電子タバコは副流煙被害が出ない?受動喫煙のリスクと影響は?

最近は加熱式の電子タバコが流行っていますよね。

実際にはタバコ葉が使われており、ニコチンも含まれるため日本における電子タバコとは異なりますが、電子タバコと呼ばれることも少なくありません。

今回の記事ではタバコ葉を使った加熱式のタバコについて、電子タバコとして紹介していきます。
アイコスやグローなどは煙が出ず匂いも少ないタバコとして人気になっており、地域によっては入手が困難なほどです。
リビングなどでも吸い易いタバコとして、移行を検討している人も少なくないのでは?

屋内や人がいるところでも吸い易いタバコですが、そうなると気になるのは副流煙です。
せっかく今吸っているタバコから移行するのですから、副流煙被害の影響が出るようではその価値は半減すると言っていいでしょう。

加熱式の電子タバコについて、副流煙被害の有無や受動喫煙のリスクという面から紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

そもそも加熱式の電子タバコのメカニズムは?

さて、副流煙や受動喫煙について考えるなら加熱式タバコのメカニズムについて理解している必要があります。

加熱式タバコは、文字通りタバコ葉を加熱しています
火をつけて燃焼しているのではないので、タールや一酸化炭素の発生量は格段に減少します。
しかしタバコ葉を加熱して水蒸気を発生させる構造から、ニコチンを含んだ水蒸気を吸入することが出来るためタバコを吸った際の満足感を得ることが出来るようになっています。
タバコ葉を加熱するための本体は充電式となっており、加熱するカートリッジは交換式です。

①タバコ葉を使用しており、ニコチンを吸入することで満足感がある
②通常のタバコとは異なり燃やしている訳ではないので、タールや一酸化炭素の発生量が少ない

特にタールの有毒性については、肺が真っ黒に変色したショッキングな写真を見たことがある方もいるかもしれません。
ニコチン摂取の満足感を味わいながら、肺がんなどのリスクを下げることが出来る。
この点から、急速に普及したと言えるでしょう。

副流煙被害は出ないの?受動喫煙のリスクは?

副流煙とはタバコの先、火をつけた部分から上がる煙の事です。
吸い口から吸入する煙を主流煙と呼びます。

加熱式タバコではカートリッジの先端は本体に収納されており、火は付けずに加熱するだけのため副流煙は発生しません。
その意味で言えば副流煙被害は全くないと言い切っていいでしょう。

しかし、受動喫煙のリスクについてはゼロと言い切ることは出来ません。
水蒸気とはいえ吸い口からの煙は発生しており、喫煙者が吸入したあとの煙も吐き出すためです。
これらの煙の有毒性については厚生労働省も判断を保留しているような状況であり、現在は無害であると言い切れないために禁煙指定場所では加熱式タバコについても禁止されています。
ニコチンを含んだタバコ商品であっても、嗅ぎタバコや咬みタバコは禁止されていません。

このことから、受動喫煙のリスクをゼロであると言い切ることは出来ません。
ニコチンの吸収率は高いとはいえ100%ではないため、肺に取り込んでから吐き出した呼気にもニコチンは含まれていますし、タールなどの発生量も大きく減少しているとはいえ0ではないため、リスクが全くないということはないでしょう。
しかしながらそもそもの有害物質発生量も少なく、副流煙も全くでないため、受動喫煙のリスクは大きく減少しているということは言い切っても良いかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

電子タバコを吸う事での影響は?

加熱式のタバコを吸う場合、ニコチン以外の有害物質の発生量、副流煙のリスクが共に大きく減少することが分かりました。

しかし影響がないわけではないということも理解しなければならないでしょう。
人がいるところで吸っても害のない、どこでも吸えるタバコというわけではなく、通常のタバコよりも害が小さくなる構造のタバコであると考えるべきでしょう。

ニコチンが含まれることに変わりはなく、ニコチンも有害物質であることは忘れてはいけません。
動脈硬化のリスクもあり、腎臓病や妊婦における胎児への影響、高い依存性については加熱式タバコでも変わるものではありません。

受動喫煙のリスクをゼロにするならば咬みタバコや嗅ぎタバコもあります。
ガムのような形でニコチンを摂取でき、満足感を得られるものです。

同様に受動喫煙のリスクをゼロにするものとして、タバコ葉を利用しない電子タバコもあります。
リキッドを注入して香りを楽しむ嗜好品などもあり、ニコチンが含まれずタバコ葉も使用しないこちらならば通販でも入手可能です。

まとめ

衣服への匂いの付着、本などにヤニがつくことを防ぐという目的であれば、加熱式タバコは素晴らしいものであると言っていいでしょう。

受動喫煙のリスクを減らしながら、タバコを吸う際の感覚も楽しめる。ニコチンも摂取できると言う意味では、家族への受動喫煙のリスクを減らしつつ喫煙の満足感を損なわない選択肢にもなりますが、受動喫煙のリスクはゼロではありません。

子供や妊娠している女性と同居している際には、安全であると信じ切っていいかについては疑問の残るものではあります。
タバコから移行する理由についてしっかりと考え、各種のタバコの特徴などをしっかりと理解した上で移行することが大切になりますね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + fifteen =