涙もろいのを治す方法!原因と理由を知って改善!

涙もろくて困ったことはありませんか?

テレビを見て感動したり、切ないシーンで涙を流したり、年を取れば子供や孫の成長を見て涙することもありますよね。仕事がつらくて、帰宅してから思わずホロリ・・・という方もいると思います。

泣きたいときには泣くのが一番、それが心身ともにいいのですが、時には「ここでは涙を見せてはいけない」と感じる場面もあるかと思います。

そこで今回は、涙もろくなる原因と理由、涙もろいのを治す方法や、涙もろさを改善するにはどうしたらいいのかをご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

3種類の涙の性質、涙もろい原因となるのはどれ?

涙には大きく分けて3種類の性質があります。

一つ目は、基礎分泌。これは、眼球を水分で保護するためにつねに少しずつ分泌されている涙です。瞬きをすることで目の乾燥を防ぎ、潤すことで眼球や網膜を保護し、ゴミやホコリなどの異物を外へ排出される働きを持っています。

二つ目は、刺激性分泌です。外部からの強い刺激で、反射作用で流れる涙です。大きなゴミが入ってきたときや、何かが目にぶつかってきたとき、またタマネギを切ったときにも、この刺激性分泌が行われ、比較的大量の涙が分泌されます。

三つ目の情動性分泌が、涙もろいことに大きく関係しています。嬉しい時や悲しい時などの、感情が大きく揺さぶられたときに溢れてくる涙です。個人差があり、自分の意思ではどうにもならない時もありますが、ほかの涙と違い、ある程度コントロールすることは可能だと言われています。ですから、涙もろいのを治す方法は、いかにこの情動性分泌をコントロールできるかにかかっています。

涙もろくなる理由

生まれつき涙もろい方もたくさんいると思いますが、年にをとるにつれてだんだん涙もろくなったという方も多くいるのではないでしょうか。

家族や友人、仕事関係などの様々な人間関係を通して、多種多様な人生経験を積んでくると、人の話やテレビのストーリー、または本の内容でも感情移入しやすくなり、涙が出やすくなってしまうのです。

ほかにも涙もろくなる理由として、自律神経の乱れも原因となります

自律神経とは、交感神経と副交感神経がシーソーのようにバランス良く働いていますが、何らかの原因で興奮や覚醒を司る交感神経が働きすぎると、副交感神経を働かせるために涙が出ることがあります。副交感神経はリラックスや安眠を促すのです。涙をおもいっきり流した後、なんだかスッキリした気分になるのは、この副交感神経がうまく作用したためです。

【スポンサードリンク】

涙もろさを改善するには

自律神経の乱れによる情緒不安定的な涙もろさは、精神的ストレスを抱えていることが一番大きな原因です。自覚はなくても、仕事や人間関係で少しずつストレスをためてしまうと、自律神経が乱れてしまいます。また、鬱や自律神経失調症でも、やはり自律神経に乱れが起きて涙もろくなることがあります。

自律神経を整えるためには、まず睡眠を十分に取ることです。可能であれば、就寝時間と起床時間も決まった時間にするとよいでしょう。また、日常で運動不足だと自律神経が乱れやすいので、まったく運動をしない方は、散歩やストレッチなど、最低限の運動をしましょう

ストレスがたまっている方は、こまめに発散していきましょう。自分なりのストレス解消法があれば迷うことなく実践しましょうね。疲れたら休んだり、好きなことに没頭したり、それこそ、泣けるときには思いっきり泣く、これが一番です。

生まれつき涙もろい方や、年をとって涙もろくなった方のように、自律神経とは関係のないところで涙もろい方には、応急処置的な、涙が引っ込む方法がありますので、以下でご紹介します。

涙もろいのを治す方法!涙が引っ込む?

泣いてはいけない場面で涙が出そう・・・大人であればそういった状況にでくわすこともあります。

そこで簡単でこっそりできる、応急処置的な涙が引っ込む方法をお教えします

顎や目を上げて、上を見る
顎を上げて上を見ると、分泌された涙が目の奥に引っ込み目から溢れるのを押さえます。視線を上に向けるだけでも涙を抑える効果があります。

舌に刺激を与える
人間は、舌に刺激を与えると涙が分泌されづらくなるそうです。口を閉じたまま舌先をそっと軽く噛めば、人に気づかれることはありません。飴をなめたり炭酸飲料を飲むのも舌に刺激を与えるので効果があります。

緊張している神経をほぐす
ゆっくりと深い深呼吸を続けると、緊張している神経をほぐし、涙が治まる傾向があります。また、手をぎゅっと握っては開くというグーパーの仕草を続けると、これもまた神経をほぐし、手先に意識を向けることが出来ます。

涙もろいのを治す方法はおわかりいただけましたか?

自律神経を整えることで涙もろさを抑えることが出来、またとっさの涙に対処する方法もご紹介しました。ただし、泣けるときには思いっきり泣いておくのが健康にもいいいので、無理に涙を我慢して余計ストレスをためないようにご注意くださいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =