毛先のパサパサを改善するには?パサつきの原因は?

毛先がパサパサすると髪の毛が広がってしまい、まとまりがつかなくなりますよね。
毛先をくるんとカールしようにもパサつきのせいでなかなかキレイに巻けないことも。
そこで今回は、毛先のパサパサを改善するための方法とパサつきの原因についてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

パサつきの原因は外からのダメージ

毛先がパサパサしてまとまらない……。そんな毛先のパサつきは、髪が外から受けるダメージが大きな原因だといわれています。

・パーマやカラーリングのやりすぎ
毛先のパサパサの原因の中でも、ダメージが大きいとされるのが、パーマやカラーリングのやりすぎによるものです。
パーマやカラーリングは、髪の表面をコーティングしているキューティクルを分解して、パーマ液やカラーリング液を髪に吸収させます。
そして、カールやキレイ色を付けたりするのです。
パーマやカラーリングをくりかえし行うことで、キューティクルが剥がれてしまい毛先がパサパサになってしまうのです。

・間違ったブラッシング
髪はブラッシングにより、汚れやホコリを落としキレイな髪をキープします。
でも、髪の毛が絡まっているのに無理やり強く梳かしたりすると、髪の毛をコーティングしているキューティクルが傷つき、毛先のパサつきが起こりやすくなってしまいます。

・紫外線を浴びてしまう
夏が終わる頃になると多くなる毛先パサパサ女子。
強い紫外線は頭皮や髪に負担をかけてしまいます。頭皮は紫外線をたくさん浴びると髪の毛の成長などを司る毛母細胞を傷つけてしまうといわれています。
そのため、毛先にも栄養が行き渡らなくなり、毛先がパサパサとして広がってしまうようです。

・摩擦によるパサつき
毛先のパサつきは、ちょっとしたことでも起こってしまいます。
その一つが、髪を乾かさないで寝てしまうことです。
お風呂上がり、面倒だからといって髪をきちんと乾かさないまんま寝てしまうと、枕や布団による摩擦によって毛先がパサパサになってしまいます。
朝起きたら、髪がまとまらずカールがキレイにキマらないときは、摩擦によるパサつきです。

パサつきの原因は体の変化

毛先がパサパサしてしまうのは、外からのダメージばかりではありません。
体の変化や何らかの原因により毛先にパサつきのあるパサパサ髪になることもあるんです。

・自律神経の乱れによるもの
自律神経のバランスを崩してしまうと起こりやすいと考えられる髪のパサつき。
自律神経の働きが崩れると、髪の成長を助ける毛母細胞の機能が低下し毛先がパサパサになってしまうのです。

・更年期によるもの
更年期年齢の女性に多いといわれている毛先のパサつきの症状。
更年期になると女性ホルモンが減ってしまうため髪が乾燥したり、細くなる症状で悩む人がとても多くなるともいわれていて、元気な髪を作りだしたり修正したりする機能が下降するせいだとも考えられています。

毛先パサパサの改善策

毛先のパサつきの原因がわかったら、次は改善策を見つけなくては!

・ヘアケアの見直しを!
毛先のパサパサの改善にはヘアケアを見直してみることも大事。
パーマーやカラーリングの回数を減らしてみたり、たんぱく質の浸透の良いトリートメントなどを使い髪に栄養を与えてあげることが必要です。
また、ヘッドスパなどで地肌の汚れを落とし毛母細胞が元気に活躍してくれるようサポートしてあげることですね。
さらに、無理なブラッシングを避け、夏のお出かけのときは髪専用の紫外線防止スプレーなどで紫外線予防してあげましょう。

・髪のお手入れに注意する
髪の毎日のケアにも気をつけることも大事です。
毛先がパサパサのときは特に洗浄力の強いシャンプーを使うのではなく、弱酸性などの成分のシャンプーを選ぶようにすると良いでしょう。
さらに、髪の毛はタオルドライした後、ドライヤーでしっかり乾かしてから寝るようにしましょう。

【スポンサードリンク】

毛先パサパサの改善は体の内側からも!

毛先がパサパサになってしまうと外からのアプローチばかりが気になってしまいますが、体の中からもケアも必要なんです。

・食生活の改善
毛先のパサパサを改善するには、普段の食事にも気をつけるようにしましょう。
髪に良いといわれる栄養素が入った食事を心がけましょう。
髪の成長に良いといわれている、タンパク質、ミネラル、亜鉛、セレニウムが含まれている、牡蠣、卵、豆類、緑黄色野菜をバランス良く取り入れると良いですね。

・毛先パサパサは生活習慣の見直し
毛先のパサパサの改善は、生活習慣を見直すことも大切です。
睡眠不足やストレスを溜めこんでしまうと、髪の毛にも影響が出てしまいます。
規則正しい生活習慣やストレス発散をすることで美しい髪の毛が育成されます。

まとめ

毛先パサパサの原因はパーマーやカラー、などのヘアケアによるものから、食生活、更年期などの体の変化によるものがあるといわれています。髪のパサつきを改善すためには、ヘアケアの見直しや食生活や生活習慣の見直しをすることで元の元気な髪が復活することも可能なんです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 10 =