たけのこがニキビの原因になるのはなぜ?できない方法は?

たけのこを食べるとニキビができた!なんてことをよく聞きます。

なぜ、たけのこを食べるとニキビができてしまうのでしょうか。

なぜたけのこがニキビがでやすい原因になるのか?

たけのこがニキビの原因になるのはなぜなのか、ニキビができない方法はあるのかをご説明します。

【スポンサードリンク】

たけのこがニキビの原因になるのはなぜ?

たけのこがニキビの原因になるのは、灰汁(アク)が強いからです。

脂っこいものや甘いものを食べるのもニキビの原因にはなりますが、タケノコの場合灰汁が最大のニキビの原因でした。

灰汁は人体に対する毒素となるので、過剰に摂取すると毒素を排出しようとニキビのような、できものとして私たちの体に現れます。

更に、たけのこは食物繊維が多く消化がしにくいので、便秘にもなりやすくなります

便秘になると胃腸が弱り肌荒れしやすくなるため、たけのこはあまりよくありません。

腸のような消化器官と肌は密接な関係になっているので、肌荒れもしやすくなります

腸が荒れると肌も荒れ、肌荒れすることによって、ニキビができやすくなるという認識が必要です。

この二つは大きく関係します。

たけのこはいつでも食べれるものではないので、食べたくなる気持ちも分かりますが、過剰摂取には気を付けましょう。

また、たけのことの相性が悪いものも食べないほうが良いです。

なすび・トマト・ほうれん草は一緒に過剰摂取するのは控えましょう。

たけのこの灰汁(アク)とは

たけのこがニキビの原因になるのは、灰汁(アク)が強いからだとわかりました。

では、灰汁が最大のニキビの原因なら、その灰汁はそもそもなんなのでしょうか。

灰汁とは、食べ物に含まれる苦みのある口に入れたら不味いと誰もが感じるものです。

なので、灰汁とりをしますよね。

灰汁とりをしないと、不味くなるからです。

灰汁をまずいと感じるのは、人の免疫力と関係があり、人体に悪影響があるものを口にしないよう、毒素の強いものは不味いと感じるようにできているようです。

なので、たけのこの灰汁とりは正しいやり方で行うようにしてください。

【スポンサードリンク】

ニキビができない方法は?

たけのこが好きな人は、残念な話ですが、食べ過ぎないようにするしかありません

本当に食べたい場合は、丁寧に灰汁とりをしましょう。

ニキビの原因は、灰汁だけではありませんが、灰汁が大きな原因なのです。

過剰摂取をしなければ、ニキビがでることもありません。

もちろん、脂っこいものや甘いものも避けましょう

たけのこが大好きでどれくらい食べたら良いのかわからない場合は、食物繊維の一日の摂取量の見てください。

たけのこは、多くても二本で抑えておきましょう。

特に胃が弱い人や便秘になりやすい人は一本に抑えるなど工夫してください。

便秘=ニキビがでることを忘れないようにしてくださいね。

そして、たけのこと相性の良いものを食べるようにしましょう。

たけのこと相性の良い食べ物は、ごま・わかめ・豆腐です。

これらは積極的に一緒に食べるようにしましょう。

食べ過ぎには注意をすることを意識して食べるようにすれば、ニキビができることはありません!

まとめ

なぜ、たけのこを食べるとニキビがでるのかがわかりました。

あとは、過剰摂取は避け、たけのこの一日の摂取量を守ることが大事です。

適切な量を食べることができれば、腸も健康になりますし、ニキビは出ないので良いことばかりです。

大事なのは、灰汁をしっかりと取り除くこと

たけのこがニキビの原因になるのは、灰汁(アク)が強いからです。

灰汁のせいで、ニキビだけでなく胃腸が弱ったり、体調を壊すこともあります。

それほど、灰汁は必要のないもので、悪の存在です。

そのことを忘れないようにしましょう。

脂っこいものや甘いものを食べるのもニキビの原因にはなりますが、タケノコの場合は灰汁が最大のニキビの原因なのです。

これを忘れないようにするだけで意識が変わります。

たけのこは、多くても二本で抑え、胃が弱い人や便秘になりやすい人は一本に抑えるなど工夫するようにしましょう。

たけのこは栄養豊富な食べ物です。

灰汁(アク)をしっかりと取り除き、摂取量を守れば問題はありません。

過剰摂取をすると、ニキビや便秘意外にも、体調を崩します。

主に食べ過ぎると気持ちが悪くなるので食べる際には気を付けましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =