猫アレルギーの症状は?目のかゆみ、湿疹、咳は要注意!

猫に近づくと目のかゆみがでたり、手に湿疹ができたり、咳が出たり。
もしかして、猫アレルギー?と思ったことがある方も結構いらっしゃるかもしれません。

猫アレルギーってそもそもどういうもの?子供にどういう影響がある?
猫が身近にいる人や、これから猫を飼いたいと思っている人にとっては、大きな心配事だと思います。

場合によっては命に関わることもありますので、症状がひどくなる前にきちんと理解しておきましょう。

今回は、猫アレルギーの症状と注意点についてご紹介します

【スポンサードリンク】

なぜ猫アレルギーになる?

そもそも、猫アレルギーとは何でしょうか?

前提として、アレルギーのメカニズムを解説しましょう。

人間の体には、異物が入ってきた時にそれを排除しようとする免疫反応という仕組みがあります。そのうち、本来無害なものにまで過剰に反応するものをアレルギーと呼びます。

具体的には、異物を対外に放出しようと抗体が作られ、それが細胞と結合するとアレルギー症状の元となる科学物質が分泌されます。

その結果、くしゃみや鼻づまり、涙という形で、できる限り異物を体外に追い出そうという反応が出てくるのです。

猫アレルギーの場合は、猫の毛や唾液、フケ、毛についている埃やカビなどが異物として認識され、アレルギー反応が引き起こされる仕組みです。

では、猫アレルギーの症状とはどういうものがあるのでしょうか?

次項で代表的な症状を見ていきましょう。

目のかゆみ、湿疹、咳などの症状は要注意

・目
目の充血、かゆみ、涙がでる、まぶたの腫れ

・皮膚
猫に触れた皮膚が赤くなるなどの湿疹、かゆみ、腫れ

・咳
咳がとまらない、のどの痛み・かゆみ、鼻水やくしゃみ

咳は喘息発作に発展する可能性がありますので、特に注意が必要です。

また、症状が出ても慣れれば平気だろうと思っている人もいるかもしれませんが、慣れでは治りません。症状がさらに酷くなる場合がありますので、よく理解しておきましょう。

【スポンサードリンク】

子供はここに注意

両親ともにアレルギー症状が出ている場合、子どもの発症率は70%を超えるとも言われており、子どもに遺伝している可能性が相応にあります。

呼吸困難をともなうアナフィラキシーショックで命に関わる場合もありますので、特に注意が必要です。症状が現れた場合にはすぐに受診しましょう

尚、1歳までに犬や猫を飼っている家庭で育った子供はアトピー性皮膚炎にかかる確率が低かったり、アレルギー発生が少ないという論文が発表されています。乳幼児から一緒に生活していると抗体ができ、反応がでにくいこともあるようです。

猫アレルギーを疑ったら

上記の症状が認められる場合には、猫アレルギーかも知れません。

猫から離れる、近づかない、というのが一番の予防ですが、一度検査してみることをおすすめします。どういう時にどのような症状がでるのか、自身のパターンを認識しておけば、早めに対策を取ることができます。

しかし、猫を飼いたいと思っている場合には、アレルギーで近づけないとなると悲しいもの。

オスかメス、種類によって反応が出にくいということもあるようですので、症状があるけどやはり猫が飼いたいという方は、自分にとってアレルギー反応が少ない猫を探すのも一つの手です。

その他、カーテンを洗ったり、絨毯をやめるなど、こまめな掃除でだいぶ症状が治まる場合もありますので、無理のない範囲で取り入れてみてもよいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

自分の症状は猫アレルギーかもしれない。
そう思ったら、まずは一度検査してみましょう。

我慢していても治るものではありませんので、早めに自分の症状を認識しておくことがとても大切です。それが分かれば対策も取りやすくなり、色々な工夫をしていくことで生活がしやすくなります。

猫と適度な距離を保って、それぞれが快適に過ごしていけるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 15 =