まぶたが痙攣する原因は?右目も左目も!とまらない時の治し方!

あれ、まぶたがピクピク痙攣し始めた・・・なにこれ?って思ったことはありませんか?

まぶたの痙攣とは、目の周りの筋肉がピクピクと痙攣することです。右目や左目など片目だけに起こることもあれば、両目に起こってしばらく治らないこともあります。

まぶたの痙攣はなぜ起こるのでしょうか?

その原因と、まぶたの痙攣がとまらないときの治し方や対策について、解説します。

【スポンサードリンク】

まぶたの痙攣の原因

実は一時的なまぶたの痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが圧倒的に多いのです。ですから、あまり心配しすぎず、疲れているサインだと思って、まずはゆっくり休養をとることが大切です。

ただし、まぶたの痙攣が長く続く場合は、一度病院で見てもらいましょう。

右目か左目の片方だけのときは眼瞼ミオキミア

まぶたの痙攣が一時的で、右目だけ、左目だけ、という場合は、眼瞼ミオキミアである可能性が高いです

眼瞼ミオキミアは、まぶたの一部が自分の意思とは関係なく一時的にピクピクと痙攣します。通常は片目だけに症状が現れます。

原因としては、スマホやパソコン、読書やあるいはゲームなどで目を長時間酷使したためであったり、ドライアイ・睡眠不足などが原因でまぶたが痙攣することが考えられます。また、ストレスによって顔面神経が興奮し顔の痙攣が起こり、結果としてまぶたの痙攣が起こることもあります。ストレス性のものは女性が多く、特にまぶたの痙攣はそのほとんどが若い女性であるようです。

長時間とまらないときは眼瞼痙攣かも

眼瞼痙攣とは、目の周りの筋肉が痙攣したり、まばたきがうまく出来なくなったり、眼が開けにくくなる病気です。初期症状としては、「まぶしい感じ」や「眼が乾いてショボショボする」「まぶたがピクピクする」などがあります。

通常は両目に症状が起こりますが、左右で程度に差があることもあります。

発症の原因については、まだ完全には解明されていません。「脳神経になんらかのトラブルが起きている」という説や、「眼瞼炎などのまぶたや角膜の病気が刺激を与えたことによる症状」「抗うつ剤や睡眠薬など、別の病気のための薬によるもの」というケースが報告されています。

治療は症状を抑える対症療法が中心となります。

【スポンサードリンク】

まぶたの痙攣の治し方

まず、まぶたの痙攣が、睡眠不足や眼精疲労でない場合は、眼科専門医で診てもらうことをおすすめします。
疲れやストレスだろうなぁと思う場合は、次の方法で治すことが出来ます。

一番の対策は、目をしっかりと休めることです。

スマホやパソコンなどをよく見ている方は、距離を置いてみましょう。普段からよく痙攣するなら、定期的に目を休めることを心がけます。遠くを見たり、目を動かして緊張を和らげてあげると良いです。その際は、しっかりまばたきをしましょう。

目を温めることも効果があります。
42℃のシャワーで目の周囲を温めると、目の疲労回復に効果があるそうです。シャワーの熱がまぶたの裏の筋肉に伝わることで、目の疲れを癒やす効果があるようです。

蒸しタオルでも目を温めることが出来ます。小さめのハンドタオルを濡らして、電子レンジで30秒~1分ほど温めれば簡単にできますね。その際、同時にマッサージをすると血行を良くします。

まぶたの痙攣を起こさないための対策は?

普段から疲れによるまぶたの痙攣がよく起こるという方は、以下のことを見直してみましょう。痙攣が抑えられるかもしれません。

・スマホ・パソコン環境の改善

スマホやパソコン、テレビなどのディスプレイを眺めている時間が多いと、目に負担をかけてしまい眼精疲労が起こってしまいます。目安として一時間に一回は休憩を取りましょう
遠くを見たりするだけでも目は休まり、疲れ目の解消にもなります。休憩と同時に肩や腕をまわして緊張をほぐすと目も休まりますので、全身の筋肉を動かしてあげましょう。

・眼鏡やコンタクトレンズを見直す

目に合わないコンタクトレンズや眼鏡をしていませんか?目に合わない場合、疲れ目をおこし、肩こりや頭痛も引き起こしてしまいます。また逆に、眼鏡やコンタクトをする必要があるのに、視力を矯正しないでいることはあまりよくありません。
眼鏡やコンタクトが合わないと感じている方や、視力が足りなくて目が疲れる方は、眼科で検診を受けましょう。

まぶたの痙攣の解決方法はみつけられましたか?あまり心配しすぎず、まずはゆっくり休養をとってみましょうね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 5 =