塩歯磨きの効果は?やり方と危険性を解説!

塩歯磨きという歯磨きの方法をご存じでしょうか?

字を見れば大体想像はつくと思いますが、塩で歯を磨くことです。

塩には歯周病菌を減らす効果があると一部では言われておりますが、その一方で高血圧の方には塩で病気を悪化させてしまう危険性が潜んでいます。ですが果たして本当に効果があるのでしょうか?

塩歯磨きによって歯周病を減らすことが可能なのか、磨き方のやり方はどのようなものなのかをご紹介していきますので、塩の健康への効果などに興味がある方などは参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

塩歯磨きは歯周病菌を減らす効果がある?

塩歯磨きでは歯周病菌を減らす効果があるという話も耳にしますが、実際はそのような効果は科学的には根拠が無いそうです。しかし、塩には殺菌効果があり、口臭予防や歯茎を引き締める作用があるため、塩歯磨きが全くの無意味という訳ではありません。

歯周病には効果が無くても、炎症を抑える効果はあるので歯肉の腫れや口内炎の予防にも効果が期待できます。口内炎は口の中にできた傷に細菌感染を起こして発症するのですが、塩で殺菌することにより、発症する条件が整わなくなるため予防として効果を発揮するのです。

高血圧の方は悪化する危険性もある塩歯磨き

塩歯磨きは良い面だけでなく、残念な点もいくつかあります。

塩は粒が硬く、歯茎にこすり付けると口の中の粘膜を傷つけてしまい怪我をした状態になってしまいます。先ほど口内炎の予防のお話をしましたが、傷は口内炎になる原因のひとつです。予防するはずが、原因を作ってしまうこともあるので、強くこすったり荒塩を使用して歯を磨くのは避けてください

口腔内に傷や口内炎の症状がある場合は、塩がしみてしまうことにより刺激となり悪化してしまうことも考えられます。特に口内炎の痛みは早めに止めたい辛い症状ですが、塩の刺激で治りが悪くなることもあります。口内炎ができている場合は、塩の使用は避けて安静にしておいた方が得策でしょう。

また、高血圧の方は、飲み込まなくても口の中で塩辛さを感じるだけで血圧が上昇する、と言われています。特に、医師から塩分の摂取量を制限されている場合は絶対に行わないでください

お口に中の健康のために死んでしまったら本末転倒ですからね。このような病気を抱えている方は、塩は使わす普通に歯みがきをしてください。ちなみに市販の歯磨き粉で塩が入っているものがありますが、それも塩歯磨きと同じことなので使用するのは避けて下さい。

【スポンサードリンク】

塩歯磨きは塩水を使うやり方がオススメ

お口の中を傷つけずに塩で歯を磨くには、塩を歯ブラシに付けるのではなく塩水を作成し、その中へ歯ブラシを付けて磨く方法を試してみて下さい。このようにして歯磨きを行えば、口の中の粘膜を傷つける心配もありません。塩水はコップ一杯にひとつまみ程度で十分です。

ちなみに、この水で口をゆすいでも抗菌や引き締めの効果は得られますし、塩水うがいは塩の持つ殺菌作用により風邪の予防に効果的ですので、歯磨きのついでにうがいをしたりするのも良いでしょう。

この方法でも、高血圧の方は塩歯磨きと同じように塩分を摂取してしまう効果があらわれてしまうため、使用は避けて下さい。

虫歯や歯周病予防するならば汚れを取るのが第一!

虫歯や歯周病予防の直接的な効果は塩歯磨きにはありません。どんなに塩歯磨きをしても、口に中に汚れがあれば虫歯や歯周病は進行していきます。ですが逆に歯ブラシで汚れをきちんと除去してさえいれば、塩であろうと歯磨き粉であろうと変わらないですし、更には何もつけなくても除去率に変わりはありません

汚れを落とすのは何を付けて磨くのかではなく、歯ブラシがすべての面に届いているか、ということですので塩や歯磨き粉の効果に頼るのではなく、虫歯や歯周病を予防したいのであれば、まずは基本的な歯磨きも方法から見直してみましょう。

まとめ

塩歯磨きは、口の中がさっぱりする感じがするので好きな人もおり、確かに殺菌作用は期待できますが、効果というよりは嗜好性のが強い傾向があるように思えます。また、塩やどんなにいい歯磨き粉を使ってもブラッシングが不十分なら、虫歯や歯周病にもなってしまうでしょう。

歯磨きよりも、うがいの方が塩の殺菌効果を有効に利用することができますので、うがいするついでに歯を磨いても良いですね。常に口の中を清潔にしておくのが一番効果的な、虫歯や歯周病の予防方法なのですから。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 3 =