夜、空が赤い?火事?地震の前兆?原因を公開!

夜中に空が赤い、なんだか不気味で地震の前兆!?火事!?と騒がれたこともありましたが、なぜそのような現象が起きたのか判明しておらず、台風が原因ではないかという説が有力なようです。

このように、特殊な例もある空の色ですが、なぜ赤くなるのか本当に不思議ですよね。

他にも空が赤く見える条件ついて、どのようなものがあるのかご紹介していきたいと思いますので、赤い空の不思議について解明していきましょう。

【スポンサードリンク】

夕焼けなどで空が赤いのは太陽光の波長によるもの

空の色が特殊な色になってしまう現象の仕組みの前に、まずは当たり前のように見ることができる夕焼けや朝焼けがなぜ赤く見えるのか、ということについて説明していきます。


そもそも太陽光は目に見えるものはという7色から構成されており、虹と同じですよね。虹は太陽光が雨などの水滴に反射してあらわれる現象なので、この7色と同じなのは当然なのです。

目に見ることのできる7色の太陽光は、それぞれ波長の長さが異なり、長いほど赤く短いほど紫色に見える特徴があります。

地球の周りにある大気の厚みは一定ですので、真上から光を当てた場合と横から斜めに光を当てたときは、大気の中を通過する時間が変化します。日中は真上からの光で短く朝方や夕方は低い位置から斜めに通るため長い光となります。そのため、夕方は長い波長の色が届くため、空が赤く染まって見えるのです。


ちなみに、日中空が青いのは太陽光の短い波長の青色が散らばっているために青く見えています。また太陽光はこの7色の以外にも、目には見えないものも存在しており、赤色よりも長い波長の赤外線紫色よりも短い波長の紫外線などがあげられます。

また、台風が来る前には夕焼けが異常に真っ赤に見えることがありますが、これは雲が多く太陽光がぶつかる障害物となり短い波長のものは届かなくなります。そして赤色の長い波長だけが届くため、光の色が混ざらずに赤色が強くなり、異常な赤さに見えるようです。

月が赤く見える理由

月が赤く見えることがありますがこれはどういった理由で起きているのでしょうか?

赤い月が見えた状況は、地平線近くに月があったと思います。月が輝く仕組みは、月が太陽光照らされ反射しているためなので、太陽と同じように考えることができます。そのため、先ほどの説明と非常に近い状況となっているのです。

低い位置からの光は波長の長い色が届くので、月が赤く見えるということなのです。

他にも赤く見える状況としては、山火事火山の噴火などで大気中のチリや水蒸気が増えてしまい、波長が短い光が散乱し見えなくなってしまった場合などです。このようなときは、逆に長い波長のものは目に届くことができるため、赤く見えることもあります。

赤い月というと満月の印象がありますが、地平線近くにあればどのような形でも同じ現象が起こりますので観察してみるのも面白いですよ。

地震の前兆!?夜の空が赤く見える原因

夜中に空が赤くなるのも光によって引き起こされることがあるようですが、太陽も出ていないし、月明かりもない状態で光は無いのでは、と思われるでしょう。

実は自然界の光だけでなく照明などの明かりも波長があり、やはり長い波長は赤色に見えます

真夜中でも工場や空港、営業しているお店も多く、特に都会の夜は光で溢れています。そんな状況の中で湿気や空気の汚れがあると、この照明やネオンが空気中で乱反射を起こして、長い波長の光が雲に届き「光害」という、空が赤く染まる現象を起こすこともあるのです。

頻繁に起こることではないので「地震の前触れ?」なんて不気味に感じてしまいがちですが、この場合は地震との関係性は、ほぼないでしょう。

【スポンサードリンク】

夜空が赤くなるスカイランタンは火事の危険も!

空にランタンを飛ばす、ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」のような状況が日本でも行われており、その光景は映画と同じように、夜なのに空が赤く輝き非常に美しいです。

しかし、ランタンは炎を使って飛ばすため、それにより野生動物が火傷を負ったり、イギリスでは山火事にまで発展してしまったケースもあり、その危険性に警鐘を鳴らす声も多いようです。

お祭りで大規模に行われている場合は、ランタンの回収や開催場所を考慮して火事などに発展しないように注意を払っているようです。

個人でも飛ばしてみたいという人も少なくないようですが、実際に行うのであれば飛んでいったランタンの後始末なども考えたうえで行なって下さいね。

まとめ

日本は地震大国で、南海トラフ地震がいつ起きてもおかしくないなんて言われていますし、何か予兆のようなものがあると不安になってしまいますよね。

空が赤く染まることはあまり地震とは関係ないようですが、大地震の前には地震雲が出るそうなので、たまに空を見上げてチェックしてみるのもいいかもしれません。

空が赤くなる仕組みは意外と知らない人が多いので、雑学として知っておいても無駄ではないですし、子どもに疑問をぶつけられた際に答えられるとカッコイイですので、覚えておいて活用してみて下さいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 17 =