唇の乾燥の原因と治す方法は?夏でも荒れるのはなんで?

唇の乾燥は男女ともに乾燥してカサカサしてしまいますよね。

特に女性は、唇が乾燥して荒れてしまうと皮がむけてリップが取れてしまいます。

なぜ、唇が乾燥してしまうのかその原因を考えたことはありますか?

冬なら乾燥しそうですが、夏でも荒れるのにはある原因があったのです。

唇の乾燥の原因と治す方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

唇の乾燥の原因

唇が乾燥してしまう主な原因は、水分不足が原因です。

外が乾燥していても、体内の水分が不足してしまうと唇は乾燥してしまいます。

室内での乾燥は、加湿器で対処できますが、外の乾燥をどうにかするのは難しいですよね。

だからこそ、体内の水分だけはたっぷりと補給できるようにしましょう。

特に唇を舐めてしまうクセがある人は注意が必用です。

どうしても、唇を潤いを与えないといけないという精神が先走ってしまうのですが…

唇を舐めてしまうと、唾液が唇について、唾液が蒸発するときに水分とともに蒸発してしまうのです。

なので、唇を舐めたからといって唾液で潤うことはありません。

更に、緊張している時や体調不良のときも唇は乾燥しませんか?

特に、緊張しているときは、無意識に唇を舐めてしまうことがあるのだと思いますが、それだけではありません。

なぜなら、人間の内臓部分が皮膚に影響するからです。

食生活が乱れると唇にも影響してくることになります。

刺激物が好きな人は気をつけてください。

【スポンサードリンク】

夏でも荒れるのはなんで?

水分補給のしやすい夏場でも、こまめに水分を補給しなければ、季節は関係なく乾燥します。

上記でもお話したように、体内の水分が不足していると、唇は乾燥してしまうからです。

特に夏場は、紫外線を浴びることで唇が乾燥し、荒れてしまいます

夏は、乾燥に対して注意を払っていないことが多いので夏こそ意識が必要です。

夏場の睡眠時にも気を付けたほうが良いことは、摩擦です。

無意識にうつ伏せ状態で寝ていると唇に摩擦が起こり、荒れやすくなります

摩擦には気を付けて寝るように心がけましょう。

唇の乾燥を治す方法

まず、唇を舐めるクセがある人はすぐにやめましょう。

食事時に、唇を拭く際にも、刺激を与えないように優しく拭くことを心掛けてください。

唇が汚れたままだと荒れてしまいますが、汚れを落とす際にも、摩擦が起きないように、刺激を与えないように注意しましょう。

それだけ唇はデリケートな部分なのです。

そして、もっとも基本的なことで、重要なのが唇を乾燥させないことです。

こまめな水分補給と薬用リップを塗ることを男女ともに意識することが大事です。

リップを塗るときのポイントは、縦に塗ることです。

なぜかというと、唇をよく見てください。

唇には、縦の線ができています。

なので、縦に塗ることで、摩擦を防ぐことができるのです。

なるべく落ちやすいリップは避けて、長時間塗り直しをしなくてもいいようなリップを選ぶことも大切です。

最近では、唇専用のパックもあります。

定期的に唇だけのパックでケアをしてあげるとより荒れることはなくなります。

パックだけではなく、唇に保湿を心掛けることで乾燥はしなくなります。

まとめ

女性だけではなく、男性も唇が荒れているだけで印象は下がってしまいます。

唇がなぜ乾燥するのか原因を知れば、意識はそれだけ高まります。

唇はとてもデリケートな部分ではありますが、唇を乾燥させないこと・水分補給をこまめに取ること・摩擦を起こさないように意識すること・定期的に唇パックや保湿をするようにするだけで唇が荒れることはグッと少なくなります。

特に、夏場は乾燥に対して注意を払っていないことが多いので夏こそ意識が必要です。

唇が荒れたからといって、唇の皮をむくようなことは絶対にせずケアをしてみてくださいね。

もちろん、冬も白湯などの温かいもので良いので水分補給が大事ですが、夏こそ意識しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − three =