袱紗は100均にある?結婚式や葬儀での包み方とは?

結婚式や葬儀など、冠婚葬祭の知らせは突然やってきます。

友人の結婚式や親せきの葬儀なら、ある程度は事前に分かっているでしょう。
事前に十分準備をしてから、ある程度は気遣わずに参列することが出来ます。

むしろマナーに気遣い、失敗してはいけないと感じる間柄に限って突然知らせられるものです。
突然の知らせに準備もなくて困った!という経験もあるかも知れません。

最近では100均でも手に入る袱紗は、結婚式や葬儀でしか必要になることのない物の筆頭ですよね。
今回は結婚式や葬儀での包み方について、覚え方という面からご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

袱紗は100均でも売っている?袱紗とは?

最近では袱紗(ふくさ)は100均でも販売されています。
突然の弔事などで準備をしなければという事であれば、とても便利です。

準備と併せて、どういった意図で使われるものなのかという事を理解しておくようにしましょう。

袱紗は祝儀袋などをそのまま持ち歩かず、曲がったり濡れたりしてしまう事のないようにするための物です。
そもそもは貴重品にかける布であったとされています。
祝儀や香典はお金である以上に気持ちを示すものですので、「大切な気持ちを運んできましたよ、お渡ししますよ」という気持ちを表しているのかもしれませんね。

あくまで心遣いであり気持ちですから、昔は風呂敷などで包んでいました。
複数持っている風呂敷から色を選ぶ際に、気持ちを表すためにお祝い事では明るい色柄を、弔辞では寒色の落ち着いたものを選ぶようになったのです。
これは現代でも同様で、紫だけは例外的にどちらの場合でも使えます。

その慣習は現代に伝わり、特にご祝儀や香典を包むための布として袱紗があるのです。
現代では一枚の布型ではなく、長財布のような形の袱紗もありますし、爪付きや台座付きのものもありますよね。

財布のような形の袱紗は100均でも手に入ります。
あくまで気持ちであり、大切に運んでいることに違いはないのだから値段は関係ないのか。
気持ちを表すのものなのだから、あまりに安価なものでは失礼にあたるのか。

考え方次第ですが、友人や親しい間柄ではそちらを使用しても問題ないでしょう。
上司やお世話になっている知人に対するものであるならば、検討した方が良いかもしれません。

しかし最終的には気持ちを示すものであり、用意できなければハンカチなどで包んでも問題があるわけではないことも覚えておきましょう。

【スポンサードリンク】

袱紗で包むときの包み方は?

さて袱紗を準備したら包まなくてはいけません。
そして渡す時には広げないといけません。

包むとき、開くとき、そして渡す時。
それぞれにマナーがあります。

更に結婚式などの祝儀と葬儀などの弔事における香典などでは包み方、渡し方も異なります。
せっかくマナーを守って袱紗を使う訳ですから、渡す時まで礼節を守った渡し方が出来るようにしましょう。

包み方ですが、結婚式などの慶事では

  1. 四隅が上下左右に来るように袱紗を広げる
  2. 真ん中よりやや左側に祝儀袋を置く
  3. 左側の布をかける
  4. 上→下の順で同様にかけていく
  5. 右側の布をかけ、余りを折り込むように裏側までかける

次に開く際ですが、受付などで渡す際には左手に乗せて広げるようにしましょう。
そして渡す時に右回りに回して、相手に字が見える向きにして両手で手渡します。

そして弔事では全てが反対です。

  1. 四隅が上下左右に来るように袱紗を広げる
  2. 真ん中よりやや右側に不祝儀袋を置く
  3. 右側の布をかける
  4. 下→上の順で同様にかけていく
  5. 左側の布をかけ、余りを折り込むように裏側までかける

開く際には右手に乗せて広げるようにしましょう。
そして渡す時に左回りに回して、相手に字が見える向きにして両手で手渡します。

台座付きの袱紗では台座の向きや裏表があります。
受付では挨拶をしてから開き、渡す時にも一言添えるようにします。

このようにご祝儀や香典を渡す際には非常に細やかなマナーがあります。
覚えづらい物ですが、慶事だけを覚えて弔事では反対にすると覚えると良いかもしれません。

何故ここまで左右が気にされているのか。
理由の一つとして、日本が左手を上位だと考える風習にあり左右を重んじる国だからです。

配膳では左手にご飯が来るようにしますし、上司と並ぶ場合は左側に上司です。
袱紗における包み方でも左手が上位であるという考え方から包み方や開き方では左側に置く、渡す時の回し方は相手から見て左回りと覚えると良いかもしれません。

弔事で反対にするのは日常と異なるルールで取り扱う事で日常にしてしまわない、後に続かないようにするためなどと言われています。

袱紗に限らず、マナーや礼節は覚えておきましょう

袱紗に限らず、日常生活の中では様々なマナーがあります。
魚の盛り付けにおける頭の向きや座席の上座下座、敬語における尊敬語と謙譲語など。

マナーというものに限って言えば、指摘されてからやり直したのではあまり意味がありません。
指摘される段階で、失礼にあたると言えるでしょう。

分からなければ調べるだけでなく、少しでも不安があれば聞きやすい誰かに聞いてみても良いかもしれませんね。

結婚式や葬儀などは特に気持ちを重んじる場ですので、しっかりとマナーを守って参列したいですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − seven =