結露と湿度の関係は?温度が高いのも原因?結露対策を公開!

温度が高い時期はさほど気にならなかった結露ですが、気温が下がると窓のサッシがなどに水が溜まることがよくありますよね。こういった現象は、お家の中の至る所で起こっていることをご存じでしょうか?

また、結露を発生させる環境は湿度が高く、カビなどが生えてしまうこともあるので、人体にも影響を及ぼすことがあります。

このように結露はときに重大な問題に関係することもありますので、正しい対処をするためにも、結露がどのように発生するのが原因を知り、特に注意が必要な場所や、効果的な結露対策をご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

結露の仕組みと原因

結露というのは、簡単にいいますと、暖かい空気が冷やされることにより水滴となってあらわれる現象です。

寒い日の朝にサッシがや窓が濡れてしまうのも、冷たい飲み物が入ったコップやペットボトルなどの周りに水滴が付いて濡れてしまうのも、これらは空気が冷やされたことで水滴が発生してしまう同じ「結露」という現象なのです。

空気には水蒸気が含まれているのですが、肉眼で確認することはできませんので少しわかりづらいので、水蒸気単体で考えてみましょう。

やかんや鍋などでお湯を沸かすと湯気が出てきますよね。これが水蒸気で、沸かされた水分が蒸発して気体となっている現象です。お風呂の天井から水滴が落ちてきた、なんて経験はありませんか?お湯から発生した水蒸気が、温度の低い天井に触れることで冷やされて水に戻っており、この現象からも水蒸気は冷やされると水になるということがわかると思います。

同じ現象が空気でも起こっていて、冬場に室内では暖房などで気温が上がり、逆に戸外では温度が低いという状況になります。温度の境目である窓や壁で空気が冷やされて水滴となってあらわれてしまうものが「結露」なのです。

【スポンサードリンク】

温度と湿度が高いから結露する?

先ほども説明したとおり、結露が発生するには空気が冷やされる状況が必要となります。室内の気温が高くても、戸外の気温も同じならば結露は発生しませんが、温度の違う空気がぶつかると水を発生し水滴となります。

天気予報などで良く聞く前線も、暖かい空気と冷たい空気がぶつかり雨を降らせており、厳密にいえば違いはありますが、そういった雨も一種の結露とも言えるでしょう。

結露は一般的に冬場に起こると思われがちですが、空気が冷やされればいつでも起こりうるので、夏場にクーラーで室内温度を下げると、戸外との温度差ができ窓の外側に結露ができてしまったりなんていうのもそのひとつです。

結露しやすい場所は?

では、結露の仕組みが分かったところで、実際お家の中ではどのような所で結露が起こりやすいのでしょうか?窓の結露は非常に目立つため分かりやすいのですが、実はそのほかにも結露しがちな所はたくさんあるので、いくつかご紹介したいと思います。

窓ガラスなどの下部やサッシ付近

やはり結露と言えば窓ガラスですね。素材がガラスやアルミなど作られており、熱をよく通してしまうため空気がぶつかりやすい構造になっています。そのため結露が非常に起こりやすく、また結露を起こさないようにするのは不可能な場所でもあります。

押入れやクローゼットの中

押入れや、クローゼットのなかは頻繁に開閉されることがないため、室内で暖房をすると押し入れなどの内部との温度差が生じ、結露を発生させてしまいます。

また外側の壁に近い場合は、戸外の温度との差があればもちろん結露が発生してしまうでしょう。押入れやクローゼットは、内部に布団や服などが入っているため、保温の役割を果たしてしまうので、特に冬場は注意が必要です。

棚やタンスなどの家具の後ろ

家具の後ろはほとんど見ることもないため見落としがちですが、空気が停滞しやすい構造なので注意が必要です。

エアコンなどで部屋の温度を急激に変えると棚の裏側までは温度が変わらないため、結露や湿気を発生しやすく、タンスなどは中にある衣類が水分を吸ってしまうので、結露というよりは湿気となってあらわれるでしょう。

台所や洗面台のシンク下の収納スペース

こういった収納スペースも、空気が非常に流れにくく結露しやすい場所です。よくジメジメしているといわれますが、それは空気が停滞し室内の気温とスペース内の温度の違いによって起こる結露と同じ仕組みです。

水滴となるほと空気中の水蒸気がないため結露となっていませんが、湿った空気が充満していればもちろん結露してしまいますので注意してください。

結露対策に鍵は空気の流れ!

