お腹が鳴るのを防ぐ方法は?おやつや朝食、ツボで確実に止める!

シーンとした場所でお腹が鳴ってしまうのは、とても恥ずかしいですよね。

この現象は、腹鳴(ふくめい)と言います。

空気をたくさん体の中に吸い込むとお腹が鳴るようになるのです。

今回は、お腹が鳴るのを防ぐ方法・お腹が鳴るのを防ぐためにおやつや朝食で改善はできるのか?

確実にお腹が鳴るのを防ぐツボをご紹介します。

【スポンサードリンク】

お腹が鳴るのを防ぐ方法は?

お腹が鳴るのを防ぐ方法はいくつかあります。

1つ目は、背を伸ばして、胃に力をいれましょう

この時に注意したいのは、お腹に力を入れるのではなく、胃に力を入れることを意識することです。

 

2つ目は、大きく深呼吸をしましょう

お腹が鳴りそうな時に、緊張していませんか?手汗が止まらなくなりませんか?

そういった緊張でお腹の音を周りに聞かれたくない!という思いが緊張になり、余計に意識してしまいます。

リラックスして、胃にだけを力を入れるようにすれば、お腹は鳴りません

 

3つ目は、早食いをしないことです。

胃に空気を溜めるのは、お腹の鳴りやすい体にしているようなものなのでいいことはありません。

そして、お腹が鳴らないようにやっている人で多いのが水分をたくさん取ることです。

お腹が鳴りそうな時に、水分を取ろうとすると焦って余計に空気をたくさん含むので、お腹が鳴りやすい体になります

更に、水分を取ることで消化管が動くので、空腹でお腹が鳴る音とは別に、消化管が動く音でお腹が鳴ってしまうのです。

とても悪循環なので気を付けるようにしましょう。

おやつや朝食で改善できる?

お腹が鳴らないようにおやつを食べましょう

「ぐーぴた」は、お腹が鳴るのを防ぐためのおやつなので効果があります

そして、誰でも手軽に食べられるおすすめのおやつが、チョコレートです。

口の中で溶かすように食べることが重要になります。

そして、朝食です。

朝はなかなか食欲不振になりがちなので、朝食を抜く人もいると思います。

しかし、朝食を食べなければ、お腹はすぐに鳴るのです

どうしても朝食が食べれない人は、腹持ちの良いスムージーや具入りの味噌汁だけでも飲みましょう

そして、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください

早食いは、お腹が鳴りやすくなります。

朝食を食べても、お腹が鳴りやすい人は、炭酸飲料やパンを控えるようしましょう。

炭酸飲料は、ガス(空気)でお腹は膨れますが、時間が経てばお腹は鳴るようになります。

どうしても炭酸飲料を飲みたい場合は、先にゲップをたくさん出してしまいましょう!

パンは、お米よりも消化時間が早く腹持ちしません。

【スポンサードリンク】

確実にお腹が鳴るのを防ぐ方法はツボにある?

お腹が鳴るのを防ぐツボがあるのです。

それは、「合谷(ごうこく)」という手のツボのことを言います

お腹が鳴るのを防ぐだけではなく、色々な効能を持っている万能なツボです。

 

親指と人差し指の真ん中のくぼみがあるところなので、分かりやすいと思います。

左右どちらの手でも構いません。

グーッと押すようにして、痛気持ちいいくらいで押しましょう。

 

正しいツボの位置であれば、効果が確実にじわじわと効いてきますよ。

 

まとめ

お腹が鳴るのを防ぐ方法は、すぐにできることばかりです。

 

背を伸ばして、胃に力を入れて、大きく深呼吸でリラックスしましょう。

緊張すればするほど、「(お腹が鳴ってしまったらどうしよう…。)」と意識してしまい、お腹が余計に鳴ってしまいます。

そして、注意したいのが、早食いをして空気を体の中に不要に入れてしまうこと

胃に空気を溜めるのは、お腹の鳴りやすい体にしているようなものなので、気になるときは体の中から空気を出すように、息を吐き、ゲップやおならをして、とにかく外に空気をだしてしまうことです。

もし、お腹が鳴ってしまってもいいや!という軽い気持ちでいることも大切ですよ。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =