けんぴの意味とは?高知のお菓子なの?かりんとうとの違いは?

芋けんぴ、とてもおいしいですよね。食べ始めると止まらなくなってしまいます。

でも実はこの芋けんぴに代表されるけんぴというお菓子、高知が発祥だという事をご存知でしたでしょうか。

またそのけんぴの意味やかりんとうとどう違いがあるのか、そんな気になることをいろいろと書いてみました。

【スポンサードリンク】

けんぴとかりんとうとはどういった違いがあるの?

けんぴというと芋けんぴをすぐに思い浮かべると思いますが、けんぴはけんぴで全く違うお菓子です。

そのけんぴというお菓子は小麦粉に水、砂糖、蜂蜜などを練り入れ、かためにこねて棒状の形にし、適切な長さに切って焼いたお菓子です。

かりんとうも小麦粉と砂糖を練って作るお菓子なので、確かに似ていますね。

しかし、けんぴは焼き菓子で、かりんとうは油で揚げて作るお菓子ですので製法が違います。

一方で芋けんぴは芋かりんとうとも呼ばれます。

芋けんぴとかりんとうは芋と小麦粉で材料は違いますが、油で揚げて砂糖をや蜜をまぶすという製法は同じですので、芋かりんとうという呼ばれ方でも問題はありません。

材料は違うけれど作り方は同じという事で言えば、羊羹と芋羊羹の違いとなんか共通している感じがしますね。

けんぴは高知が発祥のお菓子なの?

けんぴというお菓子、確かに発祥地は高知ということで一致はしているのですが、だれがどういう風に広めたのかという点については諸説あり、一致はしていません。

一説によると西川屋才兵衛(にしかわやさいべえ)という人が山内一豊(やまうちかずとよ)に献上したのが始まりだとする説や、もっと古い文献ですと紀貫之(きのつらゆき)が地元の人から振舞われたお菓子であるという記録もあります。

さらには、戦国時代に白髪素麵の製法を応用して作られたという説や、室町時代に明から伝来した小麦粉の料理の製法をもとに作られたという説もあり、いまでも論議されているところです。

そして芋けんぴもまた、高知でけんぴから派生したお菓子です。

江戸時代中期にさつまいもが日本で広まり、高知でも伝わって、なおかつ良く育ったことで、従来小麦粉で作るけんぴよりも芋で作る芋けんぴの方が一般的になったというのがあります。

現在でも高知に行けばあちこちに大量の芋けんぴが主食ではないのかと勘違いするほどたくさん売られています。

このようなヒット商品を生み出せる高知はとても羨ましい存在ですね。

【スポンサードリンク】

そもそもけんぴの意味は何?

けんぴは漢字で犬皮、健肥、堅干などというふうに当てられます。

例えば犬皮という当て字の場合、一説によるとけんぴを食べていたお殿様が家来に何を食べているのかと聞かれた時、羨ましがられないように犬皮、つまり犬の皮を食べていると嘘をついたという話からきているのだそうです。

他にも健肥という当て字の場合は、紀貫之がけんぴをたべてその美味しさに感動し、他の人々もこれを食べれば健康で肥えた体になることができると言ったことが元で、健肥になったという説があります。

あとは、堅干に関しては、単に干したような堅さのお菓子であるからこのような当て字になったというのもあります。

まとめ

最近は自分の子供には添加物の無い、体に良いお菓子を食べて欲しいという願いもあり、親が自分で芋けんぴを作るということも多いみたいです。

健康と食育という面から見ても、とてもいいことですよね。

かりんというとは違い、作り方もそんなに複雑ではなく、材料も基本的にさつまいも、砂糖、油だけですので手軽に作ることができます。

さらに出来立てですと、おいしさもひとしおです。

いまは店に行けばなんでも手に入る時代ですが、あえて手間をかけて料理をし、健康に良いものを口にするという事も大切なことかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − two =