おならがよく出る原因は?くさいのを解消する食べ物と対処法!

おならがよく出るのは非常に困りものですよね。特に人前ですと我慢したり、音が出ないように頑張ったりなど人それぞれ苦労しているのではないでしょうか。また、音が恥ずかしいだけでなく、くさいといった臭いも発生してしまうため非常に厄介です。

おならが出ないようにするためには、実は食べ物がとても重要になり、選び方で改善することもあります。

発生する原因や解消方法をご紹介しますので、毎日のように出てしまっていて困っている方や、人前でしたくなるのを我慢することが多い方などは是非参考にして対処法を身につけましょう。

【スポンサードリンク】

おならは体の中でどのように作られるのか

おならが出てしまう原因はいくつかあり、一番多いとされているのが食べ物と一緒に口から入ってしまう場合です。口から入った空気は胃を通り腸へ進み、腸ではすでにある食べ物から水素やメタンを発生させており、そこへ空気が混ざることでガスとなり、これがおならとなるのです。

その他には、腸内環境の悪化でガスが溜まってしまう場合です。ここで重要なのが善玉菌と悪玉菌で、本来この二種類の菌は腸の中でバランスよく保っていますが、食事のバランスや体調などで変化し悪玉菌が多くなってしまうと、やはりガスが発生しておならとなって放出されます。

また、便秘がちの方は、腸に留まってる便が蓋のような役割をしてしまい小さな密閉空間を形成し、そこでガスが発生させてしまうこともあり、様々な理由で、おならは発生するのです。

くさいおならの原因は?

おならには、余りにおいがないものと、非常にくさいものがありその違いは食べ物がとても深く関係しています。

食べ物を摂取した際、腸へやってきたときに、ある程度すでに消化されていれば、腸内での消化や栄養の吸収を助け、ガス自体発生しにくくなります。しかし、お肉やお魚といったタンパク質は、消化がしづらい食べ物で、摂取すると腸でうまく消化できずに腐敗してしまい、そこから、くさいおならの元であるガスが発生してしまいまうのです。

消化不良がくさいおならの原因ですので、他にも消化が悪くしてしまう場合が多々あります。たとえば、胃の調子が悪く正常に機能しなかった場合は消化不良を起こしやすいですし、多量に食べ物を摂取すれば当然ですが、胃酸での消化が間に合わず、そのまま腸へと運ばれてしまうのです。

おならは食べ物で防ぐことも可能

おならの原因は腸にある善玉菌と悪玉菌のバランスなので、この成分にダイレクトに作用するヨーグルトや、乳酸菌が入ったサプリメントなどを摂取すると、善玉菌を増やし腸内バランスを整える働きがあります。さらに、これと一緒にオリゴ糖や食物繊維を含む食品を一緒に摂取すると、より効果を得やすくなります。

納豆やキムチといった発酵食品も善玉菌を増やす効果がありますので、日々の食事に意識して取り入れ、バランスよく摂取してみて下さいね。

【スポンサードリンク】

おならがよく出るのを解消するには?

ここでは、食べ物と食べ方に焦点を当てていきましょう!

炭水化物はおならになりやすいが臭いが少ない

芋類や豆類といった炭水化物は、おならが非常に出やすくなる食べ物です。その理由デンプンが食品の中に多く含まれることにより、腸内で分解されにくくなっており、やはりガスが発生してしまいます。

その際に、体にとって不要であるものをガスとして発生させるため、それがおならとして放出されます。しかし、デンプンが原因であるおならは臭くなく、それどころか腸内で善玉菌を増やす効果があり、更に体に良いとされる乳酸という成分を出してくれる作用があります。

このように炭水化物は体に良い働きをするので、おならが出やすくなってしまいますが、適度に摂取するのが好ましいです。ですが、やはりおならが出やすいのは、人前に出ているときなど対処に困ってしまいますよね。

おならが出にくくなる食べ方

おならを出にくくするなら、ゆっくり良く噛んで食べて、一口20回以上は噛むように心がけてみてください。また、全体の食事時間も20分以上かけるようにすると、おならが出にくくなるので試してみて下さいね。

その他には、炭酸飲料も空気を多く含んでいるので、おならになりやすいです。ストレスなどで気持ちが落ち込むと、胃の働きが落ちおならが出やすい環境を作ってしまうので、適度にリフレッシュすることが大切です。

不規則な生活は、やはり胃や腸の働きに影響してくるので、夜更かしなどはせず、睡眠時間は一定に保つようにすると良いでしょう。

人前でおならがしたい場合の対処法

おならが音を出してしまう原因は狭い所から空気が抜けるためです。例えば、口を空けた状態で空気を出してもてもほとんど音は発生しませんが、口をつぼめて息を出すと口笛となり、音が鳴りますよね。

おならも同じで、おしりに力をいれて穴を広げてあげるようにすると、音が出にくくなります。行うのが難しいようであれば、手でおしりを掴んで穴を広げたりしても同様の効果が得られます。

その他は、やはりスタンダードにトイレや人気のない場所に行って催すのが無難でしょう。音を出さない方法はとても便利ですが、臭いがするおならの場合は周りに迷惑がかかったり、自分自身が気まずくなってしまいます。移動できる環境であれば、離れた場所で催した方がスマートです。

また、何度もおならを我慢した場合、ガスが腸に溜まり腹痛や便秘になったり、最悪発がん物質を発生させてしまうこともあります。その他には口からおならの臭いがしたり、皮膚からがガスが出て体臭が酷くなるとということもあるので我慢するのはあまりおすすめできません。健康のためにもおならは出してしまった方が良いでしょう。

まとめ

音を出さないようにおならをしたつもりが、盛大に出てしまった、という話も良く耳にしますので、人前での放屁はやはりリスクがあるかもしれません。ですが、なかなか移動できない方にとっては、音を出さない方法はとても有効でしょう。

おならは体の中の不要なもので、出すべきものですので、排泄と同じですね。我慢しすぎると病気になってしまうこともあるので、万が一、音が出てしまった場合は素直に謝れば良いのですから、無理をせず催した際に出してしまった方が健康には良いでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 17 =