テレビ画面のホコリや手垢、指紋の取り方と掃除方法を解説!

テレビを見る人が少なくなったとはいえ、やはり一家に一台絶対あると言っても過言ではないテレビ、私たちの生活にテレビは欠かすことが出来ません。テレビを見ていると急にテレビ画面の埃や指紋のような汚れが気になることはありませんか?

いくら掃除をしてもしばらくすると必ずホコリはついてしまいます。お子さんのいる家庭ですと手垢も頻繁につくでしょう、中には顔の跡みたいなものまで・・・。

テレビは部屋にあると非常に目立つものですから、テレビ画面を掃除しただけでも部屋が急にきれいに見えたりするものです。

今回は、そんなテレビ画面のホコリや手垢などの指紋の取り方と掃除方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

テレビ画面の掃除方法における注意点

テレビ画面の表面は、とても繊細に出来ていているので、コーティングが剥がれたり傷つく恐れがある道具では絶対に掃除してはいけません。映像がムラになって見えたり、明るさが失われてしまうなど、買い換えでしか取り返しがつかなくなることもあります。

例えば、アルコールは揮発性が高いのでテレビのコーティングを剥がしてしまいます。剥がれたコーティングは元に戻せませんのでご注意を。
ベンジン、シンナーなども揮発性が高いのでNGです。

ガラスクリーナーや眼鏡用クリーニング液も、研磨剤が入っている可能性が高いので使わないようにしましょう。
コーティングが剥がれるどころはない傷がついてしまうかもしれないのです。

実はティッシュで拭くのも画面を傷つけてしまう原因となります。拭くときは柔らかい布やクリーニングクロスで拭くようにしてくださいね。

テレビ画面のホコリの取り方

テレビ画面の掃除をするためには、最初にホコリを取り除くことが重要です。

まず電源を切って、汚れている部分が見やすくなるようにしましょう。電源を切れば、ホコリや指紋のような汚れが確認しやすくなります。また、静電気を抑えてホコリを採りやすくすることができます。

そして、テレビ画面のホコリを取っていくわけですが、毛先の柔らかいブラシでホコリを払ってください。画面の汚れの掃除をしたいだけの人でも、最初にホコリを取る作業をしましょう。
ホコリがついたまま画面を拭くと、テレビ画面の表面が傷ついてしまう恐れがあるからです。

テレビ画面の手垢や指紋の掃除方法

テレビ画面の手垢や指紋の汚れを掃除するのには、テレビ用のクリーニングクロス、または眼鏡用のものでもかまいませんので、柔らかい布を使用しましょう。

汚れが残らないように同じ方向で、優しく画面を拭いていきます。ゴシゴシすると傷つく可能性がありますので、丁寧に拭いていきましょう。

落ちにくい汚れには、しっかり絞った布で拭くか、息を吹きかけてクリーニングクロスで拭いてみましょう。
わずかな水分で汚れを落ちやすくするのですが、水分を使いすぎるのは機器にダメージが起こる可能性もあり得ますので、念のためすぐにから拭きして水気を取ってあげましょう。

【スポンサードリンク】

テレビ画面の汚れを防ぐためには

テレビ画面の掃除方法のご紹介をしましたが、普段からテレビ画面に汚れがつかないようにすることが重要ですよね。そこで、テレビ画面の汚れを防ぐためにはどういう点に気をつければよいのか、ご紹介します。

どうしてもホコリはつくものですが、カバーを掛けておけば、ホコリもつきづらいですし、汚れからも守れます。
テレビを使っていないときや、テレビの近くで食事をするようなときは、カバーをかけるようにしてみてもいいかもしれません。

また、テレビ画面に汚れをつけないためには、テレビに近づかないのが一番です
テレビの近くで食事をしたり、遊んだりしますと、汚れがテレビ画面に飛んでしまいますよね。

また、特にお子さんに言えることですが、テレビにを見るときは部屋を明るくして離れて見るようにしましょう。
画面に手をつけてテレビ画面を凝視しているお子さんには注意しましょうね、目にも負担がかかります。

最後に

テレビ画面のホコリや指紋などの手垢の掃除方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

最近のテレビ画面は薄く作られている分、非常にデリケートに出来ていますので、今回紹介した方法を参考にして、是非、清潔で快適な生活を送ってください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 4 =