タクシーの深夜料金は何時から何時?計算方法は?途中の場合は?

皆さんは深夜まで飲み会に参加して、ついつい帰りの終電や終バスを逃してしまった経験はありませんか?

自宅に帰りたくても歩いて行くには遠すぎる!そのような場合にお世話になるのがタクシーですね。

タクシーに乗れば自宅まで楽に帰ることができます。しかし、タクシーに乗っている際に「気のせいか普段より料金が上がるのが早いような気がする」と思った事はありませんか?でもこれは気のせいではありません。

実は深夜、タクシーに乗る時は深夜料金が適用されているのです。

ですので、こちらではタクシー料金の計算方法や深夜料金が何時から何時まで適用されるのか。また、タクシーに乗っている最中に深夜時間帯になってしまったなどの途中の場合だと、どのような料金になるのかなどを詳しく説明していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

タクシー料金の計算方法は?

タクシーの料金計算は距離と時間で行っています。

例えば東京23区、三鷹市、武蔵野市内のタクシーは普通車の場合、初乗り運賃410円だけで1052メートルまで乗ることができるのです。その後は237メートルごとに80円の加算運賃がかかります。

また、タクシーの時速が10キロメートル以下になった時は、時間と距離を置き換えて料金が加算されるシステムがあり、なんと90秒ごとに80円が加算されてしまうのです。ですから止まっている時も料金が上がるのですね。

また、タクシーの料金は全国一律ではありません。地域により運輸局が適正な料金を定めていて、上限額以下の一定の範囲内であれば認可が下りるのです。

傾向として冬季に雪が多く積もる地域は料金が高くなっていて、中でも秋田県は全国で1番高い料金が設定されているのです。逆に沖縄県は全国で1番安い料金で乗ることができます。

実際に料金で比べてみると、東京都で10キロメートルの距離をタクシーで乗った場合は3450円かかるのに対し、秋田県は4430円(中型タクシーの場合)もかかり、逆に沖縄県では2160円で済むのです。

深夜料金はどう計算するの?

 タクシーの深夜料金は通常の2割の割増料金が発生します。しかし、この2割というのは料金に上乗せするのではなく、距離や時間に対して2割減で計算されるのです。

結構複雑な計算になりますよね、なので、もうすこし詳しく考えてみましょう。

上の記事で紹介した東京23区、三鷹市、武蔵野市のタクシー料金が深夜料金適用になった場合、初乗り運賃が1052メートルから2割減の841メートルまで、加算運賃も2割減の237メートルから189メートルごとに80円という感じに変更されるのです。

では、何故タクシーには深夜料金が発生するのでしょうか?これにはちゃんとした理由があります。

労働基準法37条によって深夜時間帯に労働を行った場合、事業者は労働者に対して通常賃金の25%以上を加算した割増賃金を支払わなければならないと決められているためなのです。ですから、深夜料金が必要なのですね。

【スポンサードリンク】

深夜料金は何時から何時まで?

 では、深夜料金は何時から何時まで適用されるのでしょうか?これも労働基準法37条によって決められていて、平日祝日関係なく午後10時から翌朝の5時までとなっています。

ただし、地域によっては午後11時から深夜料金を加算している所もあります。

タクシーに乗っている時間帯が、深夜時間に差し掛かってしまった途中の場合はどうなる?

 もし、タクシーに乗っている途中で深夜料金が適用される午後10時を回った場合、それ以降の料金はどうなるのでしょうか?

答えは午後10時を過ぎたその時点から深夜料金が適用されるのです。

現在はタクシーメーターが自動的に深夜料金の時間帯に入るとアラームを流し、これを合図に運転手が「今から深夜料金が適用されます」と教えてくれるそうです。

まとめ

 このように、午後10時を過ぎるとタクシーは通常の2割増の料金がかかることが分かりましたね。

終電や終バスを逃がした時に帰宅する際は、深夜料金を払ってでもタクシーを使う他に選択肢はなく、仕方なく利用した方も少なくは無いと思います。

しかし現在はネットカフェやカプセルホテルで一晩を過ごすといった方法や、オールナイトの映画やカラオケで過ごすという方法もあり、下手にタクシーで帰るより料金が安く済む場合もあるようです。

このようにして時間をつぶし、始発で帰宅をするといった方法も珍しくはない時代になってきましたね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 10 =