夜、スマホをやめたい!目に悪く視力に悪影響が!

夜寝る前の電気を消して暗くした状態の中で友達と連絡を取ったり、ゲームをしたりなど、スマホは小さく布団の中で横になった状態でも快適に操作できるため、毎日行うのが癖になっている人も多いです。

しかし、暗い場所で見るスマホの明るい画面は視力の低下や、睡眠を邪魔してしまうので非常に好ましくありませんが、やめたいと思っていてもやめるのは難しいですよね。

危険意識を持つためにもスマホを暗い場所で操作した際、目にどのような悪影響があるかご紹介していきます。スマホの便利な面だけでなく、デメリットも把握して上手に利用していきましょう。

【スポンサードリンク】

目に良くない暗い場所でのスマホ使用

眠る直前までスマホの使用を行なっている方のほとんどが、電気を消した暗い部屋の中で操作しており、目にかなりの負担をかけています。

スマホの画面というのは、見慣れてしまうとそれほど眩しく感じることはないですが、非常に強い光となっており、それを直視しているわけですから眼精疲労を誘発させてしまいます。

ちなみに、スマホの画面の明るさは暗い場所でライトの代わりに使用できたり、暗い場所で目が慣れているときに画面見ると目がくらむほど眩しく感じてしまいます。そのくらいスマホの画面は強い光を発しているので、視力へも当然影響を与えてしまうのです。

目はモノを見る際には毛様体という筋肉を使い、ピントを調節してハッキリと対象物を捉えることができています。たくさんの運動を行えば筋肉痛となるように、毛様体を酷使してしまう暗闇でのスマホ使用は、疲れ目だけでなく視力の低下へと繋がるのです。

視力以外にも悪影響が!不眠を引き起こすブルーライト

スマホなどの液晶画面からはブルーライトと呼ばれる光が出ており、それを浴びてしまうことにより不眠症となってしまう場合もあります。

人間の体は、睡眠や目覚めを規則正しく行うためにメラトニンというホルモンを分泌させて自然な眠りを誘発させたり、逆に昼間は分泌を抑えて活動しやすくしています。

しかし、ブルーライトを浴びてしまうと通常メラトニンが分泌される夜であるにも関わらず、その光で脳が昼間だと錯覚してしまい分泌量が抑制されて寝付けなかったり、熟睡できないという睡眠障害を引き起こしやすくなるのです。

また、厚生労働省からの「健康づくりのための睡眠指針 2014」でも、寝る前などの暗い場所での長時間のスマホ使用は強い光で目が覚めてしまい睡眠不足となったり、夜型の生活に傾いてしまう傾向があると警告しており、控えるように呼びかけています。

そして、不眠はさらに

  • 疲れが取れない
  • 自律神経の乱れ
  • 太りやすくなる

などの症状も引き起こしてしまうため、軽視するのは危険です。

疲れが取れない

眠りは1日の疲れを取るために必要で、体を最も回復させることができる大切な行為です。

眠れなかったり、眠りが浅く何度も覚醒してしまうと体は休むことができず、疲れは溜まった状態で翌日も活動しなければなりません。このような状態は免疫力を低下させてしまったり、イライラしやすいなどの精神面にも影響する場合もあります。

自律神経の乱れ

夜の時間帯は自律神経も眠りのために、体をリラックスさせる作用のある副交感神経を働かせて体を休ませていきます。

しかし、ブルーライトの光で脳が昼間だと錯覚してしまうと、副交感神経でなく、交感神経という活動する際に働く神経が優位になり、覚醒してしまうため眠れなくなってしまいます

そもそも自律神経は体中の臓器の活動の司令塔ですので、交感神経と副交感神経のバランスが、このようにうまく働かなくなってしまうと、肩こりや下痢、不安感や、血圧の上昇や低下など体のさまざまな場所で影響を及ぼす可能性があるのです。

太りやすくなる

睡眠不足は食欲増進させるホルモンであるグレリンの分泌が増加し、太りやすくなる傾向もありますので、特にダイエット中の方は要注意です。

脳にある満腹中枢が刺激されると空腹感が解消されるのですが、そのためにはレプチンというホルモンの分泌が必要となります。しかし、睡眠不足の状態ですとこのホルモンの分泌量が減ってしまうため、より空腹感が増してしまうのです。

また、夜などに我慢できずに物を食べてしまうと便秘になりやすく、それにより体の代謝に悪影響を与えてしまい、体はエネルギーを溜め込もうとします。その結果、脂肪が付きやすくい体になり体重増加へと繋がってしまいます

【スポンサードリンク】

夜のスマホをやめたいなら「見ない」が一番!

さまざまな悪影響があらわれる暗闇でのスマホ使用は、就寝2時間前から見ないようにするのが影響を受けない効果的な方法ですが、なかなか難しい人も多いですよね。

そこで、どうしてもやめられない人には、スマホから発生するブルーライトの量を減らして、体への影響を最小限に抑えていきましょう。

  • ブルーライトを抑制する画面フィルターシート
  • ブルーライトカットメガネ
  • 画面設定で光量を調節、または夜間モードにする

などで、抑えることも可能ですので利用してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、できるだけ明るい場所で使用するのが1番ですのでせめて間接照明だけでも付けて使用してみてください。

まとめ

夜寝る前というのは、1日で最もゆっくりできる時間帯ですので、スマホで色々調べたり連絡を取ったりするのにちょうど良いのも非常に理解できます。

ですが、やはり目の健康や体の影響を考えると明るい場所で使用した方が安心ですので、なるべく明るい場所で使用してくださいね。

特に眠れないというような症状が現在あらわれているのであれば、暗い場所でスマホを使い続けることにより症状が悪化してしまうことも十分考えられます。ただ眠くないだけ、と軽視せずに改善させるように対処していきましょう

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 11 =