吊り橋効果とは?恋愛にも使える心理学!例と効果を解説!

吊り橋効果というのを聞いたことはありますか?

心理学の実験で、『揺れる吊り橋』と『揺れない吊り橋』の上に女性をたたせ、男性がそこまで歩いていき女性がアンケートをとります。そして、「もっと実験の説明をしたいから後日連絡をして」と連絡先を交換すると、『揺れる吊り橋』で実験したグループの方が連絡してきた男性が多かったという現象です。

揺れる吊り橋の上で異性といると、吊り橋を歩くという恐怖感が恋愛感情のドキドキと錯覚すると言われているようです。

例として、おばけ屋敷をデートすることを想像していただくといいかもしれません。
おばけ屋敷ってなんとなくデートが盛り上がるイメージがありませんか?
おばけ屋敷という恐怖感からくるドキドキが、恋愛感情のドキドキと錯覚するため、デートを盛り上げてくれるんです。

そんな恋愛にも使える心理学、吊り橋効果とは何なのか解説していきます。例や効果も紹介しますので、お楽しみください。

【スポンサードリンク】

吊り橋効果とは?どんな心理学?

吊り橋効果とは1974年、カナダの心理学者、ダットンとアロンが吊り橋を使った実験に基づいて提唱された学説です。

冒頭でも述べましたが、揺れる吊り橋と揺れない安全な橋の上で女性に待ってもらい、その橋を渡ってきた男性(18~35歳)で協力を承諾してくれた方にアンケートを取り、もっと実験の説明をしたいから連絡して下さいと連絡先を渡します。

揺れる吊り橋を渡ったほうが18人中9人(50%)、安全な橋のほうは16人中2人(12.5%)の男性が後日電話をかけてきました。
人は生理的に興奮していると、恋愛していると錯覚する生理・認知説があり、ダットンとアランがそれを基に行った実験です。
この実験では揺れる吊り橋を渡るという緊張感・恐怖感の生理的興奮が恋愛しているという興奮だと錯覚したようですね。

身近にある吊り橋効果 例

ではさっそく吊り橋に恋愛効果があることが分かったので使っていきましょう!

…とはならないですよね。

そもそも吊り橋なんて渡ったことすらない人も多いのではないでしょうか。

ということで身近にある吊り橋効果を発揮できるものを考えてみました。
まず吊り橋と同じような恐怖体験といえば、お化け屋敷や絶叫マシンなどがあります。大きな遊園地に行くと2つともあるのでデートに最適ですね。
だから遊園地ってデートスポットになりやすいのかな?

しかし、吊り橋効果を引き出すのは何も恐怖体験だけではありません。
恐怖体験が苦手な方はホッとしたんじゃないでしょうか。

ようするに生理的に興奮させればいいわけですから簡単です。
生理的興奮とは『生体や器官・臓器、組織が刺激によって反応して、静止状態から活動状態になることをいう』のだそうです。

簡単にいうとドキドキさせればいいんです。

なので例としてスリルのある映画を見る、一緒に運動する、スポーツジムなんかもいいかもしれませんね。
あとはスポーツ観戦やライブ鑑賞などもありますね。

ドキドキさせるということは心拍数をあげてやればいいので、一緒にお酒を飲むのもアリですね。
いつもの居酒屋とは違う少しお洒落なBARで飲むと緊張感もあり、吊り橋効果を十分に発揮できるんではないでしょうか。

ただし、相手の趣味と違ったり、緊張させすぎ(しすぎ)るとデートそのものが台無しとなるので気を付けましょう。

【スポンサードリンク】

恋愛に効果あるの?

さあ、ここまでの説明だと吊り橋効果って割と簡単に実践できそうですよね。

ただ最初に【吊り橋効果とは?どんな心理学?」】で説明した実験には補足があります。それは橋の上で待っていた女性は魅力的であったことです。

つまり吊り橋効果は美男美女に限るということです。

普通の人では「この人にはドキドキしないな」と思われてしまい吊り橋効果を利用しても効果はないそうです。

むしろ相手をイラッとさせてしまい逆効果になる可能性も。余程自身がある人でないと難しそうですね。

まとめ

吊り橋効果がどんなものかお分かりいただけたでしょうか。

さっそく恋愛に使ってみようと思った方も自分には難しいと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。またすでに付き合っているカップルでも定期的に吊り橋効果を利用すると長続きするのでいいかもしれませんね。

あくまでも吊り橋効果は恋愛のきっかけを作るに過ぎません。

恋愛は『価値観が合う』ということも大事になりますので気を付けましょう。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − six =