夜に爪を切ってはいけない理由は?迷信?おまじない?

夜に爪を切ってはいけない」と誰しも一度は聞いたことがあるかとは思いますが、この迷信の由来は一体何なのか気になりませんか?

この迷信の理由の他にも、さらには爪を切ってしまった場合に回避するためのおまじないもあるようです。

何となく由来は知っている人が多いとは思いますが、一歩踏み込んだ「夜に爪を切ってしまった場合」の回避方法や、爪切りに関するジンクスも紹介していきます。夜に爪を切ってはいけない理由はなぜなのでしょうか。

【スポンサードリンク】

夜に爪を切ってはいけない理由はひとつじゃない!迷信なの?

夜に爪を切ると親の死に目に会えない」なんて言い方が比較的一般的だと思われますが、そもそも爪と親の死に目はどのような関係があるのでしょうか?

実は夜に爪を切っていけないと言われている迷信について、ひとつではなく複数の説が存在しています。

説その1

夜に爪を切るという意味となる「夜爪を切る」という言葉は、夜(よ)=世(よ)、爪(つめ)=詰め(つめ)とあらわすことができるため「世詰め」という言葉に置き換えることができます。

世詰めというのは早死にしてしまうという意味で、自分が親よりも早く死んでしまえば当然、親の死に目には会えませんよね。

説その2

現代では爪切りや、専用の道具で爪を切ったり整えますが、まだ電気もない昔の日本では、夜に爪を切るのは暗くて見えづらいですし、道具も専用のものはありません

大抵は小刀や、他の用途で使用するハサミで爪を切っていましたので、見えづらい環境で使用して、誤って怪我をしないようにという忠告の意味もあるようです。

説その3

パチンという音が近所迷惑になるという説もあり、これは昔使用されていた爪切りでは大きな音がしてしまうのと、長屋のような場所や団地では家が密集しており、防音設備もほとんどありません。

そのような状況で爪を切ると音が隣の家にまで聞こえてしまうため、夜に爪を切るのを控えていたようです。

では爪切りはいつ行うのが良い?

お風呂上がりに爪が柔らかくなった状態がとても切りやすいため、大抵は夜に爪を切る人がほとんどです。

乾燥した状態で爪を切ると、爪への衝撃も強く切った部分が僅かに割れたり剥がれたりしたような状態となってしまったりするため、夜というタイミングというよりはお風呂上りに行うのが最も適しています

お風呂上がり以外で爪を切るのであれば、ぬるま湯に浸けてから切ると、爪が柔らかくしっとりした状態でで爪を切ることができるでしょう。

【スポンサードリンク】

爪切りのおまじない

このように夜に爪を切るのは、現代においては道理に適っているため、夜に切ることが当たり前になっています。しかし、切ってはいけない迷信も続いているためどちらを優先すべきか悩んでしまいます。

そんな状況を解決できるような夜に爪を切るおまじないがあり、それを唱えながら切ると難を逃れることができるそうです。

日本国内の爪切りのおまじない

このおまじないは地方によって言い方が違うため、複数の種類があるのが特徴となっています。

何の爪切る、猫の爪切る、その爪どこに捨てる、竹やぶに捨てる」というものや「牛の爪、馬の爪、鬼の爪」と3回以上唱えるという方法、「夜の爪 何の爪 鷹の爪」など、どのおまじないも「〇〇の爪」となっているのが共通していますね。

これは推測ではありますが、人間の爪ではないので災いを起こさないで、という気持ちのあらわれではないでしょうか。

海外の爪のおまじない

実は爪切りに関して、海外でもおまじないがあるのをご存知でしょうか。日本のように「夜に爪を切るな」というものは無いようですが、爪を切る曜日で意味が変わってくるようです。

主にヨーロッパで言われているジンクスで、月曜は健康に良い、火曜はお金が貯まる、というように曜日ごとに違う内容となっており、水曜は新しい情報が入手できる、木曜は新しい靴が手に入ると良いことが続きます。

しかし、金曜は悲しいことがおこる、日曜は次の週悪いことが続くといった悪いジンクスがあるため、この曜日に爪を切るのを避けている人もいるようです。ちなみに、土曜は翌日の恋愛運が上昇と良い内容となっています。

このように爪切りの時間帯だけでなく、曜日も気にしてみても面白いですね。

まとめ

今回ご紹介した夜に爪を切ってはいけない迷信は、実は夜に笛を吹くと蛇が出るに通じるところがあるようです。

笛は泥棒の合図となり、呼び寄せてしまうことを避けるために吹かないようにとの理由で今でも迷信として残っていますが、爪切りのパチンという音も、笛と同じ役割を果たしてしまい、泥棒などの悪いものを引き寄せてしまうと考えられていたようです。

笛とは違い、爪は迷信が残っていても切る人がほとんどなのでマイナスイメージはあまりありませんが、回避のおまじないも使ってみると爪切りが楽しくなりそうですね。

爪にまつわるおまじないな、他の国々にもあるようなので、気になる方は調べてみるのも面白いでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =