歯磨きで血が出る原因は?毎回出るけど良いの?

歯磨きが終わって、吐き出したはみがき粉が本来であれば白いはずなのに血が出て滲んでいる!誰しも経験があったり、中には今現在も毎回のように血が出るという方もいるでしょう。

歯茎からの出血は実は恐ろし病気の原因が潜んでいる可能性が非常に高いです。また、血は出ていた方が良いなんて言われていますが実際はどうなのでしょうか?歯磨きで血が出る原因や対処法についてご紹介したいと思います。

痛くないからと放置せずに正しい対処法を行いましょう。

【スポンサードリンク】

毎回血が出る原因とは?

そもそもなぜ出血してしまうのかと言いますと、歯肉が炎症症状を起こして腫れてしまっているのが原因です。

健康な歯茎は引き締まり歯にぴったりと張り付いているのですが、食べカスなどが歯や歯茎に取り残されていると、汚れが触れている歯肉の部分の血管が膨張してしまい、少しの刺激で出血してしまうようになってしまうのです。

特に奥歯や歯並びの悪い部分は、歯ブラシが届かなかったり、当てずらいために汚れが溜まりやすく、炎症を引き起こしやすいです。

また、使用している歯ブラシの硬さによっても汚れの除去率に違いがあり、硬めの歯ブラシは磨いた感じがしてスッキリするかもしれませんが、ブラシの部分がしならないため、磨ける範囲が狭くなってしまいます。そして、磨いていない部分にはもちろん汚れが溜まってしまいますので、歯肉が炎症を起こしてしまうことになるのです。

痛くない炎症症状の先にある歯周病には要注意!

では、このまま炎症を放置するとどうなってしまうのでしょうか?

炎症症状の原因である食べカスのなどの汚れは、付着してすぐであれば柔らかいので歯ブラシでも除去が可能です。しかし、時間が経つと歯石となってしまい、個人では除去が不可能になります。

歯石ができてしまった場合は、歯医者さんの専用の機械などで除去するしかありません。また、歯石には歯周病の原因である菌がたくさん含まれており、やがて歯を支えている骨を溶かしてしまいます。

歯周病により骨が溶けてしまうと自己回復は見込めませんので無くなったままですし、なにより支えを失った歯がグラついたり、抜けてしまうのが大変恐ろしい病気なのです。

歯周病で歯を失わないためにも、歯茎の炎症症状を抑えることがとても大切です。

【スポンサードリンク】

歯磨きで行う歯茎の炎症の対処法

炎症している部分は赤くブヨブヨしており歯と隙間ができてしまっています。こうなってしまった原因は先ほど説明した汚れですので、しっかりと除去する必要があります。

出血を気にして、あえて磨かないなどの行為は、かえって炎症を悪化させてしまい、歯周病を進行させてしまうので、逆効果です。改善させるためにはキチンと隅々まで磨いてくださいね。

歯周病で骨が溶けてしまうと元には戻りませんが、歯茎の炎症の段階では元に戻すことが十分可能です。しかも歯医者さんに行くのではなく自宅で回復させることができるので、今のうちにしっかりケアしていきましょう。

また、使用する歯ブラシは「柔らかめ」を使いましょう。柔らかい歯ブラシはブラシ部分がしなるため、汚れの除去率が高く、程よい刺激となるためマッサージ効果もあります。

歯磨きで血が出てしてしまう日が続くと思いますが、気にせずに柔らかい歯ブラシで磨き続けていると、気づけば出血のないことに気づくはずです。その歯茎が健康な状態ですので、そのままの状態を維持してくださいね。

歯ブラシからのダメージによる出血の場合もアリ

実は歯茎からの出血は、歯肉の炎症以外に、外傷による出血も考えられます。

この場合は硬めの歯ブラシなどで口の中の粘膜を傷つけてしまい、怪我をしてしまっている状態です。原因はお分かりの通り歯ブラシですので、柔らかめのものに変えて磨いていけば問題ないでしょう。

硬めの歯ブラシは、汚れが取れないだけでなく少しづつ歯を削っており、歯が削れてくると知覚過敏という歯がしみてしまう症状が出てくる可能性が高いです。最悪歯の神経を抜くことにもなりかねません。せっかくの健康な歯なのに治療してしまうのは非常にもったいないですよ。

柔らかい歯ブラシはブラシがダメになるのも早いですが、虫歯や歯周病で治療しなければならなくなった場合の治療費に比べれば微々たるものですので、お口の中に優しい歯ブラシを選ぶことをオススメします。

歯みがきのコツ

歯磨きは柔らかい歯ブラシで5分以上は時間をかけて磨いてください。今まで時間をかけて磨いたことのない人にとって、この時間は非常に長く感じ、洗面台の前でただ磨いても飽きてしまいます。

例えばTVを見ながら、新聞を読みながら、スマホ片手にと何でもいいので、まずは時間をかけて歯みがきをできるように改善しましょう。

歯並びがデコボコしている場所は、普通に磨いても歯ブラシが届きませんので縦にするなどして歯のすべての面と、歯と歯茎の間を全てブラッシングしていってください。

どうしても歯ブラシが届かない場合は、ワンタフトというブラシがペン先のように尖っており、届きにくいところまで当てることができるアイテムがドラッグストアなどで購入可能です。そのほかにも歯間ブラシデンタルフロスなども歯と歯の間の歯垢の除去に大変役立ちますので利用してみて下さい。

「血を出したほうが良い」の真相は?

症状の改善のために、炎症症状のある部分を歯ブラシで刺激してしまうため、人によってはお口の中が血だらけになる場合もあります。この状況が「血が出ている方が良い」と言われる原因となっているようです。

汚れを取らなければ血を出しても治癒することはないですし、出血している歯茎は健康な状態ではありません。勘違いを防ぐためにも、情報の内容をすべて確かめるようにした方が良いでしょう。

まとめ

歯磨きの際の出血は、痛くないし、歯みがきの時だけだから気にならないかも知れませんが、進行すると歯が抜けてしまう恐ろしい病気が隠れています。若い方でもこの病気で歯のほとんどを失っている方もたくさんいるので、若いから大丈夫ではありませんよ。

予防法はシンプルに歯磨きするだけ!とても簡単ですが、習慣が無い方にとってはとても難しいかも知れませんが、この先のお口の健康のためにも毎日のブラッシングを続けていきましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =