寝言に返事はしたらダメ?理由と危険性を解説!

「寝言に返事を返すとその人が死んじゃうんだよ」
なんて言われたことはありませんか?

寝言に返事をすると寝ている人が死んでしまうとか、悪いことが起こってしまうとか、よく耳にしますが、それは真実なのでしょうか?

それでも、家族が面白い寝言を言っているとき、思わず話しかけてしまったリすることはありますよね。うなされていたら起こしてあげたくもなります。

しかし、寝言に返事をしてはいけないというまるで都市伝説のような話が、広く世間に広まっているのは、きっとなにか理由があるはずです。

なぜ寝言に返事はしたらダメなんでしょうか?その理由と危険性を、調べてみました。

【スポンサードリンク】

そもそも寝言がでる理由

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があり、これを順番に繰り返しています

レム睡眠とは、体が休んでいるのに脳は活動している状態です。つまり浅い眠りの時で、このときに人は夢を多く見ると言われています。この夢を見ているときに、寝言がでるのです。

ノンレム睡眠とは、体も脳も休んでいる状態です。じつはこのときも寝言はでます。ノンレム睡眠の寝言は、日常生活の出来事に関連する寝言が多く、怒りや悲しみなど負の感情が寝言に現れやすいと言われています。

寝言に返事はしたらダメ?その理由と危険性とは!

多くの寝言はレム睡眠時に起こることが多く、寝言に返事をしてしまうと脳がさらに覚醒してしまう危険性があります。体が休んでいる状態で脳が覚醒すると、脳や神経に疲労が生じます。

寝言に返事をすると意識下ではそれに気づいているため浅い眠りとなってしまい、睡眠の質を落としてしまうのです。

一方ノンレム睡眠の場合は眠りが深く脳も眠っているため、話しかけたとしても本人が認識することはないとされており、それほど良くないとは考えられていません。

しかしどちらの場合でも、寝言に返事をすることで睡眠の質を落とす危険性があるので、返事をしてあげたい寝言の場合でも、そっとしておいてあげましょう

【スポンサードリンク】

なぜ都市伝説になったの?その真実とは

昔の人は、眠っている時は魂が抜けている状態であると考えており、睡眠中に話しかけると魂が外に出たまま戻ってこられなくなるという言い伝えがありました。

また、寝言を言っているときは、寝ている人の近くに霊が来ていて、その霊と会話しているのだ、という言い伝えもあり、寝言に返事をすると霊との会話の邪魔をしたことになり、霊が怒って眠っている人の魂を奪い去ってしまうのだと考えられてきました。

このような言い伝えに加えて、上述したような科学的根拠が合わさって、都市伝説のように広まったのでしょう。

言い伝えに関しても、実際に昔から、睡眠中に話しかけられた人が具合が悪くなったり病気になったりしたからこそ、長く言い伝えられてきたのだといえるでしょう。

寝言がひどい場合は病気である危険性も

寝言に返事をされることで体調を崩してしまう可能性があることはわかりましたが、そもそも寝言自体が病気の前兆である危険性もあります。

睡眠時無呼吸症候群は、いびきと無呼吸状態が症状ですが、寝言が頻繁にでることもあります。

睡眠時無呼吸症候群の寝言ははっきりした言葉ではなく、不明瞭でうめき声に近いものがほとんどです。日本には200万人の潜在患者がいるとされており、寝言が多い方には注意が必要です。

寝言を言いながら体も動いている場合は、レム睡眠行動障害である可能性があります

レム睡眠行動障害は、全身の筋肉が弛緩せず、夢の中の行動を実際に現実でも行ってしまう病気です。寝ながら叩く、蹴る、など手足が動いてしまうのが代表的な症状です。ストレス過多により、悪夢を見やすくなっていることが多いようです。

このように、睡眠中に話しかけることは眠りを浅くし、睡眠不足から病気を引き起こす危険性があることがわかりました。また、寝言そのものも、病気のサインである可能性があるんですね。

眠っている人には、そっとしておいてあげるのが一番ですね!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + seven =