夜分の意味や使い方は?何時からが夜分遅くに失礼します?

あなたは「夜分(やぶん)」の正しい使い方を知っていますか? 

学校や職場での人間関係、ご近所付き合いなどでは、昼間の明るい間だけでなく、夜に急な用件が発生することもあります。

こういった時によく使う言葉の代表的なものが「夜分遅くに失礼します」です。

何気なく使っている言葉ですが、ちゃんと使えていないと相手に失礼になるので心配ですよね。

そこで今回は、「夜分」の意味や使い方、何時からが夜分なのか、また、上手に「夜分遅くに失礼します」を使う方法などについてお伝えします。

【スポンサードリンク】

「夜分遅く」によくある勘違い

これから「夜分」の意味や使い方をお伝えするにあたって、まずはよくある勘違いについて知っておきましょう。

それは『「夜分遅く」だと意味が重複している』という勘違いです。

このような勘違いには『夜分には夜中という意味があり、夜中はすでに「夜遅く」である。よって「夜分遅く」は重複だ」』という主張があります。

確かに辞書によっては夜分の意味を夜中だと書いているものもあります。

しかし、この夜中は「夜中(やちゅう)」と読み、夜の間のことを指す意味の言葉であって、深夜24時頃のことを指す「夜半」と同じ意味を持つ「夜中(よなか)」ではありません。

勘違いしている人は「やちゅう」を「よなか」と読んでしまっているのですね。「夜分」は「夜中(よなか)」ではなく、正しくは「夜中(やちゅう)」を意味しているのです。

夜分の意味・使い方とは?

「夜分」とは、日没から日の出までの時間のことです。「夜」と同じ意味があります。

日常的に「夜分」という言葉を使わない人は、「太陽が沈んで暗くなってから再び太陽が昇って明るくなるまで」という意味合いで覚えておけば分かりやすいでしょう。

使い方としては「夜分遅く失礼します」「夜分遅くにすみません」「夜分恐れ入ります」など、相手が休んでいるであろう時間に対応を求める表現ですので、相手の状況を慮って使うことが必要です。

【スポンサードリンク】

何時から何時までが夜分?

気象庁の天気予報の用語によると、「夜分」は夜と同じく、日没の時間帯の18時頃から日の出の時間帯の午前6時頃のまでのことを言います。

「夜分遅く失礼します」という言葉を使う時は、「夜遅く」の時間帯を表す21時頃から24時頃がいいでしょう。

感覚としては、「夕食が終わってから日付が変わるまで」と覚えておくといいかもしれませんね。

上手に「夜分遅くに失礼します」を言い換える方法とは?

あなたが普段「夜分遅くに失礼します」を使っていても、相手によっては「夜分には夜中(よなか)の意味があるので、意味が重複している」と腹を立ててしまうことがあるでしょう。

そこで「それは夜中(やちゅう)なので勘違いですよ」と指摘するのは、相手をさらに怒らせてしまうことになる可能性もあるので避けた方がいいでしょう。

このような事態を避けるには、「夜分」もしくは「遅く」を使わずに、同じ意味になる文章に言い換えるのがオススメです。

たとえば「夜分に失礼します」「夜遅くに失礼します」などがあります。「夜分」と「遅く」を同時に使わないようにした表現です。

相手が「夜分」に「夜遅く」の意味があると認識している可能性を考えると、このように「夜分」か「遅く」のどちらか一つだけを使った文章にするのがいいでしょう。

まとめ

「夜分」の正しい意味を知らないと、確かに夜分に「夜遅く」の意味があると思い込んでしまうのも当然です。

夜分の正しい意味を知れば「夜分遅くに失礼します」が誤用でないことは分かるのですが、自分が正しい意味を知っているからといって、相手も正しい意味を知っているとは限りません。

よかれと思って相手に正しい意味を教えるのも相手を怒らせてしまう可能性もあるので、正しい意味を知らない人にもちゃんと伝わるように工夫することが必要ですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − four =