婚約の定義とは?意味や由来を解説!口約束で良いの?

皆さんは婚約の定義について考えたことがありますでしょうか?

中には、実際に婚約した人もいるでしょうし、そういう人にとっては身近なことかもしれませんが、案外と世の中では知られていないのかもしれませんね。

一般的には、中睦まじく付き合っている異性同士が、お互いに将来の配偶者と決めて結婚の約束をすることが婚約の定義とされています

しかし、その他にも、婚約は口約束でも成立するのか、また、婚約をするというのはどういう意味を持つのか、婚約の由来はどこから来たのかなど、婚約に関していろいろと疑問に思うことがたくさんあるかと思います。

そこで、それらの疑問を明らかにするべく、ひとつひとつ順を追って紐解いてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

婚約をする際に必要な形式

婚約を公に誓うための形式としては、指輪を贈呈すること、結納すること、パーティをひらくなどをして、当人たちの周りの人に結婚の約束を知ってもらうことなどがあります。

婚約には、結婚と違って、別段、法律的な手続きをする必要がないので、付き合っている者同士がお互いに口約束でも婚約は成立しますが
、安易な気持ちで、口にすることはぜひとも避けたいところですね。

婚約における指輪の意味とその由来は?

婚約する際は、ダイヤモンドの婚約指輪を贈るのが一般的ですが、どうしてそのような行為をするのか疑問に感じますよね。

実は、宝石で一番硬いダイヤモンドを指輪に使うことによって、固い絆と永遠の愛を表現しているのだそうです。

その婚約指輪の歴史は以外に古く、古代ローマ時代にはじまります。当時指輪は鉄製でした。

さらには9世紀、ローマ教皇によって指輪が結婚の証拠になると明言されたことにより婚約と指輪の結びつきが強くなります。

そして13世紀初頭にはヨーロッパ各国で婚約を公に誓い、公衆の面前で披露するという習慣が定着し始め、15世紀以降にはその習慣がみるみる世界中に広く浸透していきました。

そして現在では、誰もが当然のごとく習慣として婚約時に指輪を贈っているのです。

婚約の定義とは?

正式な結婚をする前に付き合っている者同士行うのが、婚約です。

でも、婚約の定義をちゃんと理解している人は、世間では、いったいどれぐらいいるのでしょうか。

たぶん知らない人の方が多いのではないでしょうか。

婚約の定義を平たく言えば、カップルのうち、一方が、異性に対しプロポーズして、相手からOKという快諾を得れば、それが婚約ということになります。

但し、カップルがお互いに愛情を持って、これから一緒に人生の伴侶として生活していく意志を持つ必要性があります。

ですから、軽い気持ちで、ただ結婚できたらいいよねという言い方では、結婚の意志が弱いので婚約とみなすのは難しいでしょう。

【スポンサードリンク】

カトリックでの婚約の意味

婚約の意味は、宗教的側面によって異なるそうです。

世界三大宗教といえば、キリスト教・イスラム教・仏教ですが、近年では多くの国が生活の欧米化に伴い、キリスト教圏の影響力が大変強くなってきています。

そこで、そのキリスト教の中でも、最も信者が多いカトリック系の婚約について記そうと思います。

婚約は、カトリックの世界では結婚と同様に拘束力が強い、儀式を伴った契約なのです。

ゆえにそれを解約する場合には、正式な離別手続きが必要なくらいなのです。

婚約した者同士は、結婚式を挙げたか否かにかかわらず、また、肉体的関係を持っていなくても、夫婦であることが法的に認められています。

大変厳しい取り決めがあるのですね。

婚約は口約束で良いの?

結論から言えば口約束でも婚約は成立します。

結婚する場合は、市区町村の窓口に結婚届を提出し、受理に至った際に結婚をすることができます。

婚約は、こうした法的手続きを踏むですとか、書面で交わすとかの必要もありません。

ですが、お互いに将来結婚をする前提という、意思確認を交わす意味が内包されているので、軽々しく、口約束するのは困りものです。

そして実は、口約束といっても法的効力が生じるのです。

婚約中に一方が、不合理な理由などで婚約を破棄した場合には、義務を怠ったとして慰謝料や損害賠償を請求されることもあります。

ですから異性と深く付き合って、プロポーズする場合は、当然真剣な気持ちでするべきです。

まとめ

婚約というものは、深く掘り下げると意外と知らない側面が様々あったりします。

異性間の口約束だけで婚約が成立してしまうこともそのひとつかもしれません。

お互いの両親に紹介して結納を交わしますが、この時点で、やっと婚約が成立すると思っている人も多いのではないでしょうか。

結婚の前に行う婚約ですが、歴史的にも法的にも、とても重要なものですので詳しく知っていて損はないと思いますよ。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 16 =