窓ガラスの結露は、室内の空気の湿度が下がれば減少するので寝る前に空気を入れ替えるなどをすると良いです。

ですが、寒いのでなかなか難しいという方は、窓ガラス自体を結露しない製品に交換したり、結露した水滴が溜まらないように窓の下側にスポンジ状の結露用のシールを貼るなどしてみると良いでしょう。このシール状のものは100円ショップなどでも販売されており、バリエーションも豊富でオススメです。

その他の場所では、全て空気が停滞してしまっているのが原因なので、籠りがちな空気を流してあげることが大切です。晴れた日は、収納スペースや押入れを少し開けて置き、空気が入るようにしておきます。こうしてあげれば、内部に籠っていた空気が抜けてくれるので結露を防いでくれます。ですが、雨上がりの日などは晴れていても湿度が高いため、逆効果になってしまうの気を付けて下さい

また棚の裏側などは、なるべく隙間を広く取り、空気が流れやすくなるようにしてください。空気が動くようになれば、お部屋の温度差が出にくくなるので湿気や結露を防ぐことができます。

スマホなどの曇りも実は結露が関係している

冬になると布団の中でスマホをいじることも多いと思います。朝起きて冷たいスマホを布団の中に入れると画面が曇って見えなかったり、水滴となってうまくタッチできない、なんて経験もあるでしょう。

実はこれも結露のひとつで、スマホ本体が冷たいため、布団の中の空気が冷やされて、曇りや水滴となっているのです。しかも、その結露はちょっと厄介で、画面上だけでなく内部からも結露が発生してしまうこともあります。電子機器は水に弱いため、水没したのと同じような現象が起こることもあるのです。

急激な温度変化は結露を起こしやすいので、ゆっくりとスマホを温めたり、ケースなどに入れてスマホ自体を余り冷やさないようするなどでも結露が出にくくなるので試してみて下さい。

もちろんパソコンやタブレットなども同様ですので、冬場の使用は温度変化に十分気を付けて下さい。

湿気で発生したカビの人体への影響

結露は木材などの棚や壁面に発生するとカビを発生させてしまい、そしてそのカビは目に見えないほど小さな胞子を放出しているため、その胞子を人間が吸い込むことにより健康に悪影響を及ぼす危険があります。

カビが原因で引き起こされる症状としては、ぜんそくやアトピー、そのほかにとても恐ろしい「カビ肺炎」というものもあります。どの症状もとても辛く煩わしいものばかりですが、とくにカビ肺炎は最悪死に至ることもあり、その被害の多くは幼い子供や高齢者となっています。また、臭いも発生するため、お部屋の中が居心地の悪いものとなってしまいます。

棚の後ろなどにカビが発生してしまったとしても、掃除も普段しない場所気づきにくく長年放置していたというケースもよくあるようなので、できれば小まめに掃除してあげるのが一番ですが、棚の後ろに隙間を作り見えやすくなっていれば空気もとおり、目でカビが生えていないことも確認できるので非常に有効です。

まとめ

結露というとただ水滴が付いてしまうだけの現象ではなく、見えない所でカビを発生させてしまうこともあり、健康被害はもちろん大切にしまっていたものまで劣化させてしまうことも考えられます。

寒い時期はもちろん暖かい時期でも、空気の気温差があれば結露は発生しますので、一年を通して空気の流れを良くするなどの工夫をして快適に生活していきたいですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + nine =