薬をお茶で飲むとダメ?効果が変わる飲み合わせって?

病院で出される薬以外にも、ひき始めに飲む風邪薬やアレルギーの薬、痛み止めなど。

薬局での医薬品販売に関する規制の緩和などもあり、一昔前に比べて薬は身近なものになりました。

薬を飲むときは一回に何錠飲むのか、1日何回飲むのか等の注意が必要ですよね。
使用上の注意をよく読み、用法用量を守って正しくお使いください」とCMなどで見たこともあるでしょう。

薬は正しく飲まなければいけないという認識は当たり前の物かと思いますが、常に守ることが難しい用法もあります。
それが「水で飲む」というものです。

飲み過ぎたり途中で止めたりといった明らかに間違った用法とは違って問題がなさそうに見えることもあり、食後薬はお茶で飲むという方は多いのでは
外出中など、わざわざ水を準備することが面倒だったり、難しい場合もあります。

薬はお茶で飲むとダメなのか、効果が変わったり、副作用が出ることはあるのか、問題のある飲み合わせなどを紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

お茶で薬を飲む問題点とは

お茶で薬を飲んではいけないという話はよく聞くかもしれません。
母親に注意されたことがあるなんて人もいるのでは?

確かに、特定の薬をお茶で飲むことに問題があると考えられていた時代があります。

その薬は「鉄剤」と呼ばれる鉄欠乏性貧血などで鉄分が不足しているときに処方される薬です。
鉄剤は鉄分を補給する薬ですが、この鉄分とお茶に含まれるタンニンの組み合わせが良くないと考えられていました。

鉄分が吸収される前にタンニンが鉄と結合してしまい、吸収を妨げると考えられていたためです。
鉄剤が処方されているときにはお茶を飲まないように指導されてることもあったようです。

今ではこの考えはある程度否定されています。
鉄剤が処方されるほどに鉄が不足している状態における人の体は鉄の吸収効率が大きく向上するため、タンニンの影響は小さいものであると考えられています。

しかしタンニンと鉄の組み合わせでは吸収が阻害されることは事実であるようです。
このような好ましくない組み合わせがあることから、水以外で薬を飲むことが危険視されていると言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

お茶以外にもある!? 薬とのダメな飲み合わせ

お茶以外の飲み物でも薬との飲み合わせが悪い物はあります。

一番に思い浮かぶものとしてお酒です。
アルコールには神経、循環器、内分泌系と人体に広く影響することが分かっており、それらに影響する薬を服用する際にはより注意が必要でしょう。

次にカフェイン
コーヒーや紅茶の他にも最近では清涼飲料水にも含まれていますが、こちらも神経に作用しやすく、利尿など内分泌系に作用する部分もあります。

最期に紹介したいのは牛乳です。
牛乳は油分が胃を保護するなどと言われますが、乳脂肪分が胃液に働きかけることは確かなようです。
そのため薬の成分と脂肪分やカルシウムが反応してしまう他にも、胃薬などの吸収を妨げてしまうこともあるため意外と注意が必要になります。

特にビタミンD製剤は骨粗しょう症などでカルシウムが不足している時に処方される薬でありながら、牛乳との組み合わせがよくありません。
それだけカルシウムと反応しやすいという事ですが、よく注意しておく必要がありそうです。

しかし鎮痛薬などの胃を荒らす恐れのある薬では牛乳は胃を保護する働きがあるという考えもあり、効果が高まる薬もあります。

効果、副作用が気になったら薬剤師へ

お茶と鉄剤、牛乳とビタミンDなどのように薬の効果が弱まってしまう組み合わせはありますが、これらは副作用とは言えませんよね。
万が一にも副作用として人体に影響を及ぼす可能性がある場合には薬のパッケージや処方薬の場合は薬剤情報提供書に明記されています。

しかし、効果が弱まってしまう組み合わせなどが存在することも事実です。
基本的には水で飲むようにすれば問題がないですが、難しい場面もあります。

今回紹介したコーヒーやアルコール、牛乳など習慣としている食品がある場合や、初めて飲む薬の場合には、薬を買う際や処方されるときに医師か薬剤師に相談してみるのが一番であると言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + four =