夜の神社へお参りは危険?参拝時間は何時まで?

普段、私たちは、朝から昼間の明るい時間帯に、神社へお参りに行く人が多いかと思います。

しかし、中には、仕事の都合上や、その他何らかの事情があって、昼の時間帯にお参りに行けず、夕方や夜にしか行けない人もいます。

お参りに行くのは、何時までと別段、決まりなどはありません。ですが、夜、参拝時間が遅くなるとひと気がなくなり、危険な目に遭わないとも限りません。

そこで、夜参拝するにはどうしたらいいのか、また、そもそも夜参拝するのは一般的に良いことなのかといったいろいろな疑問にお応えしていこうと思います。

【スポンサードリンク】

夜、神社にお参りすることについて

夜、神社にお参りすることについては、一般的にはあまりよくない事のようです。

それはなぜかというと、様々な諸説があるのですが、一番よく言われているのが、夜は、神社に神様が存在しないという説です。

というのは、神社は、神様の家にたとえられて、夜になると、神様は天に帰られるそうです。そして、翌日の朝を迎えると再び神社へ降りてくると言われています。

また、夜は神様たちの時間であり、人間は神社に安易な気持ちで立ち入ってはいけないという意見もあります。

更に理由を付け加えるとすると、夜は神様たちも休息したり、神様がお互いに何かしらの語り合いをしたりする時間でもありますので、そのような中で、人間が土足で踏み込むことは神様に対して失礼に当たるというのもあります。

夜にしか神社にお参りできない人はどうしたらいいの?夜の参拝は危険?

仕事などの諸事情があって、どうしても夜にしか神社にお参りできない人も多数いるかと思います。

でも夜は、何かと危険ですし参拝するのも気が引けますよね。

でもそんな人たちにとって良い方法があります、それは、境内に入らず、境内の入口から神様にお参りし、感謝の気持ちを伝えるという方法です。

境内ですと明かりが少ないですし、不安ですが、境内の入り口などのいわゆる神社の外回りでしたら、街灯があったり、道路があったりして、比較的安全です。

しかも、このような参拝の形であっても、一番大事なのは参拝に対する真摯でまじめな気持ちですので、何も問題はないのです。

【スポンサードリンク】

実は、参拝は夜がいいという説もある

実は、夜、神社にお参りすると神様により近づけるという説があります。

確かに、お百度参りや禊の儀式も普通夜に行われますよね。

想いの強いお願い事をする時には夜の時間の方が効果的みたいです。

しかし、夜遅くお参りに行くと危険な目に遭う可能性が高まりますので、その部分は十分に注意する必要はありそうです。

一番理想的な参拝時間は何時から何時まで?

ズバリ結論から言うと、朝が一番いいです。それも5時から7時くらいまでがベストだと言われています。

朝は、まず、単純に気持ちがいいですし、神様が神社まで降りてきてくれています。

それに人も少ないので、喧噪の少ない中で参拝に集中できる点も大変良いところですね。

神社にお参りする事によって得られる事は?

参拝者の多くが求めているもの、それは心の平静と安定ではないでしょうか。

また、運気がよい方向に導かれてほしいと願って参拝する人も多いでしょう。

さらに、神社では、お百度参りも有名だと思います。

お百度参りとは、祈願の内容が切実な事柄である場合、一度の参拝ではなく何度も参拝することで、願いを叶えようとするものです。

このように真摯な気持ちで何度も参拝するとともに神様に感謝をお伝えすることで、後に、人生のあらゆる側面において好転していく事が期待できます。

そして実際に良い事が起きた時には参拝の際、神様に有り難うございましたという感謝の気持ちを伝えると良いですね。

そうする事で、心の平穏が保たれ、もっと良いことが起こるようになるでしょう。

まとめ

私たちは、例えば受験や恋愛など、人生において大切なことを成就させたい時は神社へお参りに行って、神頼みをします。

でも神頼みした後は自分の力量を信じて、努力する事もまた重要な事です。

そして、念願が叶った際には、必ず、神社へ行って神様に感謝の気持ちを伝えましょう。

そうすることによって、良いことが起こりやすくなる好循環が生まれるのです。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − two =