年越しそばはいつ食べる?由来や意味を簡単に解説!

大晦日になるとお蕎麦屋さんの前では持ち帰り用の年越しそばが売られ、入り口ではお店で食べたいお客さんの長蛇の列ができています。

「蕎麦を食べなければ年が越せない!」と言う人がいるくらい、年越し蕎麦は日本で定着している風習です。

皆さんは、大晦日にお蕎麦を食べる由来や意味を知っていますか?そして年越しそばはいつ食べるのが正しいのか

ここで簡単に解説します。

【スポンサードリンク】

年越しそばの由来と意味を簡単に説明

江戸時代の商家では毎月月末に蕎麦を食べる習慣があり、これが大晦日だけ食べる習慣に変わり年越しそばになったのが由来です。江戸時代は脚気に苦しむ事が多く蕎麦を食べると脚気にならないと言う噂が巷に流れて、これが月末の「晦日蕎麦」の流行を後押ししました。

そもそも蕎麦は縁起がいい食べ物と言われ、大晦日に食べるといいとされる意味がいくつかあります。

延命長寿

蕎麦は細く長い事から、長寿につながります
そして家族の縁が長く続くとも言われます。

金運上昇

昔は金銀細工師が飛び散った金粉を集める時に、そば粉の団子を利用していました。ここから蕎麦は「金を集める縁起物」とされました。

厄を断ち切る

蕎麦は他の麺類と比べて切れやすい事から、その年の苦労や厄災を断ち切り新しい年に持ち込まないようにとの願いが込められています。

健康に良い

蕎麦は育つときに雨風に強く耐え、日光を浴びると元気になります。ここから病気などに耐えられる丈夫な体に子供たちが育つようにと願いが込められました。

【スポンサードリンク】

年越し蕎麦は大晦日のいつ食べるのがいいか

年越しそばをどのタイミングで食べるか聞いてみると、除夜の鐘をききながら年越しと共に食べている人が多いです。多くの人が、大晦日から新しい年をまたいで食べていといいます。

年越しそばなのだから、それでいいのかもしれません。

しかし他の回答の人達は、昼食や間食として食べています。

年越しそばにいくつか縁起を担ぐ意味があるのなら、食べるタイミングも考えないといけないと思いませんか?

年越しそばを食べるタイミングは、12月31日のうちに食べる事が望ましいとされます。なぜならその理由は年越しそばの意味にあり、その年の「厄を断ち切る」ための風習だからです。その年の役を払うための年越しそばを2年越しで食べいたら、厄払いも年を越してしまします。

大晦日のうちに食べるなら、お昼でも夜に家族揃って紅白歌合戦を観ながらでもいいそうです。

前に書いたように、最初は「晦日蕎麦」だったのが「大晦日蕎麦」だけ食べるようになってから「年越しそば」に呼び方が変わったので、食べる時間帯はいつでもいいようです。もし厄除けの意味を込めて食べるなら、ぜひ12月31日の23時59分までに食べ終わっておきたいですね。

さいごに

ここまで、年越しそばについて意味や由来などを簡単に説明してきました。

年越しそばは、昔は毎月の晦日に食べられていました。その理由の一つは「蕎麦を食べると脚気にならない」との噂が広まり、栄養価の高い食用品が少なかった江戸時代ではビタミンB1が豊富に含まれる蕎麦は貴重な食料品でした。

それが時代の流れと共に大晦日だけに食べる風習に変わり、長寿や厄除けなどの縁起物とされています。

そして年越しそばは全国的に天ぷら蕎麦が広まっていますが、一部の地域ではにしん蕎麦や「年越しうどん」が一般的とされているところもあります。うどんは腰が強くすぐに切れないので蕎麦の「厄除け」とは意味が違うように思えますが、その地域では別の縁起を担いだ言い伝えがありそうです。

今年の大晦日は除夜の鐘が鳴る前に食べ終わるようにして、新しく迎える年をさらに発展できる良い年にしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + twelve =