お札の入れ方!財布に入れる向きで金運アップ?

お金持ちには誰もがなりたいと思うものかもしれません。しかし、現実にはそう簡単なことではないことは誰もが知っていることです。

宝くじなどの運の力を借りる方法もありますが、あれは自分以外が当たるようにできていると思ったことはありませんか。そんな気がするほど宝くじなどはどこかの誰かに当たっている印象を受けます。
そういう幸運を持った人はなぜ存在をしているのでしょうか。

その幸運を持っている人たちはどんな金運アップ方法を知っているのか、もしくは何かをやっているのでしょうか。

お札の入れ方や財布に入れる向き、さらに財布にも金運アップが期待できるものとそうではないものがあるようですが、それはどんな財布なのでしょう。

【スポンサードリンク】

お札の入れ方や財布に入れる向きで金運アップができる?

昔から運気や金運アップ、おまじないなどその方法はさまざまなものがありました。
有名なものでは風水がありますね。

ずっと古くから人々は何か見えない力に頼ってきたともいえますが今もその気持ちがわかる人は少なくはないはずです。
これだけ科学が進んだ時代でも運気や金運アップを信じたいと思うのは、現実の社会はなかなかうまくいかないことが多いからではないでしょうか。

金運アップの方法は色々ありますが、お札の入れ方や財布に入れる向きもそのうちのひとつです。運気や金運がない人は普段の生活に問題があるからだと聞いたことがありませんか。
だらしない人のところには運気も逃げてしまうといわれています。

金運アップの方法の一つであるお札の入れ方がなぜ大事なのかというと、お金に対しての感謝の気持ちとお金そのものを乱雑に扱わないで大切に扱うことこそが運を逃がさない方法だとされているからです。

お札を入れるときは、同じ向きにしてそろえるようにします。つまり、人物の絵(一万円札だと福沢諭吉)が描いてある方を前面にします。
さらに、その人物画の頭を下にしましょう。

下にすることでお金が出にくいようになるということをあらわしています。
財布に入れる向きは、手前の方から1万、5千、千円という順番で入れるようにしましょう。

財布の中にはレシートなど余計なものは入れずにきれいにしておくと運気があがるといわれています。

そのほかの財布の金運アップ方法とは

そのほかにも財布にまつわる金運アップが期待できる方法があります。
良く知られているのが二つ折りの財布はお札を折ってしまうことから金運が逃げてしまうのでお札を折らない長い財布がいいといわれていることです。
そして、小銭とお札は別の財布にしましょう。

蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運がアップすると昔からいわれていますが、蛇が好きな人以外はあまり気が進まない方法ですよね。
そういう場合は動物のアイテムも金運があるとされていてフクロウやカエルなどもいいようです。
亀は長寿の象徴として知られていますが、縁起のいいことと昔のお金の形に似てることから金運を招くともされています。

風水では財布は2年ぐらいで新しいものにするといいとされていますが、汚れたり壊れたりしても新しいものに買いかえるようにした方がよく、そうすることで金運が逃げなくなります。

【スポンサードリンク】

風水とは何か?どんな金運アップがある?

そもそも風水とは何か知っていますか。
風水は、昔の中国で生まれた環境学であり自然哲学ともいわれています。
長い年月の結果、そぞれぞれの国でその意味や方法などもかわってきました。

日本でも独自の発展をしてきた風水は、衣食住やその人のさまざま行動などを利用することによってその人を開運に導きます。
風水では5つの要素、火、土、金、水、木と2つの面である陰と陽があるとされています。

街や家、お墓を作る際に風水は使われてきました。
江戸の町も風水によって造られていることがわかっていますが風水を使用したという文献そのものは残っていないということです。

日本では風水が一般に認知されたのは近年になってからで、多くの人々からはほとんど忘れさられていました。

風水での金運アップ方法はいくつかあります。トイレをきれいにするのも金運と関係があり、玄関もまた金運にかかわる場所だと考えられていて玄関を入って左側に鏡を置くと金運アップにつながります。お金は西からやってきて北でたまるといわれるのも風水のひとつです。

まとめ

昔から開運や金運アップ、そしておまじないなどは盛んに行われてきました。風水の流行もそのひとつでしょう。

現実の世界ではいくら努力をしても成功できるわけではないことや見えない「何か」を人々は信じていたいからなのかもしれません。
ただ単に楽をして大金持ちになりたい気持ちもあるかもしれませんね。

お札の入れ方や財布に入れる向きで金運アップがあるとされている方法の根底には、普段からきれいに整理整頓や身だしなみをしているかどうかがとても大切なのだ、ということなのかもしれません。
そういった基本的なことこそが開運や金運につながることなのだと。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − one =