夜に口笛を吹くと蛇が出る?この迷信の由来は?

夜に口笛を吹くと蛇が出る」なんて子供の頃に注意された人も多いのではないでしょうか。確かに「蛇が出る」ということは苦手で嫌だと感じる人もいますが、よく考えてみると目くじらを立てられるほど怒られるのもなんだか腑に落ちない、そう思ったとはありませんか?

ちなみに蛇以外でも様々なバリエーションが存在しており「幽霊」「泥棒」などがやってくるというものもあるようです。

この迷信についての由来は一体何なのか、本当に蛇が出てしまうのかなどの疑問を解決できるような情報をまとめてみましたので、納得できる「夜に口笛を吹くと蛇が出る」をご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

蛇は口笛を聞くことができない

そもそも蛇は音を感知することができないので、口笛を吹いたことによって何か行動するということはありません。

インドなどで蛇使いが笛を吹いて蛇を動かしたり、踊らせているのもありますが、もちろん蛇が音を聞いて動いているわけではありません。実際は音ではなく、カゴを叩いた振動や、蛇使い自身が踊ることにより地面からの振動を感じて踊っているように見えるだけなのです。

「夜に口笛を吹くと蛇が出る」という迷信の由来

上述したことからも分かるように、蛇は耳がなく音を聞くことができないので、この「口笛を吹くと蛇が出る」という迷信はやはり額面通りの意味では無いようです。

では、この迷信の由来はどのようなものがあるのでしょうか?

説その1

蛇というのは妬みの象徴とも呼ばれている、ということと、口笛は良いことがあったとときに吹くことが多いことから「この家は夜に口笛を吹くほど良いことがあった」と近所から妬まれてしまう、という意味があるそうです。

その他にも、ピーという口笛の音が近所迷惑となるため、しつけのために大げさに言っているということも含まれているようです。

理由は複数ありますが、近所の人の目を気にしていることが、この迷信を使用されることに至った理由とされています。

説その2

口笛のことを古来の日本では「うそぶき」と呼ばれていました。この「うそ」というのは口を窄めて音を出すという意味で、要は口笛ですね。

このうその音は神や精霊を招く力があり、このような神聖な行為を軽々しく行なってはいけない、または不必要に刺激してはいけないという畏れから生まれたとも言われております。

説その3

昔の日本では主に夜に行動する泥棒人買いが横行しておりました。彼らは暗い夜にコミュニケーションを取る手段として口笛使用していたため、口笛を吹いてしまうとそういった連中を呼び寄せてしまうこととなってしまうので、禁止していたようです。

このような理由や迷信を合わせて「夜に口笛を吹くと蛇が出る」という言葉が現在の日本に残っており、子どもなどが夜に口笛を吹くと、このような言葉で叱られてしまうのです。

蛇を音読みすると…?

実は、この迷信の蛇という字は訓読みでヘビと読んでいるため動物の蛇をイメージすることができます。しかし、本来の意味は音読みでジャと読むことであらわれる」が本当の意味のようです。

きっと、口伝されていくうちに邪の漢字が蛇という字に置き換えられてしまったのでしょう。

この邪という意味は、先ほどご紹介した説2に通じるところもありますが、悪い霊という意味で、口笛を吹くというのはその霊たちにこっちへおいで、と合図をしてしまっているのです。

霊を呼び寄せる儀式で、穴の空いた石を用いて吹いて音を出して行うというものがあり、その音が口笛と酷似しているため、同じような効力を発揮してしまうようです。

邪を呼び寄せ無いように口笛を禁止しているのは、目に見えないものへの畏れや敬いという気持ちが強く、実際にトンネル工事の職人さんへ口笛を禁止している会社もあるようです。

【スポンサードリンク】

蛇自体はとても縁起が良い

では、額面通りにもし蛇が来てしまったら本当に悪いことなのでしょうか?

蛇が苦手な人は多いですが、ペットとして蛇を飼っている人もたくさんいますし、万人にとって蛇があらわれることは嫌な出来事ではありません。

蛇という存在は基本的に縁起が良い生き物で、特に金運に効果があると言われています。蛇をモチーフにした縁起物は多く、お正月の鏡餅がとぐろを巻いた白ヘビを模しているとされていたり、ヘビ皮の財布は金運を呼び寄せると有名ですよね。

蛇と遭遇するだけでも幸運と呼ばれているので、口笛を吹いて本当に蛇が来たとしてもそれは悪いことでは無いようです。

ちなみに、神社などで蛇と遭遇するのは非常に良い事とされており、その蛇は神様の化身とも言われています。このような蛇と遭遇したときに、追い払ったり傷つけてしまうと運気が下がってしまいますので、そっとしておいてあげましょう。

まとめ

この「夜に口笛を吹くと蛇が出る」という迷信は、蛇がとても恐ろしく嫌な生き物に感じさせてしまいますが、蛇自体は逆に幸運をもたらす生き物ですので、悪者にされてしまってなんだか気の毒ですね。

実際は悪霊や妬み、人買いといったワードが隠されており、蛇は隠語のような役割をしているようです。

現在でも口笛は、夜に吹くのは近所迷惑になってしまうこともありますので控えるべきですが、蛇が来るといって怖がる子どもも少ないようです。どちらかというと、本来の意味とされている邪を使い「お化けが出る」と、言ってあげたほうが効果的かもしれませんね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 19 =