ホワイトニングは効果なし?仕組みや副作用を解説!

歯の色が気になる方にとって、白くする有効な方法の一つがホワイトニングです。試してみたい方にとって、とても気になるのが、ホワイトニングをすると歯が白くなる仕組みはどのようなものなのか?とということではないでしょうか。

また、ホワイトニング料金は自費診療なので、実際に施術して効果なし、となってしまうのは避けたいですし、その他にもホワイトニングによる副作用も心配ですよね。

そんなホワイトニングの不安を解消できるような情報をご紹介しますので、歯の色が気になっている方は是非参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

歯の色が黄ばんでしまう理由

歯の黄ばみを改善させる方法の一つとして知られているホワイトニングですが、そもそもなぜ歯の黄ばみは起こるのでしょうか?

歯の構造は、一番外側にエナメル質という硬くて透明度のある層があり、その下に象牙質という少し柔らかい物質でできている層があります。

エナメル質に付着した汚れ>は歯みがきや、歯医者さんでPMTCと呼ばれる表面をクリーニングする方法で除去できますが、象牙質の色が濃いためにエナメル質からその色が透けて見えている状態の場合は、表面をいくらきれいにしても歯の色は変わりません

象牙質が空け黄ばんで見える原因としては、生まれつき色が象牙質の色が濃い人や、エナメル質が薄く象牙質が厚いなどの場合で、なかなか自分で回避しづらい場合が多いです。

色がだんだん濃くなってきた、と感じる人は後者のエナメル質が薄くなってきたことが主な理由です。歯ブラシをすると僅かに歯の表面が削られ、そして何年もそれが続くとエナメル質を薄くさせてしまうことになります。特に、何年も磨いている年配の方は、こういった症状が出やすくなっています。

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みとは?

そこで、内部の象牙質の色にアプローチできる薬液を使って歯を白く見せる治療が「ホワイトニング」です。

ホワイトニングの施術方法は歯科医院によって行う器具や薬品が違うため、一概には言えませんが使用する薬品は過酸化水素という成分が入ったものが一般的です。そしてこの薬品の塗布方法は大まかに2種類あります。

ひとつはマウスピース

患者さんの歯の形のマウスピースを作成し、その中に薬液を入れて装着する方法です。薬液を歯医者さんで買い、自宅でホワイトニングをすることになります。

ただし、開始する前には、お口の中に歯石があると効果が妨害されてしまうため、必ずクリーニングを行い、そこからマウスピースの作成に移ります。そのため、歯医者さんに行ったその日はホワイトニング治療に入れない場合もあります。また、マウスピースの装着は毎日なので、少し手間がかかるのが難点です。

もう一つは光照射

薬液を歯に塗布して、その上から光を当てて、ホワイトニングを行う方法です。こちらもマウスピースと同じで、いきなりホワイトニング治療に入るのではなく、お口の中をきれいにしてから薬液の塗布をしていきます。

ホワイトニング自体は歯医者さんで行うため毎日の手間はありませんが、そのかわり通院回数が増えてしまいます。自宅の近所や、職場の近くの歯医者さんを選ぶなどして、通院しやすくするのが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

副作用や効果なしとなることは?

ホワイトニングで使用する薬液は、副作用として虫歯があるとしみたり、その他にも、歯にヒビが入っている場合でも同様の症状があらわれることがあります。

また、ホワイトニングをしても効果のない場合もあり、神経が無いために黒ずんでしまった歯や、虫歯の治療跡が多く詰め物されている場所は白くなりません。

以上のことは、施術を行う歯医者さんでも十分理解しているはずですので、始める前にお口の中をチェックをして、白くなりにくい歯があれば指摘されるでしょうし、通常は虫歯などがあれば治療してから薬物の塗布へ移ります。

中には、こういったことを分かっていながら説明しなかったり虫歯の治療を行わない歯科医院もありますので、ホワイトニングをしてもらう場所は慎重に選んだ方が良いでしょう

永久的に白さは続かない

非常に勘違いされやすいのですが、ホワイトニングは時間が経てば色は戻ってしまいます。一度白くなり、満足しても元に戻るため、継続して行わなければ意味がありません。しかも、ホワイトニングは自費診療のため高額になっており、お金に余裕がないと継続して白くし続けるのは非常に厳しいです。

たいていは、結婚式などで歯の色が気になるためホワイトニングを行うというような、その時だけのホワイトニングとして使われることが多いです。

まとめ

歯はもともと、真っ白ではなく少し黄ばんでいます。そのため、特に女性はメイクをするので肌の色が明るくなると、歯の色がくすんで見えることも多いです。

口紅などの色を落ち着いた色にすると、対比で色が白く見えるなど、少しの工夫で歯の色を白く見せることも可能です。

どうしても歯の色が気になるようでしたら、歯医者さんに相談に行ってまずは話を聞いてみてください。話しを聞いたうえで納得できた施設でホワイトニングを行うのが失敗を防ぐ秘訣です。

ちなみに自分で対策もできる方法をまとめた記事もありますのでチェックしてみて下さい!
こちらをどうぞ!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 5 =