夜と晩の違いは?夜ごはん、晩ごはん、夕ごはん、使い分けは?

皆さんは普段、夜ご飯、晩ご飯、夕ご飯、の三つのうち、どの言葉を一番使っているでしょうか。

やはり主流は晩ごはんや、夕ごはんであるかとは思いますが、最近は夜ごはんを使う人が多くなってきています。

では、この三つはどういう風に使えば適切なのでしょうか。

そこでこの三つの言葉、夜ご飯、晩ご飯、夕ご飯の意味に違いはあるのか。また、これらの言葉の元になっている、夜や晩などもどこに違いがあって、どう使い分けたらよいのかを詳しく解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

夜ご飯 晩ご飯 夕ご飯、どれが一番つかわれている?

一番普通に使われているのはやはり、晩ごはんや夕ご飯でしょう。

しかし、最近はテレビに出ている人でも、夜ご飯という言葉を使っている人をときどき見かけることがありますが、一方で、夜ご飯という言葉を使っているのを聞くと違和感を覚える人もいるようです。

その原因はやはり、夜ご飯という言葉自体、最近使われ始めた言葉だからではないでしょうか。

現代の世の中は昔と比べると、夕方よりも遅い時間帯にご飯を食べる人が多くなってきており、夕ご飯や、晩ご飯と言うより、夜ご飯と言ったことの方が違和感なく使えるというのも理由のひとつとして挙げられます。

更に申し上げるならば、職業や業界によっては夜遅くにご飯をとることが日常的な人々もいて、そういった人々にとっても夜ご飯の方が自然な言い方なのかもしれません。

夜ご飯は正式でない言い方?

晩ご飯や夕ご飯は辞書に載っている言葉ですが、実は、夜ご飯という言葉は辞書には載っていません。

因みに、晩ご飯は晩飯の丁寧な言い方で、夕ご飯は夕飯の丁寧な言い方として広まったようです。

夜ご飯は、まだ、あくまでも俗語的な位置としてとらえられているようです。逆に晩ご飯や、夕ご飯はれっきとした日本語として定着している言葉です。

若い世代で支持が多い「夜ご飯」という言い方

「夜ご飯」という言葉が一番多く使われている世代は十代や二十代などの若い世代のようです。

インターネット検索でも、グーグルにおいて、晩ご飯こそ1万2500と検索者が突出していますが、夕ご飯が4460、夜ご飯が4410と、夜ご飯もかなり健闘しています。

しかしインフォシークでは、晩ご飯4971、夕ご飯1804、夜ご飯2181となり、なんと夜ご飯が夕ご飯を上回っているのです。

こういったデータから見ても現代の流れから言えば、夜ご飯という言い方はもうすでに市民権を得たといっても過言ではありません。

【スポンサードリンク】

そもそも夜と晩は意味に違いがあるの?どう使い分けたらいい?

ここでひとつの疑問が湧きませんでしょうか。それは、夜と晩はどこに違いがあるのかという事です。

夕でしたら夕方という意味で、太陽が沈み始めて暗くなるまでの時間帯という事で区別でき、何も問題はありません。

しかし、もし夜と晩が同じ意味でしたら、夜ご飯と晩ごはんを使う人に差が出ないはずです。しかし実際には違う意味合いとして区別されています。

そこで夜と晩にどんな違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

まず、晩というのは日が沈んでもまだ起きて寝ていない時間帯のことを言います。

そして夜なのですが、夜というのは日が沈んで、また日が昇る間の暗い時間帯全体を夜という風に定義しているようです。

こうしてはっきりと定義して区別しているのであれば、夜ご飯 晩ご飯 夕ご飯の使い分けにも困ることはありませんよね。

まとめ

夜ご飯という言葉が生まれ、広まった背景には、夜遅くまで働かなければならない職業や業界が増えたことや、24時間営業しているコンビニやファミリーレストランがたくさん出来て、夜遅くになっても不自由なく食事ができるライフスタイルの変化が大きく関係しています。

言葉は、生活や文化、時代によって変わっていくものですが、夜ご飯という言葉は、そのよい例なのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 15 =