傘が臭い!取り方と原因を解説!取るための対策は?

地球全体が異常気象といわれてからずいぶん月日が経ちました。

今までの季節ではなかったような寒さや暑さが続いたり台風や大雨などもかつて経験したことがない強さや大きさだといわれています。

天候に不安を感じる日々が続いていますがゲリラ豪雨も最近ではごく当たり前のようになってきた気がします。

天候が乱れるとやはり傘は欠かせません。しかし傘を使っているうちに傘が臭いことに気がつきませんか。
その原因はいったい何なのでしょうか。臭いの取り方と取るための対策を考えてみましょう。

【スポンサードリンク】

傘の臭いが気になる?その原因とは

雨になると通勤などで外出する場合、車での出勤以外では傘は必要不可欠と言ってもいいでしょう。

最近は雨の日が続くことも珍しくはないので傘を毎日のように使用することも当然ありえます。
そうなると傘はずっと濡れた状態になりそのまま放置をしていると傘に雑菌が増えるようになります。それが臭いの元になるのです

折りたたみ傘の場合は特に濡れたままでたたんでしまうと乾きにくく臭いが発生しやすくなると考えられます。
最初は気づきませんが繰り返し使っていくうちに傘から異臭がするようになるでしょう。
その時はすでに傘の布には雑菌やカビが増えてしまって臭いを取ることも大変な作業になってしまいます。

臭いの取り方はある?取るための対策は何があるのか

今は傘もコンビニなどで安く買うことができるので傘に臭いがついてしまったら新しいものでもいいと考える人もいるかもしれませんが、やはり物は大事に使いたいものです。

傘についた臭いはどう取ればいいのでしょうか。濡れたままでそのままにしておくと臭いが出てきますが、それだけではなく傘のほねも錆びてしまって傘の寿命も短くなってしまいます。普段から傘を使ったら水気を取るようにすることが重要になります。

まずは傘を振って水を落として傘の先端を上に、柄を下にして立てかけておきます。布巾などできれいに拭くと汚れなどが残らないのでおすすめですが、こういったひと手間が臭いを防いだり傘の寿命をのばすことにもなります。

天気が良くなって晴れたら陰干しをしましょう。直接日光にあてると傘の布が傷むことがあるので注意が必要ですね。

【スポンサードリンク】

ほかにある傘の臭いの取り方は?

傘の臭いを取る前に臭いがつかないように普段から濡れたら乾かして水分を取ることなどをするお手入れはとても大切なことです。しかし、水分を取って乾かすことを繰り返していてもどうしても臭いは発生してしまいます。

そんな場合は重曹を水に溶かしてそれで傘を拭く方法がいいでしょう。重曹は臭いを消す消臭効果があることが期待されています。最後は水で拭いてからきちんと陰干しをしましょう。

折りたたみ傘の場合は水を1リットルに対して大さじ1杯の重曹を入れてそこに傘をしばらくの間つけておくようにします。約2~3時間ぐらいつけてから重曹をきれいに落として陰干しをしましょう。

酸素系の漂白剤を溶かして拭く場合は、きちんと薄めてから使用します。布巾などで拭いてからしばらく置いておいて次に水拭きをして最後はから拭きをします。傘のほねに水分がついたままだと錆びる可能性があるのですぐに拭き取りましょう。

傘のクリーニングを行っているお店もあるのでそれを利用する方法もありますが場所も限られていてお金もかかるのでそれを利用するかは悩みどころです。
傘のふき取りを繰り返すと撥水効果が落ちるので市販されいてる撥水剤を使うよにしましょう。

まとめ

最近はコンビニや100円ショップなどでも安くビニール傘が買える時代なので傘も使い捨てでもいいと思っている人もいるかも知れませんね。
しかし、自分の周りの物をそれなりのいいもので揃えておくことは大人の身だしなみだともいえます。

日本でもそうですが外国では特に相手の靴を見てその人がどんな人間なのかを判断するといわれています。
見た目の重要さは社会人としてとても大切なことなんです。

せっかくいい傘を持っていもて臭いや雑に扱っているとその程度の人間だと思われるかもしれないので気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =