降水量が1mmってどれくらい?目安や定義、測り方を解説!

梅雨や台風の時期、気になるのは雨の予報ですよね。

降水確率に関してはこちらのページで詳しく解説いたしましたが、では、降水量が1mmってどれくらい

という疑問は持ちませんか?1mmってすごく少ないように思えます。

今回は、降水量の定義や測り方、大雨の警報や注意報が出る目安などをご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

降水量の定義

降水量とは、降った雨がどこにも流れ去らずにそのまま溜まった場合の、水の深さのことです。

例えば、1時間に降水量80mmとは、降った雨が流れずにそのまま溜まったとき、1時間で8cmの水深になるということです。

8cmと言うと1時間で足首くらいの高さまで貯まるので、相当な雨だということが分かりますね。

日常的に用いる降水量は、だいたい1時間あたりのものを表します。

降水量の測り方

降水量は雨量計と呼ばれる機器を用いて測ります。

日本全国に約1300箇所ある、無人観測施設「地域気象観測システム」アメダスにて、

ろうと型の直径20cmほどの受水器で降水を雨量計に導いて、その量を測り、降水量としています。

寒冷地用の雨量計の場合は、ヒーターで雪やあられなどを溶かして測定するので、正確な測定ができるみたいです。

つまり、降水量とは雨だけでなく雪の量も含むということです。

1mmってどれくらい?

降水確率とは、特定の区内で一定の時間内に1mm以上の雨(または雪)が降る確率だと別のページで解説いたしましたが、

では、この降雨量1mmとはどのくらいの量なのでしょうか。

人が立っている範囲を50cm×50cmと仮定すると、そこに1時間で50cm×50cm×0.1cm=250㎤の水が降ってくるということになります。

コップ1杯強くらいの量ですね。

コップ一杯の水(ペットボトル半分)を頭の上からかけられると思ってください。

そう考えるとなかなか降っていると感じると思います。

一般的には「傘が必要かな?」と思う雨の量が、1時間の降水量1mmだそうです。

しかし、気象庁は、小数点以下を切り捨てますので、降水量1.0mm~1.9mmまでの範囲は全て1.0mmと表します。

1時間の降水量が2mmとなると、近くのコンビニに行く時でも傘を差さないと気持ち悪いレベルになります。

1.9mmも2mmもあまり変わらないのに、気象庁の発表では1.9mmは1mmとされてしまうので、そこには要注意です。

【スポンサードリンク】

大雨注意報・大雨警報の目安

雨の強さによって呼び方が決められているというのはご存知ですか?

気象庁では、1時間当たりの降雨量が10mm~20mm未満の雨を「やや強い雨」、

20mm~30mm未満のものを「強い雨」といったように、天気予報で使う雨の強さに関する用語には一定の基準を設けています。

「強い雨」となると、体感ではどしゃ降りです。屋内で眠っていても、半数の人が雨と気づくレベルだそうです。

30mm以上になりますと、道路が川のようになり、車が走行時、車輪と路面の間に水膜が生じ、ブレーキが効かなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起きるようになるといいます。

地域によって少々の差異はありますが、

20mm~40mmで「大雨注意報」、40mm~60mmで「大雨警報」が発令される目安となっているようです。

最大1時間降水量の記録

日本での、最大1時間降水量の記録はどのくらいなんでしょうか。

気象庁が、各地点の観測史上1位の値を使って作成したランキングによると、

1982年7月23日に長崎県長浦岳地点と、1999年10月27日千葉県香取地点で観測された153mm、が

同率で1位だそうです。

また、気象庁の管轄以外では、1982年7月23日の長崎大水害の際に長与町の町役場で 記録された187mm

現在の1時間降水量の日本記録だということでした。

80mm以上で「猛烈な雨」と呼ばれるのに、その倍以上もなるこの量は、想像もつかないですね。

日常的に使う雨の表現

数時間続いても雨量が1mmに達しないくらいの雨を「小雨」

1時間あたりの降水量が3mm未満の雨を「弱い雨」など、日常的に降る量の雨の表現は、知っておくと便利です。

天気予報で使われる表現なので、見たり聞いたりした際に、より分かりやすくなります。

「雨が強くなる」というのは「強い雨」が降るようになることを指しているので、

1時間に20mm以上30mm未満の雨が降るおそれがあるという意味になるということですね。

まとめ

一般的に「降雨量」というと、1時間あたりどれくらいの量の雨が降ったかを深さで示します。

1時間の降水量が1mmを超えると、傘が必要なレベルです。

天気予報で使われる雨の強さの表現は、基準があるので覚えておくと便利ですよ!

降水確率とは?わかりやすく解説!50%だとどうなるの?

2017.09.15
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =