ドレッシングの語源は?発祥はどこでいつから?歴史公開!

日本でも食卓の定番となっているサラダは、今や食卓には欠かせないビタミン源となっています。以前は日本にはサラダはありませんでした。サラダはどこで生まれ、いつから日本で食されるようになったのでしょうか?

そして、サラダを語る上で欠かせないのがドレッシングですね。日本語では「たれ」ですが、なぜ、英語では「着せる」という意味のドレッシングと言うのでしょうか?

今回は、ドレッシングの語源と歴史を、サラダの発祥と共にご紹介します。

【スポンサードリンク】

サラダはどこで生まれたの?その発祥の地とは

サラダの歴史はとても古く、古代ギリシャ時代に野草に塩を振って食べていたのがルーツだと言われています。
この時代に、「herba salata」(ハーブの塩がけ)という食べ物があり、これが一番最初のサラダです。

「サラダ」という言葉も、塩を意味する「sal」が語源であるそうです。

そして、古代ローマ時代に入ると、バリエーション溢れた様々なサラダが登場します。
当時の資料によると、生野菜やゆで野菜にハーブを添え、酢やオリーブオイル、または魚醤のようなもので味付けをしていました。

16~17世紀は大航海時代を迎え、遠いアフリカ地方からトマトやピーマンなどの新しい野菜がヨーロッパにもたらされて、さらにサラダの種類が増えてヨーロッパ中に普及したのです。

ドレッシングの語源と歴史

サラダの歴史を語る上で外せないのがドレッシングですね。ドレッシングは、「着せる・飾る・外側に何かを付け足す」を意味する「dress」という動詞から、動名詞の形になった「dressing」が由来です。

サラダを彩るドレス・・・まさにぴったりの語源ですね。

シンプルに塩をかけたものが最初ですが、フレンチドレッシングのように酢と油を組み合わせたものは古代ローマ時代から存在していました。日本でも大定番のマヨネーズは、18世紀のフランス・ルイ15世の時代に作られるようになりました。

日本にサラダやドレッシングが入ってきたのはいつから?

日本にサラダが登場するのは、文明開化で欧米の食習慣が入ってきた明治時代からです。しかし一般民には気軽に食べられるものではありませんでした。

家庭の食卓に上がるようになったのは、戦後になってからです。ちなみに、日本で初めての生野菜は、とんかつに添えたキャベツの千切りだそうですよ。

それまで、主に加熱した野菜を食べていた日本人でしたが、レタスやトマトなど、生食に適した野菜が欧米諸国から次々と普及し、サラダとして使われるようになりました。また、輸送が発達して、新鮮な野菜が簡単に供給されるようになったことも、サラダが一般家庭に広がる背景になっています。

サラダの普及と平行して日本にもたらされたのがドレッシングです。日本でマヨネーズが発売されたのは大正14年、フレンチドレッシングが市販されたのはさらに遅れて昭和30年代のことです。現在は言わずもがな、様々な種類のドレッシングが簡単に手に入ります。こうして、サラダは非常に手軽な料理となりました。

【スポンサードリンク】

ドレッシングの種類

現在日本で人気のあるドレッシングをご紹介します。

マヨネーズ

マヨネーズは、卵、酢(柑橘果汁)、油、食塩などを加えて乳化させたドレッシングです。
生野菜をはじめ、ゆで野菜や肉・魚にもよく合います。「マヨラー」といわれるマヨネーズファンがいるなど、日本では定番のドレッシングで大変人気がありますね。

フレンチドレッシング

油、酢(柑橘果汁)に胡椒を加えて仕上げたさっぱりとした風味が特徴のドレッシングです。生野菜のサラダに適しています。

イタリアンドレッシング

フレンチドレッシングに似たタイプですが、ワインビネガーで風味をつけたり、タマネギやニンニクなどの香辛料が入っているのが特徴です。生野菜だけでなく、肉料理にも相性抜群です。

サウザンアイランドドレッシング

マヨネーズをベースに、細かく刻んだ野菜やトマトケチャップを加えた、色の美しい甘みのあるドレッシングです。マヨネーズ同様、様々な料理に使われています

シーザーサラダドレッシング

チーズ・アンチョビ・ガーリックの風味を特徴とした、乳化液状のドレッシングです。レタス・生ほうれん草など葉物の生野菜によく合います

まとめ

今回は、サラダとドレッシングの起源や歴史をご紹介しました。

現在は市販のドレッシングの種類も増え、選択に迷うほどです。

新鮮な生野菜やゆで野菜と組み合わせて、サラダの種類は無限に広まります。

サラダが苦手な方でも、自分のお好みのドレッシングが見つかればサラダが食べられるようになるかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − nine =