイバーシティやダイバーマンマネジメント。
話題になった東京都知事での会見で初めてこの名称を知った人もいるでしょう。

ただその時は「ダイバー・シティ」と表記したために小池知事は
その意味を知らないのではないかなどと批判を受けました。

それ以前からダイバーシティは違った意味で誤解して
広まっているという指摘もあります。

それは、女性活用の言葉として使われることが多く
そうした意味だけなんだと勘違いをしている人がいるということです。

ではダイバーシティとはいったい何なのでしょうか、
なぜビジネスに重要視されているのでしょうか?

ダイバーシティとは?簡単に意味を説明

ダイバーシティは、大企業ほどその取り組みに力を入れているといわれています。

ビジネス用語としてのダイバーシティは
ダイバーシティ・マネジメントの略称で、その意味は人種や国籍だけではなく
性別、年齢、そして障害などにも関係なく全てを含めた多様性を認めることです。
そして、一緒に活動して成果の出る組織を作り会社として成果が出る
競争力をつけようとする考えであり、取り組みのことをいいます。

忘れていけないのは市場そのものが多様化したものを受け入れ、
それを必要としていたことです。
だからこそ会社はそのための人材を必要とする考えが生まれました。

ダイバーシティとは?その語源は何か

ダイバーシティ・マネジメントとは、多様性を認めることと
活躍をする場所を提供する考えですが、その語源はいったいなんでしょうか?

東京都知事が「ダイバー・シティ」と表記したために意味が分かっていないと
批判されたことがありました。

ダイバーシティとはひとつの語句であり多様性を意味しているのは
すでに述べたところです。
元々は1950年代後半から1964年のアメリカにおていの公民権運動で雇用への
差別是正と雇用の義務が進められることから始まりました。

しかし、思うようには進まず80年代になってダイバーシティという考えが
言われるようになり広まっていくことになります。

人種だけではなく性別や価値観の違いに
大きな意味や意義があると考えられるよになったのです。

【スポンサードリンク】

ダイバーシティとは?その目的を解説!

なぜダイバーシティを企業は重要視しているのでしょうか?
その目的は何なのでしょうか?

ひとつは多様性を社会的にも企業の経営としても
重要だと考えられる時代になったからです。

そして企業側はさまざまな違いを認め受け入れながら社員の多様性、
それは人種や性別、知識や今までの経歴も含めて、その能力を最大限に生かすことで
企業の運営にもプラスになることを目指すようになりました。

しかし、最近ではダイバーシティに代わる言葉として
「イングレーション」が言われるようになっています。

元々は福祉活動から出てきた言葉ですが含有や包括という意味があります。

ダイバーシティが多様性を認めることに留まってしまっていたのに対して、
イグレーションは対等であり会社の中で一緒になって活動していくことに
重点を置いているものだと考えてもいいでしょう。

会社員それぞれが会社や社会に対して意味を持ち役に立っていることを自覚できる考えです。

まとめ

ビジネス用語は時代によってもかわるので常に勉強が必要だといえます。

多様性を重要視することで生まれた
ビジネス用語がダイバーシティです。

しかし多様性を認めるに留まり、現実にはその先から
なかなか進まなかった時期が続きました。

さらにもっと一緒に活動をすることが重要だということで
考えられたのがイグレーションです。

ただ最近は多様性を免罪符にして相手に自分の考えをおしつけたり
相手を否定したりすることが問題にもなっています。

ビジネス面においても人間関係に負担がかかるなどの問題があるとして、
多様性というものが簡単なことではないことを
改めて考えさせられる時期にきています。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =