無添加とは?意味は?食品や化粧品、砂糖がどういう状態?

無添加とは何を意味しているか知っているでしょうか。よく目にしたり耳にはしますが何かと説明を求められたら困る人の方が多いかもしれませんね。

添加物は危険だとか身体には良くないと言われたりするので実際にそう思っている人がいても不思議なことではありません。添加物が危険だと指摘する人や団体は今もよく見かけるので不安にもなります。

しかし、添加物というのはそんなに単純なものではないことがわかっています。

食品の添加物や化粧品の添加物とはどんなものなのか無添加というのは本当に安全で良いものなのでしょうか。

さらに砂糖についても触れてみたいと思います。砂糖が添加物と同じようなものだと言われたらどう思うでしょう。さらに加工時に添加物が使われています。しかし、砂糖は添加物には当たらないのです。これはどういう意味でどういう状態なのでしょうか。

【スポンサードリンク】

無添加とは?どんな意味なのか

無添加というのは、特定の物質が使われていないこと、天然には存在していない化学合成物質を表すもので食品や化粧品、医薬品などによく使われています。無添加の表示をよく見かけるのはそのためです。

添加物というのは、食品の場合は製造して加工、保存を行うときに使われる物質でそれらは甘味料や香料、着色料、保存料、酸化防止剤などがあります。

無添加食品とは食品添加物に分類、または合成添加物が使われていない食品のことをいいます。驚くことに無添加は、どれが無添加なのか実のところはっきりしていない、あいまいな区分けが行われています。もちろん正式な決まりはあるんですが。

食品や化粧品の添加物とは?

添加物といえば食品や化粧品でよく見かけるものですね。食品の場合は食べ物を作る過程において加工や保存の為に使うのが添加物です。それは調味料だったり保存料、着色料のことをいいます。

各国違いますが日本では安全や有効性を確認をした「指定添加物」、これは厚生労働大臣が指定をします。「既存添加物」は、昔から使用されてきた天然の添加物で、そのほかには「天然香料」、「一般飲食物天然飲料」と分類されています。

化粧品は微生物やカビが繁殖しやすく、そのままだと雑菌などが繁殖した化粧品を使ってしまうことになり肌が荒れたりしてしまうので添加物は必要不可欠になります。パラベンはよく使われる防腐剤として知られています。

無添加の方が良いの?

添加物は食品、化粧品などに含まれていることは多くの人が認識していますが、添加物が身体に良いものではないことも誰もが知っていることではないでしょうか。しかし、添加物が本当に身体に悪いのなら使用はやめるべきなのに現在も使われています。

腐敗防止や加工に有効であることと安全性の確認がされているので添加物が使われていても安全だと考えられているので極端に恐れる必要はないのです。パラベンは化粧品に使われる場合には1%までと決められています。

反対に無添加のイメージは、安全で理想的なものなんだと思っていませんか。確かに何も余計なものが入っていないのは良いことのように思えます。しかし、添加物を使用していないと腐敗が高まり食中毒の可能性も高くなります。保存料を使用しなければ食卓に上ることもできない食品もあるほどです。これは化粧品にもいえることで腐敗をしてしまっては、かえって身体に悪く意味がなくなってしまいます。

【スポンサードリンク】

砂糖は添加物!?どんな状態を無添加というのか

添加物とは食品衛生法では、添加物の定義として食品の製造している間や加工したり保存するために食品に加えたり混ぜたりするものです。

誰もが毎日、食事をしますが食品の中には砂糖や塩、醤油、味噌など食べ物に味をつけたり保存をするために利用するものがあります。これらはそのものを食べたり飲んだりするわけではないので食物添加物ともいえます。アメリカでは砂糖や塩も食品添加物として扱われている現実があります。無添加というのは実は、あいまいなものだということがわかります。

さらに砂糖は、製造の過程で食品添加物のイオン交換樹脂や水酸化カルシウムなどを使用します。しかし、パッケージには記載されていません。食品添加物は最終的に取り除かれるので無添加の状態だといえるからです。

さいごに

1960年代に添加物による深刻な事故や事件が立て続けにおこりました。そのせいもあり添加物には恐れと不信感が常につきまとっているかもしれません。さらに危険を警告するような本や雑誌などもあり添加物はいつの間にか悪者になったようにも思えます。

しかし、砂糖や塩、味噌が添加物とは扱われませんが、それと同じようなものだと思うと添加物に対してなんだか親しみを感じませんか。いたずらに添加物を恐れる必要もなく無添加に対して絶対に安全だと思うことも正しいことではありません。大切なことは、しっかりと安全に対しての認識をもつことなのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 5 =