リラ冷えとはどんな意味?季語でも使われている?

「リラ冷え」という言葉をご存知ですか?

これは、北海道のある特定の気象現象を指す言葉で、「失楽園」などで知られる直木賞作家の故・渡辺淳一作「リラ冷えの街」で有名になりました。

聞きなれない言葉ですが、なんと、俳句の季語としても用いられることもあるんです。

今回はこの「リラ冷え」について、意味はもちろんのこと、語源やその他関連事項についてもご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

リラ冷えと北海道の関係とは?その意味を解説

まず、リラ冷えの「リラ」とは何かが気になりますね。

ここでいう「リラ」とは、ライラックを指した言葉です。

リラ:フランス語名 lilas
ライラック:英語名 lilac

ライラックとリラ、どちらも同じ花を表した言葉で、ライラックは英語、リラがフランス語なのです。

和名では「ムラサキハシドイ(紫丁香花)」というそうです。

紫色のきれいな花ですので、画像はタイトル画像を見てみてくださいね。

では、肝心の「リラ冷え」とはなんでしょうか?

初夏をひかえ暖かくなる5月末くらい、本州ではそろそろ夏の気配が感じられる頃ですが、北海道ではこの時期、急に冷え込むという気候の変化があります。

これがリラ冷えです。一種の寒の戻りといえます。

本州で寒の戻り現象が起こるのは、だいたい4月頃、桜の季節であり、これを桜と結びつけて「花冷え」と言います。

リラ冷えも「花冷え」で良いのでは?という考え方もあるかと思いますが、その時期の違いからは、花冷えと区別した言い方・概念が生まれるのも納得できます。

渡辺淳一の『リラ冷えの街』

「リラ冷え」という言葉が広まったきっかけとなったのが、北海道出身の作家・渡辺淳一さんが1971(昭和46)年に発表した小説『リラ冷えの街』(河出書房新社)のヒットです。

この小説は大変好評でした。

札幌を舞台とした小説ということも手伝って、リラ冷えという言葉は北海道内に広く知られていったのです。

【スポンサードリンク】

「リラ冷え」は季語として使える?

ただし、リラ冷えは渡辺さんの造語ではありません。

筆者の渡辺さん自身が、「リラ冷えのころ」というエッセイの中で、辻井達一さんの「ライラック」という著書で紹介されていた句に「リラ冷え」が使われていたことを述懐しています。

句の作者は、北海道出身の俳人・榛谷美枝子(はんがいみえこ)さんでした。

そもそも最初に文学的に用いられたのが、季語としてだったというわけです。

問題の、「ライラック」に掲載された句とは、

 リラ冷えや十字架の墓ひとところ
 リラ冷えや睡眠剤はまだきいて

というものでした。

これを紹介した辻井達一さんという方は、北海道大学農学部の先生だったそうで、ライラックの研究者という視点から、見事にこれらの句を発見し、紹介したのだと思います。

ともあれ、「リラ冷えの街」刊行以後、リラ冷えは春の季語として定着していきました。

冷えるとは言っても、冬の季語ではないので注意が必要ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

本州に住んでいるわたしには馴染みの薄い言葉だった「リラ冷え」ですが、実はもう立派な日本語として確立していると言っていいほどに、永く使用されてきたことがわかりました。

リラ冷えをはじめて世に出したのは、辻井さんによる「ライラック」でした。

しかし「ライラック」では、辻井さんはこの榛谷さんの句に特筆を残しておらず、これに敏感に反応したのは、やはり渡辺さんであるといえます。

もしも渡辺さんが、この榛谷さんの句を気に留めていなかったなら、リラ冷えという言葉が今ほど一般に知られることはなかったかもしれないと考えると、リラ冷えに着目した渡辺さんの作家としてのセンスに改めて脱帽しますね。

リラ冷えという新しい語句のエッセンスを上手に汲みとって、そのエッセンスを活かした小説をたくみに書き上げた渡辺さんによって、リラ冷えは市民権を得たのだといえそうです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 − one =