夜に小さい虫が!対策法や原因を公開!LEDで対策可能?

夜に気がつくと照明の周りや、テーブルに集まる小さい虫は気になりますし、数が多いと気持ち悪いですよね。

勉強中にノートの上などにやって来られるのも嫌ですが、食事時に食べ物の中に入るのはもっと最悪です。このような小さい虫は主にユスリカやクロバネキノコバエ、羽アリなどで、しっかり網戸となっていても入ってきてしまうことも多いです。

実は、これらの小さい虫の対策法としてLED照明が効果的らしいのですが、一体どのような仕組みで効果が出るのでしょうか。また、LED以外の対策方法も紹介しているので、虫が光に集まる原因も含めてこれから詳しく説明していきましょう。

【スポンサードリンク】

夜に虫が集まる原因

夜に行動する夜行性の虫の中には走光性という明かりに向かって行く習性を持つものもいます。明かりに向かっていくと書きましたが、実はこのような虫たちの目的は光に向かうことでは無く、あくまで移動途中なのです。

走光性を持つ虫たちは、月明かりを頼りに暗闇を移動しており、光に対して一定の角度を保つことで、真っ直ぐ飛ぶことが可能になります。

月は非常に遠い場所にあるため、光の差し込む角度はほぼ一定ですし、もちろん近づくこともできません

しかし、住宅の照明や道路の街灯などの光は近くにあるため、一定の角度を保ちながら進んで行くと光源の周りをグルグルと回転しながら近づき到達してしまい、進めなくなってしまうのです。

走光性を持つ虫たちはただ移動していただけなのに、習性のため光に向かってしまい結果死んでしまうことも多いです。

小さい虫が入って来られないようにする

虫の悲しい習性についてお話しましたが、人間にとって光に集まる虫たちは来てもらっては困る存在ですので、同情してばかりもいられません。

部屋に入って来てしまう虫の対策法として

  • 虫除け・殺虫アイテム
  • 網戸の張替え
  • 窓の開け方

などがありますので、ご家庭で使いやすいものを使用してみてください。

虫除け・殺虫アイテム

スプレータイプ
主に網戸に吹きかけるタイプがよく使われており、非常に高い殺虫効果があります。しかし、死んだ虫を掃除しなくてはならなかったり、網戸自体がベタベタしてしまうというデメリットもあるので、使用の際には注意が必要です。

貼るタイプ
網戸に張り付けておくだけで虫を寄せ付けないというものです。貼るだけなので非常に便利ではありますが、適用害虫がユスリカだけという商品も多いようですので、よくチェックしてから購入した方が良さそうです。

吊り下げタイプ
貼るタイプと似ていますが、口コミなどでは効力が高めなようで、とても人気があります。フックで吊り下げるだけなので、場所を選ばずどこでも置けるのがとても好評となっています。吊り下げタイプも虫を寄せ付けないタイプで、虫の死骸の掃除をする必要もないので安心です。

網戸の張替え

一般的な網戸の目の大きさは1mmほどですが、小さな虫は1mmくらいですので実は網戸の意味はあまりないため、家の中へ入れないためにも張替を行ってみてはいかがでしょうか。

・網の目が1mmよりも細かいタイプの網戸
・防虫剤がすでに含まれている網戸
・破れにくいアルミやグラスファイバー製の網戸

このような網戸がホームセンターなどで購入できますので、張り替えれば虫の侵入を防ぐ効果が期待できるでしょう。

窓の開け方

窓の構造上、開け方によっては虫が入りやすくなってしまうため、そこも注意せねばなりません。

特に左側の窓を全開ではなく中途半端に開けていると、隙間できてしまいそこから虫が入ってきてしまいます。右側の窓でしたら、全開でなくても問題ありませんが、左側の開け方には気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

バッチリな対策法はLED電球の使用

光に虫は集まると上述しましたが、実はただ明るいものに向かっているのではなく、紫外線を察知して、虫たちは進んでいきます

虫たちは月明かりに紫外線が微量ながら含まれているので、それを頼り進んで行く習性があります。そして、照明などに使用されている蛍光灯には紫外線が僅かながら含まれているために、虫たちは月明かりと勘違いして、移動の目印に利用して集まってしまうのです。

そこで注目してほしいのがLED照明で、この光は紫外線を含んでいないため、虫が非常に集まりにくくなっています。残念ながら100%来ないという状況を作るのは難しいですが、蛍光灯と比べるとその差はかなり大きいようです。

LEDは蛍光灯に比べると高価ですので、なかなか大きな照明を何個も変更するのはどうしても難しいということもあるでしょう。そういった場合は、せめてリビングなどのよく使用する部屋だけでも変更してみてください。

殺虫しているわけではないので、死骸の掃除をしなくても済むので気持ち悪い思いをすることもありませんし、省エネにもなるので、虫が寄って来ない時期でも無駄ではありませんので非常にオススメです。

まとめ

暖かい時期は虫も活発に行動しますので、走光性の虫でなくても家の中に進入してしまうことが多くなります。

LED照明だけでなく、虫除けアイテムや網戸の張り替えなど、複数の対策法を組み合わせて行えば、より高い効果が得られるでしょう。ゆっくりできる夜の時間は貴重ですので、小さな虫に時間を取られないよう、いろいろ工夫してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 10 =