酒で顔が赤くなる理由!治し方と対策は飲酒前のある工夫?

これからは飲み会が増えてくる季節になりますが、
皆さんはお酒が強い方ですか?
お酒が好きではあっても、お酒が強いのか、と言われると
必ずしもイコールではないようです。

飲みだすと何杯飲んでも顔色も変わらずケロっとしている人もいれば、
1杯も飲み切らないうちに顔が真っ赤になってしまう人もいます。
できたら顔が赤くなるのを治したい…と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、お酒で顔が赤くなる理由とは何なのでしょうか?

今日はこの疑問にお答えしていきます。
治し方や対策は、飲酒前にあるのかも?

【スポンサードリンク】

お酒で顔が赤くなる理由って?

お酒が強い人と弱い人の違いは、アルコールの分解酵素の活性度の違いです。

お酒を飲むと体内でアルコールが代謝され、
「アセトアルデヒド」という物質が発生します。
アセトアルデヒドは血管を拡張し、血流をよくするという毒性があり、
分解されないとみるみる顔が赤くなってしまいます。

このアセトアルデヒドを分解するひとつが
「アルデヒドデヒドロゲナーゼ2(ALDH2)」という酵素ですが、

ALDH2の活性が高い人はお酒が強く、低い人はお酒が弱いということになります。

そしてこのALDH2の活性に関しては遺伝が大きいと言われています。

つまり遺伝的にアセトアルデヒドの分解能力は決まっており、
体質的に改善するのは難しい
ということになります。

また、アセトアルデヒドは発がん性があり、
蓄積されることで、がんのリスクが高まるとも言われています。
楽しいお酒でガンのリスクが高まるのは、なんとも怖い話ですね。

【スポンサードリンク】

顔が赤くなる治し方と対策!飲酒前にしておくこと

では、お酒の分解酵素の活性が低い人は、
お酒を飲んで顔が真っ赤になってもそのままにするか、お酒を諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!

お酒を飲んでもアルコールの回り方を抑えられるよう、
お酒を飲む前に対策しておくことで、和らげることができるのです。
以下にその方法をご紹介します。

空腹での飲酒を避ける

お腹が空いている時は、胃が通常よりも吸収のいい状態です。
その状態で胃にアルコールが入ると、どんどん酔いが回ってしまいます。
それを防ぐために、事前に何か食べて空腹でない状態でお酒を飲みましょう。

脂肪分が含まれるものは胃にとどまり、
アルコールの吸収を遅らせてくれます。チーズ等がおススメです。

また、アルコールを摂取するとミネラルやビタミンが失われ不足しますので、
野菜をサラダやスティックなどで食べ、小腹を満たしておくのもいいですね。

お水を飲んでおく

お酒を飲むとトイレが近くなることはありませんか?
あれはアルコールには利尿作用があるためです。
お酒を飲むほど水分が体を出ていき、乾いた喉にまたお酒を…という繰り返しは飲み過ぎを招きます。
お酒を飲む前にはよくお水を飲んで、水分を補給しておきましょう。

肝臓の働きを助けるドリンク剤を飲む

肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促すドリンク剤が様々ありますので、
飲んでおくのも対策の1つです。
飲み会の前にコンビニ等で手軽に購入することができます。
それぞれいろんな特長がありますので、
自分の体質をよく知って、ベストの1本を見つけてみましょう。

さいごに

お酒の強いや弱いには遺伝が関係していますが、
お酒を飲む前に対策しておくことで、飲み会を楽しむことは皆ができそうですね。
ただし、お酒の回りには体調も影響しますので、
忙しい年末に負けず、健康を保っておくことも、いい飲み方をするコツですよ。
自分の体質をよく知り、決して無理はせず、お酒にのまれないことが大切です。
しっかり対策をして、楽しい年末を過ごしたいですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 11 =