ノンアルコールビールは飲酒運転になる?肝臓への影響は?

ビールが飲みたいけど、アルコールが入っていると酔っぱらってしまう…。

運転をする役目だから、ノンアルコールビールで我慢をしよう…。

そんなときに飲むのが、ノンアルコールビールですよね。

しかし、ノンアルコールビールは飲酒運転になるのかどうか気になりますよね。

そして、ノンアルコールビールだからといって、肝臓への影響は何も及ぼさないのでしょうか?

そんなノンアルコールについての疑問に迫ってみました。

【スポンサードリンク】

ノンアルコールビールとは

国によってアルコール分が異なりますが、日本でのノンアルコールビールは、アルコール分が0.05%以下のものを指します

アルコール分が0.05%以下であれば、ノンアルコールと言われてしまうんです。

そのため、ノンアルコールビールならば、未成年者でも飲むことができるように思えますが、注意が必要なのです。

まるで本物のビールを飲んでいる感覚になるほど、ビールの再現度が高いものまで数多くありますが、

飲む場合は、本当にアルコールが入っていないのか確認はするようにしましょう。

ノンアルコールビールは飲酒運転になる?

ノンアルコールビールならば、飲酒運転にならないと思われがちですが、ノンアルコールビールでも飲酒運転になってしまう可能性があります。

なぜならば、先ほど記したようにノンアルコールビールにもアルコール分が多少なりとも入っている可能性があるからです。

もちろんものにもよるのですが、アルコールが少し入っているノンアルコールビールをたくさん飲んでしまうと飲酒運転になる恐れがあります。

絶対にこのノンアルコールビールは、0%だという確信があるなら大丈夫ですので、ノンアルコールビールを選ぶ際には、アルコール分が0%、またはアルコール分が1%未満なのかをよく確認しましょう。

【スポンサードリンク】

肝臓への影響は?

ノンアルコールビールだからといって、肝臓へ負担はかからないのでしょうか?

特にアルコール依存症の人は、ノンアルコールビールを飲むこともあるかもしれません。

しかし、ノンアルコールビールだからといって、たくさん飲み過ぎてしまっては意味がありません。

もちろん、普通のアルコールビールよりは良いかもしれません。

しかし、過剰なノンアルコールビール摂取は、肝臓へ負担をかけることになるでしょう。

そして、医師に飲酒を禁じられている人は特に注意が必要なことがあります。

アルコールビールが飲めないからと、ノンアルコールビールを飲む人もいるかと思いますが、いくら0%のノンアルコールビールでも、意思が弱いと余計に飲みたくなってしまうという統計があります。

ノンアルコールビールの0%は、酔っぱらうことはないため、物足りなさはもちろんあります。

なので、アルコールを絶ちたい人はノンアルコールビールもやめるようにするのが一番の良い方法です。

まとめ

日本でのノンアルコールビールは、アルコール分が0.05%以下のものを指します。

まるでビールを飲んでいる感覚になるほど、ビールの再現度が高いものまで数多くあります。

しかし、それは本当にアルコールが入っていないでしょうか?

もしかしたら、ノンアルコールビールでも多少なりともアルコール分が入っているかもしれません。

よく確認をして、アルコール分が0%のものなのかを見ましょう。

ノンアルコールビールならば、肝臓に負担をかけないと思われがちですが、過剰なノンアルコールビール摂取は、肝臓へ負担をかけることになるでしょう。

医師に飲酒を禁じられている人は、アルコールビールが飲めないからと、ノンアルコールビールを飲む人もいるかと思いますが、いくら0%のノンアルコールビールでも、意思が弱いと余計に飲みたくなってしまうのです。

ノンアルコールビールの0%は、酔っぱらうことはないため、物足りなさはもちろんありますので、アルコールを絶ちたい人はノンアルコールビールもやめるようにしてしまいましょう!

飲酒運転は絶対にしてはいけません。

ノンアルコールビールを選ぶ際には、アルコール分が0%、またはアルコール分が1%未満なのかをよく確認しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × five =