インクルージョンとは?福祉の考え方?意味を解説!

福祉や社会福祉のことを普段から考えたことがあるでしょうか?

身近なことであり大切な問題でもありますが、それらについては私たちは、
案外気づかずに遠ざけたり目をそらしているかもしれません。

しかし、福祉は本当に身近な存在であり大きな問題と言っても過言ではありません。
インクルージョンとは最近、ビジネスの現場でも利用されている用語ですが
福祉の考え方ではどういう意味をもっているのでしょうか?

これからインクルージョンとは何かを解説していきましょう!

【スポンサードリンク】

そもそも福祉とは何?その意味とは

そもそも福祉とは何かを知っていますか?
若い人にとっては障害者や子供、お年寄りの為にあるというイメージがあるかもしれません。
福祉という言葉は「ゆたかさ」や「こうふく」を意味しています。

それでは、幸福と何が違うのかと言うと福祉という語句には、
みんなで幸福になれるという意味が強いと考えられています。

生活が困窮している人たちや障害者、子供、身寄りのないお年寄りなどの
生活をするうえでの苦しさやさまざまな問題、障害などがある時に、

それを改善したり問題の解消するために社会的にどうするかを
考えて進めていく援助などの活動を社会福祉といいます。

福祉の考え方はどう変わったのか?

インクルージョンとは元々の意味は包み込むや包含ということを表しています。
福祉、教育を含めた考え方においては包括的な教育のことをいいいます。

簡単に言うと障害者と健常者とを包みこむよう一緒になって同じ教室、
同じ場所で教育を受けることをいいます。

それ以前は養護学校義務制が実施されていました。
ほとんどが就学許可が下りなかった時代が終わり重度の障害者も
学校へ行けるようになっていました。

しかし、親や児童の意思とは関係なく養護学校に入れられることになり
普通学級の教室から障害をもった児童が出されてしまうような例も出てきました。

これに対して新しい考えが生まれたのがインテグレーションです。
意味としては統合ですが障害者と健常者が一緒に教育や活動を行うことをいいます。

しかしこれは、違う者同士をまとめてしまおうという考えで
普通学級に障害者児童を迎え入れる形になっているだけと言わざるを得ないものでした。
その先の新しい考え方としてインクルージョンがありました。

【スポンサードリンク】

インクルージョンとは何か?その意味と考え方を解説

インクルージョン、つまり包括的な教育というのは障害者だけがさまざまな状態や
状況にあるのではなく健常者もまた同じようにさまざまな状態であることを理解して
認識することが大切だという考えです。

すべての子供にとって必要な援助をすることや一緒に成長していく教育という考え方になります。

これはすべての子供たちには平等に教育を受ける権利があるということでもあります。
インテグレーション、つまり統合教育の時は障害を持った子供が普通学級にいるときは
教育課程、勉強内容もかわります。

しかしインクルージョン教育の場合は障害を持った児童がいない時でも
日常的にさまざまな教育が行われることになります。

インクルージョン教育とは?その考え方は正しいのか

インクルージョン教育、インクルーシブ教育ともいいますが、それを簡単に説明をすると
障害者を持った子供が普通教室で健常者である子供と一緒に通常の勉強をすることです。

多様性を認め合って理解しあうことを目的としていますが、その考えが正しいのか
疑問に持たれていることも忘れてはいけません。

ひとつは大人の理想を子供におしつけているのではないかという問題があります。
発達障害を持つ子供は普通教室にいることが苦しい気持ちでいるということもあります。

インクルージョン教育を推し進めてきた国のある例では、障害者の子供の世話をすることを
強制させられたと思うようになり大人になってから障害者に対して排他的な考えを持つ
人間になった話もありました。
それは悲劇としか言いようがありません。

すべての子供が本当に幸せなれることが
どんな教育なのか、それを考えることを私たちは忘れてはいけないのではないでしょうか。

まとめ

福祉は私たちの身近にあるものですが、健康で何も問題のない普通の暮らしをしている場合は
それを意識をすることもないので遠いことだと感じるかもしれません。
特に若い年代はそう思うのも自然なことです。

しかし、子供を育てることや病気、経済的な困窮におちいった時に
福祉は大きな存在で頼りになるものです。
もっと言えば私たちが幸せに暮らしていくために福祉はあります。

インクルージョンは、障害者だけではく、健常者にもさまざまな状態であることを
認めながらできるだけ同じ場所で一緒になって学ぶようにしようとする考えです。

それは今の社会の主流になりつつありますが、それもまた問題があることがわかっています。
少しづつ改善し模索が行われています。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + fifteen =