口笛の吹き方のコツ!簡単に音程を調整して高音を出すには?

普段何気なく口笛を吹いていますが、口笛の吹き方も工夫をすれば、高音にも低音にもなります。

口笛の世界チャンピオンもあり、チャンピオンは普段から口笛を吹いていたこともあり音域があがり安定した音を出せるようになったそうです。

しかし、口笛を吹けない人ももちろんいますよね。

今回は、誰でも口笛を吹けるようになる吹き方のコツ簡単に音程を調整して高音を出す方法をご紹介します!

【スポンサードリンク】

口笛の吹き方のコツ!

誰でも口笛を吹けるようになるコツをステップごとにご説明いたします。

まずは、ステップ①です。

舌の位置を確認してみましょう。

口笛の吹く大前提の部分は、舌です。

口笛を吹くコツには、舌が大きく関係しています。

舌の位置は、下の歯の前歯です。

そこに舌をおきましょう。

次にステップ②です。

口笛の音は、「ひゅ~」と鳴りますよね。

実際に口笛を吹いているつもりで「ひゅ~」と声に出してみましょう

そして最後にステップ③です。

口の形をつぼめましょう。

おちょぼ口にして、ステップ①と②を合わせてやってみてください。

何回も繰り返し行うことで、コツがつかめると思います。

コツを掴めば、少しずつ口笛の音が出てくるようになるでしょう。

簡単に音程を調整して高音を出す方法

口笛の音程は、なかなか自由に出すことは難しいですよね。

しかし、口笛の音程を調整して高温を出す方法は、全て舌にかかっています

舌を上下に動かしてみてください。

動かしながら、上記でも説明したように「ひゅ~」と声に出してみましょう。

上あごにつけるように、舌を上げて「ひゅ~」と口をつぼめながら声に出すと分かります。

低音を出すときは、「ほぉ~」と低めに声を出すと低くなります。

その逆をするイメージをしてみてください。

高音を出すイメージをすれば簡単に音程を調整して高音が出るようになります

【スポンサードリンク】

上手く口笛が吹けるかは唇と舌にかかっている

唇をつぼめること、舌を上下に動かして音程を調整することができればすぐに上手く口笛を吹けるようになります。

口笛を吹けない人は、鏡を見て自分の唇がちゃんとすぼめているか(唇を突き出すようなイメージ)を確認してください。

熱いものを「ふーふー」とするときより、口笛を吹くときは舌の位置が違います。

口笛が上手く吹けない人は、舌の位置が間違っているかもしれません。

「ふーふー」と音の出ない口笛をしている人は、一度そのまま舌を動かしながら、「ひゅ~」と声に出してみてください。

吹けるようになっているはずです。

高音も簡単に出るようになります。

まとめ

口笛は誰でも簡単に吹くことができます。

口笛が吹くことができない人はまずはステップ通りに行ってみてください。

口笛を吹けるかどうか、高音・低音を出せるかどうかは全て舌にかかっています。

舌を上下に動かし、試してみるとよくわかります。

上あごにつけるように、舌を上げて「ひゅ~」と口をつぼめながら声に出すと高音になります。

低音を出すときは、「ほぉ~」と低めに声を出すと低くなるのです。

音程を調整したいときは、頭の中でイメージをして行ってみてください。

イメージをすることも重要になります。

熱いものを「ふーふー」とするときより、口笛を吹くときは舌の位置が全然変わってきます。

口笛が上手く吹けない人は、舌の位置が間違っているかもしれません。

「ふーふー」と音の出ない口笛をしている人は、一度そのまま舌を動かしながら、「ひゅ~」と声に出してみてください。

誰でも簡単に口笛を吹けるようになっているはずです。

高音が出ない人は、まず「ほぉ~」と低めに声を出してみて、徐々に高く高音を出すようにしてみましょう。

練習をしていくうちに、口笛が吹けない人は、吹けるようになります。

音程を調整できなかった人も、続けることでいつしか調整できるようになるのです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =