高速道路の深夜割引とは?時間帯や条件を公開!休日は?

車を運転している人の中には、目的地へ早く着くために、一般道路を利用するよりも高速道路を利用することもあるかと思います。

でも、高速道路を利用するにあたって、条件にもよりますが、実は割引で利用することもできるのです。

とは言いつつも、実際に割引で利用するにはどうしたらいいのか、深夜割引とは時間帯によって受けられる割引なのか、また、休日も割り引かれるのか、といった疑問も出てくるのも自然な事かと思います。

そこで、そういった疑問に応えるべく、色々とご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

深夜割引とは時間帯によって受けられる割引なの?条件は?

高速道路を割引で利用する条件。その条件とは、ずばりETCを利用することです。

ETCとは Electronic Toll Collection Systemの略で、高速道路の利用において、料金所を通ることなく、車内に備え付けた機械によって自動的に支払者の個別認識がされ、料金が徴収されるシステムです。

ETCでの割引には主に、休日割引と深夜割引の二つがあります。

なお、深夜割引の時間帯は0時から4時まででして、すべての車種が適用されます。

休日割引は終日割り引かれます。割引率はなんと30%です、とてもお得なのですね。

他にもあった、割引の対象日時

ETCを導入すれば高速道路の割引料金を利用できると申しましたが、実は深夜、休日のほかにも割引制度があるのです。

それが平日朝夕割引です。これはETCマイレージサービスに登録された方限定なのですが、対象日時は、平日朝6時~9時、夕17時~20時、の時間帯で割引が適用されます。

ETCマイレージサービスとは、事前登録しておくと、利用に応じてポイントが付与されるサービスです。

そして対象道路は、東京・大阪近郊の区間を除く地方の地域です。また、利用回数に応じても還元額が異なるのです。

東京、大阪近郊が除かれているのは、交通量、及び利用者が多いため、割引を実施しなくても収入が安定しているためだと言われています。
【スポンサードリンク】

高速道路と自動車専用道路の違いは?

高速道路と自動車専用道路の違いは、一体何でしょうか。

どちらとも一般道路と比べて、速く走行できますが、大きな違いは最高速度や料金です。

高速道路は、全国にネットワークを張り巡らせて広域的に走行するために造られ、交差点などはなく、インターチェンジから出入りします。

その一方、自動車専用道路は、地域間の交通体系で、車をスムーズに走行させるために造られたものです。ですから、距離は比較的短いですね。

高速道路の最高速度は、普通乗用車では100㎞、最低速度は50㎞と決まっています。

自動車専用道路の最高速度は、速度標識がない場合、一般的に60㎞と定められていますが、中には、70㎞、80㎞に引き上げられている区間もあります。

割引制度の恩恵を受けている運送業界

運送業界は、深夜においても高速道路を利用しているので、割引制度がある事は、とても有り難いことかもしれません。

運送業界のうち、物流業は、景気回復により個人・法人を問わず輸送量は増えていて、特に、インターネット通販による個人物流量の増加が著しい状態です。

一部の業者は日時指定配達制度を設けていることなどにより、高速道路の利用の頻度がとても高く、一定の基準を満たせば、高速道路において大口・多頻度割引があり、深夜割引と併用しているところもあります。

高速道路を利用しての休日の過ごし方

ドライブが好きな方は、休日に高速道路を利用して、どこかへ遊びに出かける人も多いことでしょう。

休日割引料金が適用されると、30%料金が安くなるので、なおさらその思いが強くなるのではないでしょうか。また、高速道路で走行すること自体に、醍醐味を味わう人もいるでしょう。

例えば、郊外のアウトレットモールまでドライブに行くと、平日の駐車場は、それほど込んではいないのですが、土曜・日曜・祝日となるとカップル、家族連れなどの買い物客がたくさん来て、賑わっています。

イベントも時折催されていて、パークとしての意味合いを併せ持つ、楽しい商業施設ですのでドライブには最適の場所かもしれませんね。

まとめ

高速道路の利用者の中で、料金割引を適用している人は年々多くなっています。

特に物流業界は、品物を全国各地にくまなく運ぶ必要があるので、高速道路は必要不可欠です。

大手物流業社にとっては、深夜割引のほか一定の水準を満たせば、いろいろな割引制度があるので、その分コストを下げられるメリットがあります。

また、個人の割引料金に目を転じると休日割引があり、それを有効利用していろいろな場所へ行っている人がたくさんいることでしょう。

こういった現象を目の当たりにすると、高速道路の利用と、割引制度は今後ますます切っても切れない関係になってゆくことは必至ですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 16 =