割り勘で領収書をもらい経費にするのはマナー違反?

食事やカフェなどで商談などをすると領収書をもらうことは一般的ですよね。

仕事の一環としての食事やお茶は経費とみなされるため領収書を提出しても問題はありません。

では、割り勘で領収書をもらい経費にするのはマナー違反になるのでしょうか?

それでは検証していきましょう。

【スポンサードリンク】

そもそも経費とみなされるのはどんな場合?

領収書をもらい経費として計上できるのはどのような場合なのでしょう?

経費とは、事業をする上でかかる費用のことです。
人件費や仕事で使う物などはもちろん経費です。仕事で出張に行ったり、営業で移動する際の交通費、光熱費なども経費にあたります。

一番経費として判断しにくいのが、食事代や飲み代です。
お客さんや大切なお得意さんとの食事会や飲み会なども仕事に繋がることです。

でも、あまりにも食事会や飲み会が多い場合は、会社での規定されている予算から外れていないか審議されることもあります。

食事会や飲み会は経費ですが、正しく理解しないと後で面倒なことになってしまうため注意が必要なのです。

割り勘で領収書をもらい経費にするのはマナー違反なの?

割り勘で食事や飲み会などをしたときに領収書をもらうことはマナー違反になるのでしょうか?

例えば、開催された食事会が会費制のものだった場合、個人としての領収書をもらうことがあります。
この様な場合と同じように、何人かで小さな食事会をした場合それが仕事関係の人との食事会だった場合は、自分の分の支払い分は領収書をもらって経費にしてもマナー違反にはなりません。

また、例えば、2つの会社のAさんとBさんが別の得意先のCさんへ開店祝いを贈ったとします。
この場合お祝いの品は贈答品であり、接待交際費としての科目にあたるため経費として認められます。
さて、この場合も贈答品代を割り勘にすることになりますよね。
とうぜん、AさんBさんは自分の会社名で各々領収書をもらうと良いのです。

【スポンサードリンク】

割り勘で領収書をもらうときマナー違反になる場合

それでは、割り勘で領収書をもらい経費にするのがマナー違反になる場合について触れておきましょう。

まずは一緒に食事をするメンバーが個人的な友人かそれとも、仕事にかかわる人なのか?ということです。
仕事関係者か個人的な友人かはっきり区別できる場合は良いのですが、友人が仕事に関係する人を連れてきてくれることもあるでしょう。
でも、実際仕事に繋がる場合があるとは限りませんから、割り勘にしても経費と認められないこともあるのです。

割り勘で領収書をもらい経費にする場合マナー違反になる場合は、割り勘にしているのに全体の金額分の領収書をもらい経費として計上し請求する場合です。

実際支払をしていない金額の領収書は経費としては認められません。
この場合は架空請求になり、過少申告加算税または、明らかに悪質だと判断されると重加算税を要求されることにもなります。

割り勘で領収書をもらい経費にするくらい大したことないじゃない……。
そんなふうに思っていると大変なことなってしまうことも。

割り勘で領収書をもらうときの注意点

割り勘で領収書をもらうときの注意点は、領収書を自分の分だけ別にもらうこと、面倒だけど別々にレジをしてもらうことです。

また、お店が忙しく領収書をもらえなかった場合は、お店の名刺をもらい、日付と金額を書き込み同席した会社の人の名前を書き込んで
領収書代わりにすることも良いでしょう。

さらに、あまり多くの人数の飲み会や仕事関係者との集まりでも、親睦会やパーティーなど遊びの要素が多い場合は領収書をもらうことはやめた方が良いかもしれませんね。

まとめ

領収書をもらい経費にするのはマナー違反にはなりません。
それは、食事会や飲み会が個人的な集まりでなく、仕事関係者やお得意さんなど、仕事に繋がる相手の場合です。

問題なのは、割り勘分の金額しか支払っていにのにもかかわらず、全体の金額分の領収書を経費計上した場合は架空請求になるため認められないのです。

バレないからいいやという気持ちもあるかもしれませんが、違法だということは覚えておきましょう!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =