スーツの袖のボタンの数は意味があるの?何のためにあるか解説!

スーツを着るときに、ふと不思議に思うこと。それは

ジャケットの袖口についているボタン、必要あるのかな? ということです。

シャツの袖についているボタンは、脱ぐ際に留め外しを行う場合もありますが、

そもそも外せないジャケットの袖のボタン。

何のためにつけてあるか、ご存知ですか?

今回は、今さら聞けない! スーツに関するあれこれ、第二弾。

スーツのジャケットの袖にあるボタンは何のため? 意味はあるの? の回です。

(第一弾はこちら

ボタンの数にも、数によって意味は変わるのでしょうか。

【スポンサードリンク】

スーツの袖のボタンは、何のため?

スーツの袖にボタンを最初につけたのは、ナポレオンだと言われています。

フランスの皇帝であるナポレオンが、軍を率いてロシアへ侵攻する際、極寒の山越えをする必要があったそうです。

寒くて震えながら移動する兵士たちは、たれてきた鼻水を袖でぬぐうため、ジャケットは汚れていました。

その様子を見苦しいと感じたナポレオンは、鼻水をぬぐわないように、袖にボタンをつけたと言われています。

(スーツの袖口ボタンに関する由来は諸説ありますので、そのうちの一説です)

元は飾りでもなく、嫌がらせ(?)のためだったのですね。

現在でも、その名残から袖には飾りとしてボタンをつけているそうです。

袖ボタンの数には意味がある?

実は、ボタンの数に特にルールがあるわけではないようです。

現在においては完全に飾りですから、数にも意味はありません

ただし、いくつかの傾向はあります。

基本は2個~4個

袖口ボタンの数は、少ないほどカジュアルに、増えるとドレッシーな印象になるそうです。

2個のものはスポーツジャケットやブレザーなどに多く見られ、

ちょっとカジュアルなものになると3個のものも見られますが、

ほとんどは4個で構成されているのではないでしょうか。

とはいえ、欧米人に比べるとどうしても手が短めの日本人は、3個が最もバランスがいい個数といわれています。

多いと、さらに手が短く見えてしまうそう。

余談ですが、2個と2個の間がちょっと空いた4個、というタイプもあり、

これは英国の軍服に由来するディテールなのだそうです。

重ねボタンも4個が多い

重ねボタンとは、その名の通り、ボタンが重なっている状態でついているものです。

その場合も、ほとんどのものが4個だそうです。

日本人も、ふつうにつけた4個では少し多い印象になっても、重ねボタンだと4個でバランスよく見えます。

もちろん、オーダーで作れば好きな数をつけることができますが、4個を選ぶ人が多いそう。

【スポンサードリンク】

袖ボタンが外せるスーツもある

通常のスーツだと、ジャケットの袖ボタンは取り外しができないものばかりです。

しかし、ボタンを付け外しできるスーツもあるのです。

そのようなスーツの仕立てのことを「本切羽仕立て」といいます。

これは、別名「ドクタースタイル」と呼ぶそうです。

ヨーロッパでは、昔からシャツは下着、ジャケットは上着という認識があるため、

スーツを着る際に人前ではジャケットを脱ぐ習慣がありません。

でも、そのままだとお医者さんが患者さんを診る際には邪魔ですよね。

そこで、ジャケットの袖口が邪魔にならないよう捲るために、

袖ボタンも取り外しができるタイプが作られたのです。

既製品ではほとんどありませんので、オーダーで作る場合はこのタイプも根強い人気があります。

ただし、あまりに多いボタンの数にすると、取り外しが大変になるので気を付けてください!

まとめ

スーツのジャケットの袖口についているボタンは、多くの場合が飾りです。

ついている数にあまり意味はありませんが、4個の場合が多いようです。

袖のボタンが取り外しできて、袖口を緩めることが可能なスーツは「本切羽仕立て」といいます。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + 4 =